blog 最新情報

解散総選挙へ 焦点は消費増税の行方のみ

投稿日:

 NHKが「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」と題して、解散総選挙の見通しについて報道している。公明党の山口那津男代表と政府高官(=官房副長官)の話として伝えているもので、事実上9月28日の臨時国会開催時での衆議院の解散と総選挙が確定したと言ってもよいだろう。

自民単独絶対安定多数、与党(自公)絶対的多数

 仮に現状で選挙に突入した場合、安倍晋三政権の継続条件である与党過半数自体は確定事項で、自民党だけで衆議院絶対安定多数のライン「266議席」を、自民党と公明党の与党で圧倒的多数である「310議席」を確保することが十分に可能な情勢である。

 これは野党の民進党が代表選後のゴタゴタと離党者続出によって戦える情勢にないこと、民進党がグラついているため「野党共闘」路線が思うように進んでいないこと、噂される新党「国民ファースト」が結党自体もたついていること、この三点が原因である。

 現状、野党側はしっかりした地盤のある共産党を除き、候補者調整どころか候補者擁立さえままならぬという有様で、臨戦態勢というにはあまりにも程遠いと言わざる得ない。

 対して自民党側は様々な問題議員がいようとも、過去二回の選挙で多くの候補者が現職議員で選挙区の殆どが埋まっており、問題がある選挙区の調整のみが焦点であり、肝心の候補者擁立に苦心することはない。

目次に戻る

新区割りの選挙戦が野党側を更に苦しめる

 仮に今回、解散総選挙になった場合、今年の5月に決まった新区割で戦うことになる。選挙区の境界線が変わるわけで本来であれば選挙区議員が多い自民党内で内紛が起こって不利な要件になるはずなのだが、突発的な不意打ち解散は各地方組織や議員間の利害をふっ飛ばしてしまう。

 逆に候補者擁立のままならない野党側では全国的な選挙区情勢を把握できている者が誰もいない状況下で選挙戦に突入せざる得ず、新区割によって余計に候補者擁立が難航し、選挙戦に挑むどころではないような有様となる。

 このように本来なら「責める野党、守る与党」とならなければならない構図が現状「責める与党、守る野党」へと変化してしまっているのだ。相手側は議席減を恐れずに選挙戦に打ってくるわけで、現状として野党側に有利な要件は何一つない。

目次に戻る

焦点は解散総選挙の名分のみ

 とは言っても「衆議院解散」に打って出る以上、解散の「名分」が必要になってくる。ところが今の政権を取り巻く状況を見るにつけ、それらしいものは何一つない。

 具体的にいうのなら、「森友」「加計」問題、自民党所属議員らの相次ぐトラブル、「経済に全力」といい好景気と伝えられながら下落を続ける家計支出など、正直言っていいことは何もない。北朝鮮のミサイル問題で「非常事態」と言いながら、その口で解散と言ってしまえば何の非常事態かと言われかねない。

 そこで浮上してくるのが「消費増税」問題である。逆に言えばそれしかないとも言えよう。というのも安倍政権は消費税を止めたり、上げたり、凍結したりすることによって「維持」されてきたからで、ある面この政権の「裏テーマ」と考えてもよい。

目次に戻る

消費増税の「凍結」を掲げてくるのか

 10%の消費増税は二度にわたって延期され、現在のところ2019年4月1日に行なわれる予定である。一度目は2014年(平成26年)衆議院解散直前に、二度目は2016年(平成28年)参議院選挙直前に延期を表明、両選挙は自公与党の大勝に終わった。

 つまり選挙と消費増税延期は今や切っても切れない関係となってしまっているのだ。今回の選挙を終えれば消費増税が行なわれる予定の2019年までは国政選挙は普通に行なわれない。その間解散すれば総選挙を行うことはあり得るがその可能性は限りなく低い。

 不祥事相次ぐ政府与党の評判が決して芳しい状況ではない中、勝ちを確実なものとするため、この消費増税を絡ませてくるかどうかが、市井の一般人にとって最も重要で大切なことである。逆に言えばそれだけを見るだけで良いし、それ以外のものを見ても仕方がないと言えよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報

関連記事

衣服再生消臭機「SWASH」をプロが分析してみた

 米家電メーカー「Whirlpool(ワールプール)」と、米洗剤大手「P&G」が共同開発した洗濯関連機器「SWASH」。  このように特設サイトも作られている。今回は何の効果があるのか判りにくく、本当 …

還元率だけを追っていいのか?クレジットカード

 ネットで買い物をするのに切っても切れないぐらい大切なクレジットカード。昔は高額商品の購入の際に使うことが多かったクレジットカードもネットショッピングの一般化の中で、小額決済にも使われることが多くなっ …

switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 2

 「switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 1」で準備した洗浄液を使って、早速純毛の毛布を試し洗いする。 Contents1 スイトルの準備2 実際の洗浄3 洗浄後の状態4 検証の結果 スイ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...