家庭でスーツが洗える「スイトル洗い」

スイトルとは

 家電ベンチャーのシリウスが開発販売している湿式掃除機アタッチメントSWT-JT500。掃除機の吸引力を利用し、水を使っての掃除ができる。

 スイトルの吸入口を床面につけると、その負圧でスイトル内の清水タンクから水が噴射され、それと同時に汚れと一緒に水を吸い取ることにより、従来掃除機では不可能だった液体汚れを掃除できるようになっている。

 また吸い込まれた汚れと水はアタッチメント内で「液体分離技術」によって、水と空気を分離され、掃除機には水が到達ないように安全性が考慮されている。

ハイブリッドウェットクリーナー

 クリーニング機器製造の宮田工機が製造販売している、業務クリーニング用洗浄機器。特殊なノズルアタッチメントを用いて、専用の洗浄液を吹き付けながら同時に吸引する「ハイブリッド」洗浄方式を採用し、従来クリーニングの難しかった衣服(難洗衣料という)を洗うことができるようなった。

 この機器に採用されている特許技術の「負圧ノズル」を開発したのが「スイトル」の開発者である川本栄一氏で、スイトル自身にもこの技術が採用されており、ハイブリット洗浄とスイトルは「技術の異母兄弟」ということになる。

スイトル洗い

 ハイブリッド洗浄方式と技術的に近いスイトルを使って繊維や衣料を洗う方式。従来、家庭内での洗浄が難しかった毛などの衣料やカーペットなどを容易に、安全に洗うことができる。

 スイトルを用い、専用洗浄液とクリーニング工程を踏むことで業務クリーニング並の洗いと仕上げを同時に行うことが可能だが、現在洗浄液はプロトタイプで非売品である。

記事一覧

switle「スイトル」の実機レビュー2

 エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 アクアサイクロン方式  スイトルのキモの部分の一つ、吸い …

switle「スイトル」の実機レビュー1

 以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 …

no image

皮革製品が普通に洗えるハイブリッド洗浄

、 皮革製品の洗浄もハイブリッドクリーナーは余裕でこなせる。ある種、究極の「水洗皮革洗浄機」なのだ。それは洗浄液を噴射した直後に液を吸い込むシステムに秘密があり、それによって皮革が長時間水に晒されるこ …

スイトルでスーツを洗う日が来るか?

 これまで、ハイブリッドウェットクリーナーと家庭用湿式掃除機「スイトル」について、これまで4つの記事を書いてきた。 ハイブリッドとswitle「スイトル」は技術の異母兄弟 漬け込み洗いを過去のものにす …

ハイブリッドとswitle「スイトル」は技術の異母兄弟

 宮田工機製の業務用洗濯機器「ハイブリッドウェットクリーナー」とシリウスが送り出した一般向け湿式掃除機器「switle スイトル」は実は兄弟分である。共に川本栄一氏の発明をベースとしたものである。   …

漬け込み洗いを過去のものにするハイブリッド洗浄

 毛や絹などを水で洗うため、古くから行われている「漬け込み洗い」。水溶性の汚れは取れるものの、風合いや型崩れを起こしやすく、素材形状によっては元に戻せないものがあるなど、問題点も非常に多い。  これを …

家庭用湿式掃除機switle「スイトル」の実力

 湿式掃除機とは聞き慣れない言葉だろうが、水で床面等を洗いながら吸う掃除機である。ノズルから水を噴射したりしながらその水をバキュームで吸うことによって、カーペットなどに付着なっtした液体系の汚れを取る …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...