クリーニング技術 最新情報

殺菌剤と除菌剤、抗菌剤、消臭剤の違いについて

投稿日:

 今、世の中には「殺菌」はもちろんのこと、「除菌」や「抗菌」「消臭」をうたう商品が数多く出回っている。中には「作用」「効果」や「~もできる」「~も可能」などといった表現もあり、その違いはなんなのか、あるいは本当に違いがあるのかについて疑問を持っている人もいるのではないかと思う。

 今回はその違いについて「クリーニング業界」視点で書こうと思う。

本当は限りなく別物

 「殺菌」「除菌」「抗菌」「消臭」・・・・・ 限りなく似たようなニュアンスにとられる表現だが、実は別物に近い表現である。近いと思うのは、近いと思わせる表現が氾濫した結果であって、そもそもニュアンス自体が異なる。

 どうしてそんな事態が発生しているかというと、暮らしの関連でいえば「医療業界」と「生活業界」でのニュアンスの違いに起因する。例えば衛生の概念は両方の業界に存在するが、意味合いは全く異なる。一口に言えば「厳しい」医療の世界と緩い生活関連業界の違いだ。

 人の命が懸かっている医療業界では「衛生」は至上命題であり、当然ながら「殺菌」は必須。ところが生活関連業界の場合、扱うものによって「衛生」のランクが異なっていたり、「安全」と「衛生」が天秤にかかっていたりするため、「殺菌」に至らないものが必要とされることが多くなるのである。

 「殺菌」は非常に強力だが、普通の暮らしには扱いにくいものなのだ。

目次に戻る

「殺菌」と「除菌」「抗菌」「消臭」を隔てるもの

 殺菌剤は「医療」の世界にとどまらず、農業分野をはじめ工業製品の分野で多く使われており、その販売に関しては薬事法に基づく登録が必要である。また「殺菌」を明示するためには登録がせねばならず、登録された商品は「医薬部外品」と表示される。つまり薬局に行かなければ購入できない。

 これは殺菌剤が「殺す」という表現が入っていることからもわかるように、劇薬にもなりうるためである。製造や販売にあたる業者は「医薬部外品製造販売業許可」を取得せねばならず、共にハードルが高く設定されている。これは流通の必要性は認めるものの、安全性の確保が必要なものとする行政側の意図による。

 対して「除菌剤」「抗菌剤」「消臭剤」にはそのような制限はない。これが「殺菌」とそれ以外のものの最大の違いである。それゆえ家庭で購入できる製品の多くが「除菌」「抗菌」「消臭」のジャンルに属する。当然ながら強さも「殺菌」には及ばず、どこでも購入できる家庭用品として作られているのである。

目次に戻る

「除菌」と「抗菌」と「消臭」の線引き

 「殺菌」とそれ以外の違いは明らかになったが、今度は「除菌」「抗菌」「消臭」に違いがあるのか、といえば、これもある。具体的にいえば「除菌」は細菌を除去すること作用のことを指し、「抗菌」は細菌の繁殖を抑制する作用のことを指す。一方「消臭」は文字通り臭いを消す作用のことであり、臭いを抑えるために「細菌を丸め込む」といった表現もまま見られる。

 三者の違いについて簡潔に表現するとこのようになる。ただ表現よりも効果であるとか性能に明確な違いがあり、一言でいえば「除菌>抗菌>消臭」となる。しかし実際の成分的なものを示せば「除菌>抗菌>>>消臭」くらいの大きな差があるのが実情である。これは使う場所や目的など用途の差によるところが非常に大きい。

 具体的にいえば「除菌」は主に台所周りに関する洗剤などで、「抗菌」は一般生活用品、「消臭」はリビングなどの生活スペースといった具合だ。特に消臭に関しては昔から取り組まれていたキッチン周りやトイレ周りとそれ以外で「消臭」分野が分けられている。近年製品化されているP&Gの「ファブリーズ」や花王の「リセッシュ」は後者のジャンルだ。

 このことから見てもわかるように「除菌」「抗菌」「消臭」は法的な規制ではなく、使う場所や用途によって分類されているというアバウトなものだが、使われる材料の成分の強さ(あるいは濃度)によっても実質的に分けられている。

 クリーニングの場合、「抗菌剤」はドライと水洗の洗浄の際に用いられ、「消臭剤」は仕上げ工程前でのスプレー噴霧に使われる。

目次に戻る

抗菌剤と消臭剤の強さの違い

 抗菌剤は洗い、消臭剤は噴霧ということでもわかるように、抗菌剤の方が圧倒的に強力である。その実質的な能力差は100倍以上あるだろう。しかし強ければよい、というわけではない。作用があれば反作用もある。

 抗菌剤はスプレー噴霧で使った場合、「むせる」のでスプレー用途に全く向かないのだ。強いということは逆に言えばリスクもあるということなのである。だからこそ弱くともリスクの少ないものが必要になってくる。そこで消臭剤の登場となる訳なのだ。

 一方、洗浄の場合であれば様相は全く異なり、消臭剤は抗菌剤の10倍以上の量を入れても同等の効果は出せない。「餅は餅屋」とはよく言ったもので、それぞれの資材にはそれぞれに向いた役割がある。この消臭剤、抗菌剤の話だけではなく、資材をうまくまとめつつ役割毎に用意を行えば、コストを抑えつつ効率的で効果的な掃除や洗濯なのができるだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 最新情報
-, , , ,

関連記事

家庭でできる「よい洗い」を考え抜く

 業務洗濯のノウハウから、家庭でできる「よい洗い」を考え抜いた企画  当方が四半世紀の間に蓄積してきた洗濯経験を元に、家庭への応用が出来ないかと考えた記事群。 Contents1 「よい洗い」を考え抜 …

Yシャツの黄変

 久々にYシャツ洗いで黄変が出た。  襟以外に胸元、袖部分にあるのだがこれ洗浄不足ではない。というのも・・・・・  タッグ(クリーニング預かり時につける札)にクリーニング用ボールペンで書かれていた文字 …

no image

実家の家財の何が欲しいと聞かれて「要らない」と答えたワケ

 実家に行くと両親が家の中で何か欲しいものがないか?と聞いてきた。ワケを聞くと、将来天に召されたあとに欲しいものがあれば残しておくというのである。私は即座に言った。  「何もいらない」  実家の家財が …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...