クリーニング実践編 最新情報

麻のレディース上下の汗の黄ばみを取る

投稿日:2017-07-01 更新日:

 夏の時期になると必ずクリーニングに出てくるのが麻製品だ。この麻という素材は厄介で、破れやすく痛みやすく汚れやすい素材である。だが、ある種その「痛み」や「褪せ」の部分までも風合いの要素の一つを構成している部分があり、それも麻の特徴だ。

 今回、その麻素材のレディーススーツ上下の汚れを取る。

黄ばんだ麻のスーツ

 白いレディース上下が出てきたと思ったら、このように黄ばんでいた。原因は間違いなく汗である。汗も人によって体質が異なり、透明な輪をかく人もいれば、黒ずむ人もいる。中には緑色の人もおり、多種多様だ。今回の服は一番多い黄色である。

 触ってみたら麻なのでどうしようかと思案せざる得なかった。   というのも、麻は弱い繊維で漂白はご法度。このように汗でまだらになっているということは、汗の成分と紫外線によって当然傷んでおり、汚れを取るための迂闊な処理は破れの原因になる。

 かといって、一緒に洗濯などすればクシャクシャになるばかりか、汚れが取れるかどうかもわからない。汗汚れは血と同様に体質によって取れやすいものと取れにくいものがあり、実際やってみないとわからないのである。

 だからネットに書かれている「こうすれば取れる」的な記事やレポートは額面通りに取ってはいけない。人の体質は千差万別、環境も違えば状況も違うので、取れるケース、取れないケースがあるので注意が必要だ。

目次に戻る

酵素で勝負する

 結局、繊維に対する反応が少なく、汚れに作用しやすい「酵素」で取る方法を選択することにした。浸け込み洗いであれば、機械力もかからないので衣類への負担も少ない。文字通り酵素の力のみで取る形となる。

 まずドライで先に洗っておく。こうすることで繊維表面の表面の油脂汚れを取り、水が浸透しやすくなる。

 ドライで洗ったことにより、黄ばみが若干薄くなっている。ドライでは取れないとされるこの手の汚れ、実は若干取れるのである。

 次にバケツに湯を張って、投入する酵素と洗剤を用意する。

粉末酵素。少量で良い

液体洗剤も浸透促進のためなので少量でよい

 湯の浸透を高めるために液体洗剤を数cc投入する。こうすることで酵素が繊維の中に浸透しやすい環境を作る。粉末酵素も少量で良い。これで一般的な家庭用洗剤の10~20倍の力価の酵素量だ。

洗剤と酵素をバケツに投入する

 洗剤と酵素を湯を張ったバケツに入れて撹拌する。これで浸け込み溶液の準備ができた。

目次に戻る

浸け込み処理

 破れ防止のため、レディース上下をネットに入れて浸け込む。

 私はネットは嫌いなのだが、服を持ち上げた際などに、水の重みで万が一にのことが起こるのを防ぐためにネットに投入している。それぐらい麻は慎重に扱わなければならない。

15分経過。汚れで濁ってきた

30分後、更に濁った

 30分程度浸けたところで大体の汚れが取れていると判断。バケツの湯を流し水を入れて軽く服をすすいだ後、水洗機に投入し、軽くすすぎながら綿麻仕上剤と水溶性樹脂剤を入れ10秒程度絞る。

 麻は基本絞ってはいけない。絞らないようにするために洗剤と酵素を極限まで絞ったのである。

目次に戻る

仕上げ工程

 ネットから服を取り出すとこのような感じで汚れは除去できていた。

 ということで毎度のことながら上衣は立体成型仕上げ機に、スカートはパンツトッパーで、濡れがけ乾燥を行う。

 濡れがけ後、天日乾燥を行い仕上げる。スカートはズボンプレスを用いてプレス処理する。キチッと設備された大手工場ならば電熱入りスカートプレス機があり、それでプレスすればパーフェクトだが、何もかも求めるのは贅沢というものである。   上下でこのように処理できたので、アイロンで細かいところを直して包装整理に回した。所要時間3時間、当日処理。これで2500円が高いのか安いのか、なんとも言えないが、請求しておいた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング実践編, 最新情報
-, , , , , ,

関連記事

冷風扇への誤った理解と真の性能について

 今年も夏がやってくる。当たり前の話だが暑い季節がやってくるのだ。私もクリーニングという仕事上、40℃近い灼熱の中で仕事をこなすことになるのだが、そのおかげか暑さ耐性がついてしまって、毎年家の中でクー …

「Z.com WP」の利用に関して

 ネットオウルが提供するWordPress無料レンタルサービス「WPblog」より、有料のWordPress専用レンタルサーバー「Z.com WP」へ移った経緯と、他のレンタルサーバーに比べて情報の少 …

軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー

 エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...