クリーニング技術 クリーニング業界談 新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報

服を吊るということ。高級クリーニング店でみた仕事

投稿日:2017-05-17 更新日:

 私はこれまであまり多くはないが、あちこちのクリーニング店を見る機会に恵まれた。小さいところ、大きなところ。個人経営から企業経営まで、一つとして同じやり方をしているところはなかった。

 その中でも服を吊ることに関して、印象深い二軒のクリーニング店があった。共にスーツが3000円以上からという高級志向のクリーニング店。一般のクリーニング店と何が違っているのか?今回はそのお店の話を通じ、服を吊るということの大切さが知られればと思う。

お客様から預かればとにかく服を吊る

 そのクリーニング店は外回り(訪問外交方式。外交という)一本で店舗営業をしていないお店だった。外交マンは訪問先から店に戻ってくると、まず預かったものをハンガー掛けする。クリーニングで一般的に使われている、ただのハンガーじゃない。スーツをかける分厚いハンガーにである。

 その服は一通りのチェックされるとある部屋に持ち込まれた。そこは空調の効いた部屋だった。なぜそんなことを?と尋ねると、このような答えが返ってきた。

 「服本来のシルエットを服に戻してもらうためです」

 曰く、この部屋で数日吊ってシルエットを「戻し」、それから洗うのだという。このように洗えばシルエットが崩れないのだという。お値段を頂いている以上、相応の仕事をやらなければとのことで、正直感嘆した。

目次に戻る

洗えば仕上げは必ず翌日

 もう一軒のお店は被洗物を洗った後、仕上げの人が余裕があっても仕上げをしないところだった。ただ立体物は全てスチームボックス(筐体の中に服を入れ、蒸気で蒸らす機械)に通す。ハンガーは木製だった。

(これがスチームボックス。機種はクリーニング機械のリーディングカンパニーである三幸社のSKB-1。この機械は三幸社創業時に出した最初の機械。現在は受注生産品)

 手が空いているのにどうして仕上げをしないのかを問うと、このような答えが帰ってきた。

 「服はシワが伸び切ってから仕上げはするものだよ」

 曰く、スチームをかけて蒸らして一晩置けば、自然にシワが伸びる。シワが伸び自然に整形された服をしっかりと確認するのが仕上げだ、とのことで、こちらも唸らせられた。

目次に戻る

まとめ

 このようにたかが「服を吊る」という行為一つだけで、これだけのこだわりがあるのだ。ですんでエントリー「服を吊るとは仕上げるということ」を書いたわけで、仕上げ設備があって「アイロン」のみという家庭洗濯で、服を吊ることに拘らないという洗濯はないのである。

 この「服を吊る」行為はなにも家庭洗濯の域に留まらず整理術や衣替え術、片付け術、家や間取りのレイアウトに至るまで繋がる、まさに「くらし」と直結したものなのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, クリーニング業界談, 新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報
-, , ,

関連記事

二本のブランドパンツで見るドライと水の境界線

 エントリー「ドライが水に、水がドライに。私が目指した洗い」とは一体どういうことなのか?その実例を二本のパンツを例に説明したいと思う。 ルイヴィトンとディースクエアードのパンツ。素材は両方共綿100% …

switle「スイトル」の実機レビュー2

 エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 …

キレート剤と蛍光増白剤。洗剤に入っているもの

 売られている粉末洗剤の多くには「キレート剤」と「蛍光増白剤」が入っている。クリーニング用のワンショット洗剤にも当然ながら入っており、洗剤を構成する助剤としての役割を背負っている。今回はこの知られざる …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...