クリーニング技術 最新情報

衣料についたタバコの臭いを取る研究について 1

投稿日:

 先日、異様にタバコの臭いがついた衣料が出た。部屋の中で長い期間タバコに燻された用な感じの服である。形状はジャンパー、素材はポリエステル100%。こうした臭いをクリーニングでどう取るのか。

 この研究についての話を2回に分けてお伝えしたい。また「臭い」という全く見えないものを扱っている話のため、写真がないことをご容赦願いたい。

「汚れ」と「臭い」

 この2つの要素との戦いがクリーニング業の宿命と言ってよいだろう。そしてこの2つは切っても切れないものでもある。汚れを取るということは、「汚れ」から発される「臭い」を取ることに等しいからである。

 しかし「汚れ」は目に見えるが、「臭い」は見えない。それゆえ取れたとしても写真などで違いがわからない。あくまで人の感覚が全て、というのがこの「臭い」というものの特徴。

 近年、様々な消臭資材の伸長を見ても分かるようにクリーニング業における「臭い」にまつわる潜在需要、あるいは潜在的なニーズは年々高まっている。しかし、いかんせん「臭い」は見えないし、個々の感覚に負うところが大きい故に、業界としてそれを掴むには至っていないのが実情だ。

目次に戻る

クリーニングにおける「臭い対策」

 しかしながら、クリーニング業界では相当前からドライクリーニングを中心に様々な「消臭対策」を行なってきた経緯があり、30年以上に渡って臭いにまつわる様々な研究が行われてきた。具体的には臭いを洗い流す「洗浄」と、臭い成分を包む資材の「添加」についてである。

 「洗浄」とは「臭い」の成分の元を洗い流すことで、例を挙げれば「汗の臭い」などは脂肪酸が主成分なので、アルカリ性洗剤で洗えば中和作用によって取れるという寸法である。

 対して「添加」は洗いで取るだけでは難しい、あるいは洗いだけでは取り切れないキツイ臭いに対し、後から加えて臭いを「抑える」資材の事で、「消臭剤」と「抗菌剤」がこれに該当する。

 今回のきついタバコ臭のついたジャンパーであれば、水洗である程度の臭いの汚れを取って、「抗菌剤」を添加して臭いを抑えるというのがセオリーなのだが、あえてその手を使わずに「洗い」だけでどこまで取れるのかをチャレンジした。

目次に戻る

洗い「だけ」ではなかなか取り切れない

 素材がポリエステルのジャンパーということで、水洗処理の中でも強い洗いが可能である。ポリエステルは帯電し易いのでくすみやすいが、反面で強い洗いが可能で、そうしたものも除去できる。

 「強い洗い」とは具体的には何かというと、温度をかける、液相をアルカリにする、そして酸素系漂白剤が使えるという三点である。これでも褪色しにくいのがポリエステルの強みだ。

 しかし、この強い洗いであってもポリエステルジャンパーのタバコの臭いは消えなかった。タバコの汚れは基本「ニコチン」と「タール」だが、ニコチンは水溶性で溶けやすいのに対し、タールは油であり、こちらは温水とアルカリで融解させている、させているはずである。

 それで行けるはずなのだが、しかし洗いだけでは臭いが残っている。これは部屋で燻されていることが原因なのだろう。このように一点一点汚れが違い、状況が違うため一筋縄にはいかないのがクリーニングの特徴なのだ。

目次に戻る

タバコの煙は「粉塵」

 以外に思われる人がいるかもしれないが、実はタバコの煙はPM2.5などといった測定装置で測れる「粉塵」なのである。この細かい微粒子が服の中、繊維の間に入り込んでいる、そう見れば洗っても臭いが残る理由について考えられる。

 つまり洗っても繊維の中に入ったタバコの細かな「粉塵」が洗い流しきれず、結果としてその「粉塵」がタバコの臭いを発している。これが洗っても服にタバコの臭いが残留している原因だ。

 この繊維内に入り込んでいる「粉塵」にどう対処するか? 方法の一つに「浸け込み」という手がある。5,60℃の湯を張ったバケツに過酸化水素水と過炭酸ナトリウムを入れて、対象の衣料を浸け込むと繊維が汚れを吐き出すというもので、綿とポリエステル素材に使える手である。これは写真こそないが、過去に「Yシャツの移染? それは洗いによるくすみです」で実際に行なっている。

 しかし、考えてみれば昔より全くタバコ臭がせずに出てくる洗いがあった。Yシャツ洗いである。同じ資材を使っているのにどうしてYシャツ洗い「だけ」タバコの臭いが取れて出てくるのか? そこには意外な材料の意外な活躍があった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 最新情報
-, , , , ,

関連記事

一般的なクリーニング業者のYシャツ洗い

 自社の「Yシャツ洗い」を二回に分けて完全公開したが、今回はクリーニング業者のYシャツ洗いはどうなのかについて、知りうる限りのことを工程順に書いていきたい。 Contents1 前処理2 洗浄3 すす …

「スチーム仕上げ」とは一体なんなのか?

 最近、アイロンと並んでスチーム仕上げ機が売れているという。スチームの力で簡単にシワ伸ばし、という触れこみのようだが、クリーニング業者からみればそれは正しくもあり、そうでないようにも思える。  そもそ …

洗い上がったスーツ

汚れすぎているスーツ上下を布団とともに洗う

 仕事で使っているスーツはとにかく汚れる。特に汚れやすいのは毛100%のものではなく、毛とポリエステルの混紡品。静電気を帯びやすいからだろうと思われる。  ただ混紡品は製品的には強くて安価。水洗いにも …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...