blog クリーニング実践編 最新情報 Yシャツ洗い Yシャツ洗浄プログラム

汚れた麻のワンピースを水洗処理して仕上げる

投稿日:2017-06-08 更新日:

 品質表示のない衣料が時々出る。今回のオフホワイトの麻のワンピースもそうだった。

大変汚れた麻のワンピース

 麻は綿よりも着ていくうちに繊維が弱くなる傾向にある。紫外線の「焼け」に弱いのだ。番手の細い糸の麻であればあるほどその傾向が強い。そのため、クリーニング業者は麻素材に関しては素材形状的には水洗可能なものであっても、安全策としてドライクリーニング処理で対処することが多い。

 だが、今回の衣料の汚れはドライでは明らかに取れない。で、5時間後には出荷しなければならない。どうするか・・・ 他にも麻素材がいくつかあったので、水洗処理を行う判断をした。

蛍光増白剤

 この麻のワンピースはYシャツ洗いで処理すれば汚れは落ちるが、オフホワイト(薄いクリーム)の色は間違いなく飛ぶ。これはYシャツ洗いに投入されている粉末洗剤に入っている「蛍光増白剤」が色を飛ばすのだ。

 ゆえにオーガニックコットンやら「生成り」の商品、あるいはこういった植物系繊維の「オフホワイト」のものは蛍光増白剤入りの洗剤では洗えない。

 家庭向け洗剤の粉末洗剤は全て入っており、液体洗剤でも入っているものは多いので、そういったものの色飛びが気になる人は洗剤の成分表示の中の「蛍光増白剤」がない洗剤で洗うようにしなければいけない。

目次に戻る

綿洗い

 当方ではこういった衣料や淡色の綿製品を洗うため「綿洗い」というプログラムがある。弱酸性洗剤に油脂を落とすためにリモネン洗剤を加え、少量の安定剤入り過炭酸を入れて洗う。

 温度は40℃。それ以上上げられない。淡色であっても退色や色飛びのリスクがあるからだ。2、3分回したら少量の安定剤入り過酸化水素水を投入する。淡色であっても少量の漂白剤であれば色飛びはおこらない。これで衣料はクリアなスッキリした感じとなる。

 麻素材は破れやすいので、念のためネットに入れて洗う。ネット好きな人は多いのだが、ネットを多用すると静電気が起きやすく、不要な絞りジワも入りやすいので、ネット使用は最小限度にしたほうがよい。

 10分程度洗った後に排水を行い、給水してクールダウンを行ってからから脱水。その後すすぎを行う。入れるものはクエン酸、柔軟剤、綿麻仕上剤である。6分すすいだ後、一分程度の脱水を行って終りとなる。

洗浄後のワンピース。汚れは取れている

目次に戻る

麻のワンピースの仕上げ

 洗いが終わった後、糊付けを行わなければならないが、このためだけに糊を作って単独で糊付けを行うのは効率が悪いため、次に洗うYシャツ洗いのすすぎ工程にネットを入れて投入し、一緒に糊付けする。

 薄い糊を効かせることで仕上げやすくするための工程で、綿洗いのすすぎ時に柔軟剤が入っていることで、糊の効きが悪くなるのを利用している。綿洗いでもっと糊を効かせたい場合はすすぎ工程に入る前に取り出して、Yシャツ洗いのすすぎ工程に投入する。

 糊付けが終わると、人体成形仕上機にかけ「濡れがけ」を行う。

立体的に乾燥と仕上げを同時に行う

 この設備がなければ、こうした形状の綿麻素材を水洗いに「落とす」のは難しい。単純にアイロンでは伸ばしきれないからである。だから設備のないところでは水洗処理が不可能ということになる。もちろん家庭洗濯でも同様で、仕上げ設備の状況で洗えるものあらえぬものが出てくるのだ。

 

 実はこの種類の成形仕上機ではなく、別の種類の成形仕上機の方が更に仕上がりが良くなる。この種類の仕上げ機は内からスチームを吹き出させるもので本来、スーツなどのドライ系の衣料の仕上げに向いた機械である。

 左のような「風船機能」をもった仕上げ器ならば、熱風で膨らんだナイロン地が生地に沿うため、繊維の目が揃った状態で成形仕上乾燥ができる。Tシャツも仕上げられるウェット用成形仕上機だ。

 

 大体15分位かけると8割程度乾くので、外してハンガー掛けを行い、スチームBOX内に入れて立体乾燥機能を使い乾燥させる。10分で乾くので、取り出して襟周りのドレープをアイロンで伸ばし、ワンピースの下の部分を直して仕上げは終わる。

アイロンで仕上げを行う

 最後にスチームBOXに通し、自然な感じとして出荷した。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, クリーニング実践編, 最新情報, Yシャツ洗い Yシャツ洗浄プログラム
-, , , , , , ,

関連記事

安いから買わない。必要だから買う

 妻が買ってきたスライサーが気に食わないとボヤいていた。なんでも以前使っていたものがダメになったので、同じメーカーの同じような型が値引きされていて安かったので買ったそうである。ところが買ったスライサー …

ドライクリーニングの歴史 6 開花期

 レーヨンを始めとするデリケートで多様な新繊維に対応するため、日本ではパークの研究やゾールを使うなどといった方法を用いたが、石油系溶剤の使えない欧米では全く別のアプローチで対応しようとした。 Cont …

no image

週刊ポストの偉そうな「年金記事」を徹底論破する

 また「週刊ポスト」か、と思うのだが、商売の為に人を煽って雑誌を買わせようという前時代的な性根が腹立たしいので、週刊ポストの庶民ズラした「年金記事」のやり口について徹底追及したい。 Contents1 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...