blog クリーニング実践編 最新情報

衣服は語る 服の前回のクリーニング処理はわかる

投稿日:2017-05-11 更新日:

 クリーニング業者をやっていると、たまに「なんじゃこりゃ」と思う同業者の仕事と遭遇する。それがこれ。

 一見すると判りにくいかもしれないが、真ん中の縫っている部分が不規則にボコボコとなっているのがわかるだろう。縫い目に合わせ生地がバシッと伸びていない。なんでこんなことになっているのかと言えばこうだからだ。

 「割っていない!」

 前回クリーニング処理をした業者が、マチの部分の生地をを縫い目の中心から外に伸ばしていない状態でプレスしてお客様に返しているのだ。どうしてそれがわかるのかといえば、このような状態になるのは毛のズボンを水洗処理していると、生地が絡んでこのような状態になるからである。

 洗剤は花王の「エマール」。匂いでわかる。安いからといって業者が使うのはどうかと思う。水洗処理したということは汚していたから処理をしたのだろうが、水洗を行った以上後処理まで行なうのが仕事だろう。

 割る(マチをアイロンで広げる)とさして糸が絡んでいないため、間違いなくエマールだ。これが水だけで処理されていた場合、糸の絡みがきつくて割りにくい(外れにくい)。

(追記)割っている写真がなかったので別のズボンの写真を追加。

 毛のズボンは水洗するとマチの部分がこのように閉じてしまう。それをアイロンで伸ばすと

 このようになる。水洗でこの状態を維持するためには業務仕様のウェット用ネットでズボンをしっかりと固定して洗うとマチが閉じないが、私はマチ伸ばしが好きなのでネットを使わない(高額な割に仕上げに特別好影響を及ぼさない)。

 衣服は語る。何をどう処理したのかが全てわかるような処理の仕方をすべきではない。いい加減な処理方法はこのように一発で見抜かれる。シミを取ることを第一に考えるような発想ではいけない、というのはこういう事例からわかるだろう。

 洗濯は洗いとすすぎと仕上げの総和であり、もっとバランスをとって仕事をすべきだ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, クリーニング実践編, 最新情報
-, ,

関連記事

クリーニングの「Yシャツ洗い」を完全公開 2

 エントリー「クリーニングの「Yシャツ洗い」を完全公開 1」の後、洗いが終わりかけというところからの話となります。またこのワッシャーでは、お客様からの汚れ取りの依頼があったYシャツも入っており、その件 …

汚れきったホワイトジーンズをYシャツ洗いに入れてみる

 ホワイトジーンズはきれいに見える反面、非常に汚れやすく、かつ取れにくい。そこで今回は当方で一番強力な洗い「Yシャツ洗い」に二本出たホワイトジーンズを一緒に入れて汚れを取ることにした。 汚れたホワイト …

ドライクリーニングの歴史 6 開花期

 レーヨンを始めとするデリケートで多様な新繊維に対応するため、日本ではパークの研究やゾールを使うなどといった方法を用いたが、石油系溶剤の使えない欧米では全く別のアプローチで対応しようとした。 Cont …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...