Yシャツ洗い Yシャツ洗浄プログラム

 ホームクリーニングの中で最も請負量が多いのが「Yシャツ」。現在は業界の全受注量の4割に達しているという。Yシャツ仕上機の普及と過当競争、業界での受注減により、最近では低価格路線が定着しつつある。

 このYシャツはクリーニング業界では「白物」と呼ばれ、その洗いは「ランドリー(laundry)」と言われてる。昔は鍋で煮たことから、ランドリー工程で洗うことを「たき込み」と呼ぶ。

 ランドリーは高温洗濯とも言われ、強いアルカリ性の液性を持つ洗浄液下6,70℃という高い温度で洗う。しかし近年になって、高温による縮みを回避するため50℃から40℃での洗浄が主流となった。

 当方ではこのランドリーを「Yシャツ洗い」と呼んで、強力な洗浄力を利用し、単にYシャツにとどまらない様々な服の汚れ落としに活用している。

記事一覧

汚れきったホワイトジーンズをYシャツ洗いに入れてみる

 ホワイトジーンズはきれいに見える反面、非常に汚れやすく、かつ取れにくい。そこで今回は当方で一番強力な洗い「Yシャツ洗い」に二本出たホワイトジーンズを一緒に入れて汚れを取ることにした。 汚れたホワイト …

ブラウスについたファンデーションを普通に洗って取る

 ファンデーションがやたらついたブラウスが出たので、従業員が取れますかと聞いてきた。 襟にファンデーションがべったりついている    「普通に取れるよ」と伝えてYシャツ洗いにそのまま入れるよ …

デザインシャツについたシミを洗いだけで取る

 デザインシャツについた食べこぼしの汚れ。  一部黄変化しているようである。シミが取れなくても即納して欲しいとの要望だが、洗いで取れるとの読みで、Yシャツ洗いにネットを入れて投入した。  ネットから取 …

Yシャツの黄変

 久々にYシャツ洗いで黄変が出た。  襟以外に胸元、袖部分にあるのだがこれ洗浄不足ではない。というのも・・・・・  タッグ(クリーニング預かり時につける札)にクリーニング用ボールペンで書かれていた文字 …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 アクアサイクロン方式  スイトルのキモの部分の一つ、吸い ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...