家庭洗濯

洗濯機メーカーの洗剤濃縮洗浄プログラム

 古くはミーレ、ワールプール、エレクトロラックスの外国メーカーが先鞭をつけ、90年代に入ってシャープが拓いた家庭用ドラム式洗濯機市場は今、パナソニックと日立の両雄が立ち、両者しのぎを削っている情勢だ。 …

【重要】洗濯三要素と洗剤五成分について

 これまで何度か言及してきた洗濯の基本的の話だが、今回は改めて原点に立ち返り「洗濯三要素」と「洗剤五成分」について完結に書いていきたい。 洗濯三要素  乾式洗濯(ドライクリーニング、溶剤洗濯)と湿式洗 …

嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方

 家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと …

ハイブリッドとswitle「スイトル」は技術の異母兄弟

 宮田工機製の業務用洗濯機器「ハイブリッドウェットクリーナー」とシリウスが送り出した一般向け湿式掃除機器「switle スイトル」は実は兄弟分である。共に川本栄一氏の発明をベースとしたものである。   …

プロ洗いの洗浄理論「中和」

 家庭洗濯では資材(洗剤)の力に頼った洗濯法がメインであるが、クリーニング業界では「洗濯の三要素」の他の二つ、機械力と温度も駆使した洗濯法を行っていることは「家庭用洗剤と業務用洗剤、どちらがいいの?」 …

プロ洗いの究極の洗濯術「複数使い」

 「家庭用洗剤と業務用洗剤、どちらがいいの?」で書いたように家庭用よりも「良くない」洗剤を使っている業務用洗濯であるが、家庭洗濯ではあまり使われない方法を使って洗濯する事によって強力な洗浄力を得ている …

家庭用洗剤と業務用洗剤、どちらがいいの?

 「業務用」と名が付けば「プロ仕様」と受け止め、民生用に比べグレードが高いというのが一般的な感覚だろう。だが一般的に洗濯に使われる洗剤、粉末洗剤に関しては事情が異なる。実は総じて家庭用粉末洗剤の方が性 …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 アクアサイクロン方式  スイトルのキモの部分の一つ、吸い ...