クリーニング技術 クリーニング資材 最新情報

消臭剤と抗菌剤の使い方の違いについて

投稿日:2017-07-18 更新日:

 当方ではニオイ対策関連資材として「消臭剤」の他に「抗菌剤」という材料を持っている。こちらの方は本来「抗菌加工」を繊維衣料に施す資材だが、その力によって細菌の繁殖を抑えて様々な「ニオイ」を封じ込めることができるため、ニオイ対策品として当方の作業に使われる一方、消臭剤と同じく卸や小分け販売を行ってきた。

「抗菌剤」洗濯時に入れて使う

 簡単にその違いを説明すれば「洗い」に使うのが「抗菌剤」、噴霧して使うのが「消臭剤」だという解釈でよいだろう。今回は当方で扱う、この二種類の資材の違いを当方のユーザーの利用方法から明らかとし、家庭での「消臭剤」の活用方法のヒントとなれば幸いである。

おしぼりの「ニオイ」封じ

 当方が資材を卸している業者に「おしぼり屋」がある。そこでは異様にニオイを発するおしぼりの対策に頭を悩ませていた。そのため次亜塩素酸ナトリウム(以下・次亜塩、塩素系ハイター、ブリーチ)を投入して洗浄を行い、殺菌処理してニオイ取りを行っているが、全てのニオイが取れる訳ではなく、ボロボロになるおしぼりが多かった。

 これは次亜塩の力が強く、繊維を細めてしまうため結果、破れやすくなってしまうのだ。レンタルであるおしぼり業界では、こうした処分による買い足し費用はバカにならず、負担になっていたという。

 そこで次亜塩の使用をやめ、そうしたおしぼりのみを集めて、抗菌剤を入れたバケツに浸け込みを行なった後に一緒に洗浄処理を行うという、コストと内容のバランスが取れた方法を提案した。

 抗菌剤は中性のため、繊維を痛めずにニオイ封じが行えることにより、破れの発生を大幅に減らす事ができ、2つの問題を同時に解消することができたのである。全てを抗菌加工処理できれば言うことはないのだが、強い値下げ圧力を受ける同業界ではそれはできないため、最小限度の処理となっている。

目次に戻る

ローコスト整備 

 こちらはビルメンテナンスの例で、短期利用の事務所や住居スペースの清掃処理の際、費用面等で大掛かりな処理ができないことから、その処理方法が懸案となっていた。

 というのも、掃除や換気のみではニオイが消えないケースがあり、そうした対応の方法を思案していたところ、当方の話を聞いての相談を受けることとなった。

 そこでカーテンなど洗える備品は当方で洗濯して抗菌加工を施し、部屋はプレーンな消臭剤(無香料タイプ)を事前に噴霧してから清掃処理を行う方法を提案。これで懸案事項はほぼ解決できた。

 矛盾するようだが、実は消臭剤自身にも「ニオイ」があるため、そのニオイを飛ばしつつ「マスキング効果」で消臭を行えるようにするため、市販品など多くの消臭剤は「香料」を配合している。またこの香料は消臭剤の個性と他製品との差別化を図る重要なポイントとなっている。

目次に戻る

家庭内介護の中で

 スイトルの元となるアイディアを考えた発明家の川本氏は、介護体験が動機となって、吹き付けながら吸引するという湿式掃除機のアイディアを生み出した。それほど介護というものは大変なもので介護する側の家族の負担は大きい。

 そうした介護の悩みの一つにニオイがある。人間は年齢を経ると体力が弱まり、排泄などのコントロールがむすかしくなる。また臓器の力が弱まるため、そのニオイが強まってしまう傾向がある。

 こうした場合、介護される側の衣料などのニオイは普通の洗濯ではとてもではないが対処できない。これは体験された方なら誰でも判るが、体験されていない人にはわかりにくいかもしれない。相談を受けたケースでは消臭剤で部屋や備品、衣料に噴霧したが、まるで歯が立たないというものだった。

 そこで洗濯工程で洗剤に「抗菌剤」を加えて洗う方法を提案した。一方部屋には当方の消臭剤にレモンの香料を少量配合したものを使うようにしたところ、結果としてこれだけで介護部屋から異臭が消えた。

目次に戻る

おわりに

 このように使う目的や用途などを考えたとき、一つのやり方、一つの方法だけでは難しく、複数の方法を用い、それぞれ特性を活かしたやり方で「消臭」するのが、確実で安全な方法だ。

 消臭剤の場合、ニオイが消えるまでスプレーを繰り返す旨の書き込みがネット上で度々見かけるが、それは換気や掃除、洗浄を行えば、しなくてよい作業である可能性が高い。

 脱臭や抗菌処理を行なった上で「消臭剤」を用いた処理を行うことで最大限の効果を発揮するわけで、最初から消臭剤を使うのは野球で言えば「抑え投手」を先発に回すようなものだ。そうした使用方法は合理性に欠け、安全性や費用対効果を落とすだけである。

 これからの「消臭」とは、トータル的に考えて行うべきで、「消臭剤」はその中の一つのパーツ程度と考えるような使い方がベターだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, クリーニング資材, 最新情報
-, , , , , ,

関連記事

純毛の毛布が家庭で水洗できるという意味

 switle「スイトル」にウェットクリーニング用途の水性の洗浄液を組み合わせ、毛100%の毛布を実験的に洗浄したが、私が当初予想した以上に成果があった。 switle「スイトル」で純毛100%毛布を …

片付けタイプ 「探すタイプ」とされた人々のお話 1

 「本棚整理から見る片付けタイプ4選」より、捨てる本を探すタイプ、略して「探すタイプ」とされた人々についてのあれこれについて著していきたい。  この「探すタイプ」の人々は元々整理術家気質で、他のタイプ …

何でもモノをついで買い、ストッカーの実態

 中々来ることがないからと、必要なものを余分に購入したことはないだろうか? いわゆる「ついで買い」なのだが、何でもついでに買うものだから、買ったものを管理しきれず、どこに行ったか分からずにまた購入する …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...