クリーニング技術 家電・機器 最新情報

衣服再生消臭機「SWASH」をプロが分析してみた

投稿日:2017-05-14 更新日:

 米家電メーカー「Whirlpool(ワールプール)」と、米洗剤大手「P&G」が共同開発した洗濯関連機器「SWASH」。

https://www.swash.com/

 このように特設サイトも作られている。今回は何の効果があるのか判りにくく、本当に大丈夫なのかとと思うような、この一風変わった機器を分析してみたい。

とてつもなく大きな筐体

 もう写真を見るだけでも大きさが実感できるレベルの圧迫感である。機器の寸法は762×1359×470mm。そして重量は36kg。堂々たる大きさ、存在感のある機器である。で、処理できる点数は写真を見ても分かるように一点のみ。これだけ見れば正直「誰買うの?」状態だ。

目次に戻る

どうやって使うのか

 上の写真のように服をセットした後、「P&G」が出している「SWASH PODS」というカップを機器の上部にセットする。

「SWASH PODS」

「SWASH PODS」5種類のフレーバーがある

 「SWASH PODS」には5種類のフレーバーがあって、1パック1ダース入りで7ドルである。

キットのセット

「SWASH」の上部にカップをセットする。

 カップがセットし終わると、飛び出している部分を収納して起動。すると「SWASH」は「SWASH PODS」の中身をスチーム化させて、フレーバーを筐体内全体に行き渡させる。工程は十分ほどで完成。スチームでシワを伸ばしスチームに含まれる消臭剤で臭いを消す。これが衣服再生消臭機「SWASH」の動きです。

目次に戻る

本当に効くものなのか?

 私はこの機器を利用したわけではありませんので、その点は何も言えません。ただ消臭剤をスチーム化させてセットした衣類全体に行き渡らせシワ伸ばしと消臭が行えるという部分は本当であると言えます。

目次に戻る

クリーニング処理における消臭剤

 当方では一部の皮革製品や一部洗う事自体が危険な衣料に関して、お客様の了解を得た上でドライ溶剤も水も使わず、文字通り消臭剤とスチームで処理を行なう方法を用いることがある。これは衣料本体のトラブル回避と、服を「着用レベル」とするのがクリーニングの役割との考えに基づいて処理している。

 処理方法としては事前に取れる汚れは濡れたタオル等で出来る限り拭き取り、「仕上げ剤」(被洗物によって選定が異なる)と消臭剤をブレンドし水で薄めた溶液を作り、スプレーを噴霧する。このとき裏地部分、特に脇と股に関しては重点的に行なう。

 話は少し逸れるが、私は家でネコを二匹飼っている。そのネコのトイレの後処理にこの消臭剤を使っているが、我が家を尋ねる人は無臭であることにみな驚く。

 それに当のネコ自身が消臭されていなければ嫌がってトイレをせず、片付けられてなかったり臭いがあるならば鳴いて掃除と消臭剤を要求するのである。そういう事情で、市販されている消臭剤には全く興味が持てない。

 「SWASH PODS」を作っているP&Gがどのレベルの消臭剤を使っているのかは分からないが、消臭剤は高額なので少量とし、それよりか安価である香料に頼ったフレーバーなのかもしれない。本当に効く消臭剤や抗菌剤は無臭である。

 脱線してしまったが話を戻すと、処理後しばらく干して乾かした後にスチームボックスや各種仕上げ機で蒸気を通した後に仕上げする。こういう形で処理を行っており、お客様にも納得頂いている。

目次に戻る

「SWASH」と特殊クリーニングの処理法が同じ

 このように米2大企業の開発コンセプトと日本での洗濯が難しい服(難洗衣料という)の処理方法が全く同じなので、「効果に疑問をつける」ほうが難しい。きちっと「洗濯はしていない」点を明示しているのもまともである。消臭剤と香料を混ぜた溶液をスチーム化させてシワ伸ばしというのは最早、家庭用立体仕上げ機である。

 皮肉なことだが水や溶剤に漬けること「だけ」が洗濯処理ではない。そういう難洗衣料を着用レベルまで処理するのも広義の意味では洗濯となる。共同開発している二社はこの点、理解ができているということになる。

 

目次に戻る

実際に売れるのか

 それは私にはわからない。ただ機器を100ドル値下げしていることから、なかなか苦戦しているのではないかとは思う。しかしコンセプトにいかがわしさはなく、「SWASH」の処理が洗濯ではない点や効果としてクリーニング処理回数を減らす機器である事を謳っている点は好感が持てる。

 なによりも大手にも関わらず、新たなるジャンルに挑戦していこうという二社の気概がよいではないか。日本で失われつつある「挑戦」という気風には拍手を送りたい。

 価格は1台399ドル、今のレートで4万円台。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 家電・機器, 最新情報
-, , , ,

関連記事

簡単にわかるタッパーウェア(Tupperware)の話

 私の実家では長らくタッパーウェア(Tupperware、以下タッパー)を使っている。聞けば父の実家からの紹介だったといい、タッパーウェアが日本に入ってきて以来、使い続けているという計算になる。  「 …

動画で見るクリーニング屋の考えたネコ洗い

 我が家にはネコが二匹いる。今回は「クリーニング屋の考えたネコ洗い」と題して、当方が使用している洗濯資材を使ってネコ洗いの模様をご覧いただこうと思います。 クリーニング屋的なネコ洗いとは  私は過去ネ …

捨てたくなる衝動!ポイポイ病の恐怖

 先日より「家からウタマロクリーナーが消えた日」とか「捨てるということは、増やすということ」で妻の衝動である「ポイポイ病」の一部始終について書いた。だがこの病「ポイポイ病」は「捨てることが整理術」とい …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...