業務用洗濯

ズボンについたマーガリンを取る

 ズボンについたマーガリンを取ってほしいとの要望があった。  見るとマーガリンがついている部分が油染みとなっていた。  素材は毛50%・ポリエステル50%の混紡。これであればドライクリーニング、水洗い …

どうやったらここまで汚れるのかと・・・

 パンツの汚れを取ってほしいとの要望なのだが、これが普通の汚れ方ではない。どうやったらこんな汚れ方をするのか、正直聞いてみたいレベルである。  ・・・・・・・・・・ これが本当の取れるのか? 伏線   …

ピンクの綿のニットの移染した色を取る

 作業終了間近、ピンクの綿ニットを仕上げしていたらなにかおかしい。まだらに薄く青い色がついていたのである。 まだらに青色が薄っすらついている  これは・・・・・ このピンクの綿ニットは水洗で「黒物」と …

no image

ドライクリーニングの歴史 7 熟成期

 1980年代のクリーニング業はドライ溶剤が従来のパークとゾールに、フッ素とエタンの2つの溶剤が加わったことで活況を呈した。またクリーニング需要は右肩上がりに年々増加し、特に都市部では地価高騰により容 …

薄めないと使えない無着色無香料の業務用濃縮柔軟剤

 この業界に入った頃、見慣れぬ白濁した液が入っている一斗缶があった。  「これなんですか?」  と、聞くと「ソフター」だと返ってきた。確かにニオイは花王が業務用で出している「ソフター」そのものだった。 …

ドライクリーニングの歴史 4 相克期

 ドライクリーナーが日本で本格的に普及し始めたことによって日本のクリーニング業界は大きく成長しようとしていた。その一方で業界内の利害関係が強まり、様々な対立が起こった。 街にドライがやってきた  コー …

ドライクリーニング史を無理矢理でも書いている意味

 私の妻が「ドライクリーニングの歴史」は重すぎると言い出した。  確かに「歴史」自体が重いのに、クリーニング、それもドライクリーニングという一般の人にはどうにも理解できない、業界人さえ興味を持たないよ …

ドライクリーニングの歴史 3 飛翔期

 欧米で本格的なドライクリーニングシステムが確立されたころ、日本のクリーニング業界は一言で言えば「模索中」であった。業態が本格的に確立できぬ状態で戦争に突入したことにより、欧米に大きな後れをとった日本 …

ドライクリーニングの歴史 2 伏流期

 東京の築地市場の移転問題に絡み、敷地内で「トリクロロエチレン」(トリクレン)が検出されたと報道された。その内容によると築地市場の敷地が戦後米軍に接収され、クリーニング工場として使われたために「トリク …

汚れきったポリのカーテンをYシャツ洗いで洗う

 非常に汚れたポリエステルのカーテンが出た。カーテンが汚れているのは当たり前だが、長年吊っていたのだろう、帯電してしまい、擦れた部分を中心に黒ずんでしまっている。  当たり前だがこのままでは返せないの …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 アクアサイクロン方式  スイトルのキモの部分の一つ、吸い ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...