クリーニング技術 最新情報

正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う

投稿日:

 「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。

 で、いきなり「要らない」なんてタイトルで申し訳ないが、今回は日頃からアイロンを使っているクリーニング業者の立場から、本音を忌憚なく書かせていただきたい。

スムーザーとは何か

 キーピングの名を冠しているが、スムーザーはキーピングとは素材と用途が異なる。簡単に言えばキーピングはビニル系の化学糊、それに対してスムーザーは「ポリマー+シリコン」である。

 ここでいう「ポリマー」は熱を加えたら柔らかくなる「成形剤」(賦形剤)、「シリコン」は平坦として滑りを良くする「潤滑剤」(平滑剤)である。

 要はシリコンで生地を平たくしてアイロンの滑りを良くし、ポリマーで生地を伸ばしやすくする。これがスムーザーの役割である。具体的に言うと「シリコン」によって「アイロン離れ」がよくなることで滑りがよくなり、「ポリマー」によって生地の目が揃い安くなることによって、キレイに仕上がっている(ように見える)仕組みなのだ。

 ここまで書けば「いいじゃないか、便利じゃないか」と思われるだろう。しかし実際、日々仕事でアイロンを使っている身としてはだからこそ、要らないんじゃないかと思うわけである。

 この「要らない」と感じる理由について、私が日頃行っているクリーニングの仕事を引き合いに出して解説していきたい。

目次に戻る

業務用アイロンの手入れ

 クリーニング業界では、蒸気の熱だけでアイロンを温める「ヒートレスアイロン」と呼ばれるアイロンが主流である。これは温度が電気アイロンに比べ低く、生地ヤケが起こりにくいからで、トラブル防止の側面が強い。

 実は生地によって適正温度に違いがあり、大まかにいうと綿麻は高く、毛絹や化学繊維系は低い。中にはポリウレタンやポリ塩化ビニールのようにダメという生地もある。本当は生地毎に設定温度を変えるためアイロンに「下駄」を履かせて仕上げするのが理想的なのだろうが、価格的に見ても、それをするような値段ではないので、殆ど行われてはいない。

 アイロンは使っていくうちに、糊や仕上げ剤等がアイロン表面に蓄積していき滑りが悪くなる。そこで研磨剤を用いて蓄積した汚れを取り除く。

研磨剤「ピカール」

汚れが蓄積したアイロン

 研磨剤を雑巾などにつけてアイロンを磨く。このときアイロンは熱したままで行う。

研磨剤を雑巾につける

研磨したあと。これだけ汚れが付着している

 研磨すると雑巾は黒く汚れる。これが焼けた糊などである。ただ、研磨しただけでは使えない。ここにシリコンオイルを付着させなければならない。

シリコンオイル

 このシリコンオイル、「スムーザー」で使われている「シリコン」と分子量が違うが同じ役割を果たしている。アイロンに薄い膜を張り、生地の直接の付着を防いでいる。これによってアイロンの生地離れがよくなり、結果として滑りがよくなる。

目次に戻る

家庭用アイロン

 ただ家庭用アイロンではこうした「磨き」は行えるアイロンは少ない。なぜならアイロンの滑りを良くするため、殆どのアイロンに「テフロン加工」などが施されているからである。「など」としているのはいくつかの種類があるからだが、総称して「テフロン加工」で通る。

 このテフロン加工、フライパンや鍋に施されているものと同じもので、生地の直接の付着を防ぐものだが、熱や傷によって使っていく間に剥がれていきボロボロになっていく弱点がある。そのため研磨剤は使えない。

 ただ個体か液体のアイロン用汚れ落とし剤があるのでこれで代用できる。この汚れ落とし剤で汚れを取った後、シリコンオイルを塗れば先程書いた業務用アイロンの手入れと同じような効果が得られる。

 シリコンオイルに関しては色々なシーンで使える「シリコンスプレー」でも代用できるので、これを備えて使えばいいだろう。最後は乾いた雑巾で拭き取り、これを使ってアイロンをかければよい。

 そうすればスムーザー以上に余裕でアイロンは滑るだろう。

目次に戻る

スムーザーが要らない本当のワケ

 スムーザーの正体についてハッキリと書くと極薄の「ポリマー+シリコン」である。濃いと輪ジミのリスクが高まるのとコストがかかるので入れられないのだ。

 加えていうとポリマー樹脂の中でも比較的分子量が小さいものを使っているため、成形能力が低い事が挙げられる。これは大きくすれば比重も大きくなって分離しやすくなり、ダマや輪ジミの原因になってしまうからである。

 故に「アイロンを滑りやすくする」旨の目的「のみ」でスムーザーを使っているというのなら、家庭用アイロンの手入れのみでそれ以上のメリットが得られるというわけなのだ。

 本来「ポリマー」は「成形剤」であり、スプレーではなく、濯ぎ時に入れるのがベターなものである。それにスプレーで効かせるためにはもっと分子量が大きいものでないといけない。

目次に戻る

アイロンの使い方

 それに加え、もっと問題なのはアイロンの意味が知られていないことである。究極言ってしまえば、アイロンの使い方が間違っているのにスムーザーもなにもあったものではないよね、ということだ。

 アイロンの仕上げ方は「滑らせる」ものではない。「押し付ける」ものだ。生地面の「横」に力をかけるのではなく「下」に力をかけなければ仕上がらないからで、横に力を逃したって「プレス」になんかならないのである。

 実は当方の作業場でもそれを散々言っているのだが、なかなか理解できていない。ハナっから「滑らせる」ものだと思ってしまってるからで、滑らせて「シワが伸ばせない」と言われても、当たり前だとしか言いようがない。

 滑っているようにみえるのは、下に力を入れながら「浮かせて」移動させているからに他ならない。一日に数百点を仕上げすると本当に握力がなくなってしまう。それを長くやっていると指が曲がってしまって固着してしまうくらいなのだ。

目次に戻る

おわりに

 「スムーザー」を愛用しているユーザーや製造されている「花王」さんにとっても大変手厳しいことを書いているので、不快な思いをされた方がおられるかもしれない。しかし本当のことを書くには厳しくならざる得ないのが実情だ。

 家庭での仕上げ環境は貧弱で、それを補う製品として「スムーザー」があるのだが、それを使わなくともスムーザー以上の効果を得られる方法について書いたつもりである。

 ただ今後、家庭ではこうしたアイロン使った仕上げから「アイロンレス」の時代へと舵を切っていくべきだとの考えから記事した次第である。こうした話が何かの機会に役に立てば幸いだと思い、この話を終わりとしたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 最新情報
-, , , ,

関連記事

ズボンについたマーガリンを取る

 ズボンについたマーガリンを取ってほしいとの要望があった。  見るとマーガリンがついている部分が油染みとなっていた。  素材は毛50%・ポリエステル50%の混紡。これであればドライクリーニング、水洗い …

究極の生醤油 角長・濁り醤 3年熟成 「匠」

 和歌山県中部にある湯浅町は、醤油発祥の地として知られている。この地で最も古い醸造所である「角長」では「濁り醤」という知る人ぞ知る生醤油を販売している。 角長の生醤油「濁り醤」  (プレミア和歌山) …

解散総選挙へ 焦点は消費増税の行方のみ

 NHKが「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」と題して、解散総選挙の見通しについて報道している。公明党の山口那津男代表と政府高官(=官房副長官)の話として伝えているもので、事実上9月28日の臨時国会開 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...