ドライクリーニング略史

 知られざる「ドライクリーニング」の歴史について、社会的背景を織り交ぜながら、その変遷を辿る。

no image

ドライクリーニングの歴史 9 回天期

 1987年(昭和62年)、クリーニング業界に衝撃が走った。いわゆるオゾン層を守ることを目的とした「モントリオール議定書」によって、オゾン層を破壊する物質として「フッ素」と「エタン」が指定され、全廃に …

no image

ドライクリーニングの歴史 8 爛熟期

日本のクリーニング業が伸長を続けていたころ、ドイツでは行政側がドライクリーニング(=パーク)に対し、環境保護を名分とした更なる規制強化に舵を切った。具体的に言えば乾燥工程後の脱臭工程での排気量の規制と …

no image

ドライクリーニングの歴史 7 熟成期

 1980年代のクリーニング業はドライ溶剤が従来のパークとゾールに、フッ素とエタンの2つの溶剤が加わったことで活況を呈した。またクリーニング需要は右肩上がりに年々増加し、特に都市部では地価高騰により容 …

ドライクリーニングの歴史 6 開花期

 レーヨンを始めとするデリケートで多様な新繊維に対応するため、日本ではパークの研究やゾールを使うなどといった方法を用いたが、石油系溶剤の使えない欧米では全く別のアプローチで対応しようとした。 新しい洗 …

ドライクリーニングの歴史 5 雌伏期

 様々な葛藤や対立を内包しつつも高度経済成長の風を受け、急成長を続けるクリーニング業。しかし海外から突然「待った」の声がかかった。「オイルショック」である。 業界の停滞 オイルショックを伝える新聞   …

ドライクリーニングの歴史 4 相克期

 ドライクリーナーが日本で本格的に普及し始めたことによって日本のクリーニング業界は大きく成長しようとしていた。その一方で業界内の利害関係が強まり、様々な対立が起こった。 街にドライがやってきた  コー …

ドライクリーニングの歴史 3 飛翔期

 欧米で本格的なドライクリーニングシステムが確立されたころ、日本のクリーニング業界は一言で言えば「模索中」であった。業態が本格的に確立できぬ状態で戦争に突入したことにより、欧米に大きな後れをとった日本 …

ドライクリーニングの歴史 2 伏流期

 東京の築地市場の移転問題に絡み、敷地内で「トリクロロエチレン」(トリクレン)が検出されたと報道された。その内容によると築地市場の敷地が戦後米軍に接収され、クリーニング工場として使われたために「トリク …

ドライクリーニングの歴史 1 黎明期

 ネット上で検索しても全体像がなかなか見えない「ドライクリーニング」の歴史。情報の少ないこの話を業界古老や海外業者からの伝聞ではあるものの、略史という形で数回に分けてまとめておきたいと思う。  今回は …

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ 情 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 重くない箱  スイトルを受け取ってまず感じたのは「重くなかった」こと。想像以上に軽 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...