blog 最新情報

日本消費者連盟が「香害110番」を設置へ 1

投稿日:2017-07-15 更新日:

 日本消費者連盟は期間限定で「香害110番」なるものを設置するというニュースが流れている。

 ニュース内では「香水や制汗剤、柔軟剤などに含まれる人工の香り」によって体調不良などを訴える人が多くなっているとして、この「香害110番」を設置することになったと説明されている。どういうことなのか?

実は原因はハッキリしている

 このぼやかした説明は、特定メーカーや特定の商品に対する指摘を避けるためであろうが、ズバリ言うと「強臭性柔軟剤」の事である。強力なニオイをつける「強臭性柔軟剤」を好んで使う人のニオイに耐えきれない人々の声が、「香害110番」設置の流れを作っている。

 というのも「香水」にしろ「制汗剤」にしろ強いニオイを発する品物はあるものの、全体的に「強臭性柔軟剤」ほど急速に「ニオイ」を強化された感じではない。ゆえに「香害」の声はあるものの、「強臭性柔軟剤」はどではないと思われる。

 では、なぜ近年になって「強臭性」と呼ばれるほど強力なニオイをつける柔軟剤が出回り、使われていくようになったのか。それは皮肉なことに「消臭剤」をはじめとする「除臭グッズ」の台頭と無関係ではない。

目次に戻る

「強臭性柔軟剤」登場のワケ

 柔軟剤の特質について軽く説明しておくと、柔軟剤の「原体」をご覧いただいてもわかるように、成分そのもので競争ができない資材であり、各メーカーが差別化を図っていくには「容器」「色」そして「香り」の3つ以外にはない。

 しかし、容器や色はいずれも「見た目」に過ぎず、顧客獲得後に引き留められるだけの要素としては乏しい。ところが「香り」は違う。その商品でしか出せない「香り」を衣類につけることで、顧客はその香りに慣れ、気に入れば継続して利用する動機となりうる。

 また「香り」は差別化を図りにくい柔軟剤にあって、ほぼ唯一差がつけられる部分であり、かつローコスト(香料は柔軟剤原体より安値)なため、量を増やすのは非常に容易な話で、結果「個性」として強力なニオイ付けをするケースが出てきたからである。

 加えてネット購入や外資系マーケットなどで海外製の柔軟剤が入手しやすくなり、その強い香りを知って、それを好むユーザーが増えたことも「強臭性柔軟剤」の増加に拍車をかけた。

目次に戻る

「強臭」と「消臭」の台頭

 「消臭グッズ」の台頭と「強臭性柔軟剤」の増加について無関係ではないと書いたが、実はある共通項がある。利用者は共にある特定の「ニオイ」を消すことを目的としているのだ。すなわち「生活臭」である。

 使っている人は自身の日頃の暮らしから出てくるニオイの「除去」を、「強臭性柔軟剤」や「消臭グッズ」を用いて行っているという感覚なのである。究極言えば自身の臭いを「悪臭」と捉えているとも言えよう。

 もちろんそれは「消臭グッズ」や「強臭性柔軟剤」の作り手にとって本来の狙いではないし、そうした用途を想定していない。ところが利用者側の中でそのような意図を持って使っているのだ。

 つまりこれらを好むユーザーは尋常ではない量を投入したり噴霧したりして自身の心の安寧を得ているのである。

目次に戻る

まとめ

 このように「香害」、特に「強臭性柔軟剤」の問題は、単に害の有無以上に、現代社会に生きる人々の奥底に潜んでいる、ある種の「病的なまでの「生活臭」への忌避があるのではないかと睨んでいる。

 そうでなければ通常投入量ではあり得ないレベルの「ニオイ」を発する訳がないからである。洗濯しているものから言わせればニオイから考えて「強臭性柔軟剤」の規定量の2倍、3倍入れているだろう量を入れているのは、明らかに異常だからである。

 次回はこうしたことを踏まえつつ、どうして強い臭いを求めていくようになったのかについて考えていきたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報
-, ,

関連記事

究極の生醤油 角長・濁り醤 3年熟成 「匠」

 和歌山県中部にある湯浅町は、醤油発祥の地として知られている。この地で最も古い醸造所である「角長」では「濁り醤」という知る人ぞ知る生醤油を販売している。 角長の生醤油「濁り醤」  (プレミア和歌山) …

パンツに付いている色をYシャツ洗いで取る

 「これ何か色がついてますよ」。渡されたホワイトパンツにはところどころピンクがかった赤い色がついていた。「ついていますよ」とだけ言われたってどうしようもないのだが、振られた以上は取るための対処法を行わ …

Yシャツの黄変

 久々にYシャツ洗いで黄変が出た。  襟以外に胸元、袖部分にあるのだがこれ洗浄不足ではない。というのも・・・・・  タッグ(クリーニング預かり時につける札)にクリーニング用ボールペンで書かれていた文字 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...