軟水器

 近年、徐々に普及しだした家庭用軟水器。水道水中の硬度成分を除去した軟水によって石鹸や洗剤の泡立ちが良くなって、使用量が半分から三分の一となる。これによってすすぎやすくなり、肌のダメージを少なくするというのが家庭での軟水の主な効能である。

アクアソフト AQ-S401

アクアソフト AQ-S401

 ヤマダ電機系列のハウステックが家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」が販売されたことにより、家庭用軟水器は更に注目を集めている。

 また軟水はお風呂や洗顔だけに留まらず、洗濯や掃除でも少ない洗浄料で大きな威力を発揮し、洗濯では一回すすぎ、掃除に至っては洗剤の選定と使用方法によっては「二度拭き不要」となる。家庭内での軟水の活用の場は広がることはあっても狭まることはない。

 また意外な用途としては車を洗う際に使うことでシリカスケールの防止になるなど、軟水の活躍分野は数多く存在する。そのような軟水のあれこれに関して、都度書き連ねている。

記事一覧

家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!

 エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 …

家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要

 これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 …

軟水器から見た浄化の考えと軟水の効果

 「お家の水を軟水に」などと言われると、軟水が良いものに聞こえる一方、水道水がなにか非常に悪いものののよう思われる。だがエントリー「軟水とは何か?洗いのための軟水」で指摘しているように、軟水器を通した …

軟水とは何か?洗いのための軟水

 エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 アクアサイクロン方式  スイトルのキモの部分の一つ、吸い ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...