blog 最新情報

年金制度が変わるだろう50代未満の対応方法

投稿日:

しょう 「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」という記事を書いていたら、間髪入れずに週刊ポスト「怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる」と巻頭で特集を組んだ。

 これに対し私は「間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事」を書き、漠然とした不安を煽るやり方に疑問を投げかけた。しかし今後、急激な現役世代の減少に伴って、年金受給年齢引き上げの議論が俎上に上がってくることは確実であり、その点で「高齢者年齢を75歳に引き上げ」とすることが、そのための地ならしをしていると取られても仕方がない。

 ただ年齢受給年齢を65歳から75歳へいきなり引き上げるのは、あまりにも突飛であり、反発も激しいものとなることは容易に想像できるため、限りなく難しいだろう。第一、誰もが何ら準備すらできていないのだ。

 そう考えた場合、「まずは」受給年齢を70歳からとすると考えたほうが無難だろう。今回はこの70歳を前提としてどうのようになっていくのかを考え、その対応について考えていきたい。

いつ年金法が改正されるのか

 現在の政治情勢から考えるに「高齢者年齢を75歳とする閣議決定」が行われたとしても、すぐに議論が始まるわけではないだろう。また来年には衆議院が任期満了となるため総選挙であり、正直年金議論どころではない。

 これはあくまで私見だが、そういうことで総選挙の結果はどうあれ、オリンピックのある2020年までにこの議論が俎上に上がってくる可能性は低いのではないかと見ている。となるとその後、2025年までの期間に議論となる可能性が高くなる。

 この時期はオリンピックが終わり、無理をした反動が返ってくるのに合わさる。1994年辺りもバブルの崩壊など、無理をした分返ってきた時期で、小選挙区制移行など後々に大きな影響を及ぼす決定が行われている。 

目次に戻る

どのように受給年齢が引き上げられるか

 年金受給年齢の引き上げの方法についてはいくつか考えられるが、1994年(平成6年)に行われた年金法改正による年金受給年齢の65歳引き上げに伴う過渡的な措置(60歳からの部分支給)が参考になるだろう。

 これは満額もらえるのは65歳で、それまでは60歳になれば一部支給されるというもので、現在は移行期を終えて65歳からの受給となっている。

 この改正による過渡的な措置には20年かかっているが、次に同様の措置を行うならばおよそ10年程度の措置になるものと思われる。つまり2025年に年金法が改正されれば、65歳以上は一部支給で70歳で満額支給となり、今から18年後の2035年には移行期が終了し、年金受給年齢が70歳となるという見立てだ。

 このシナリオならば満47歳以上の人から70歳以上での年金受給となり、満57歳から満48歳までの人は65歳からの部分支給となる見込みとなる。

 ただこれは個人的な推測に基づくものであり、確定でも何でもない点、注意が必要である。

目次に戻る

年金受給まで貯蓄で対応?

 よく老後までに「8桁貯蓄」とか「貯めなきゃアブナイ!」というが、「老後」の規定という土俵そのものをひっくり返されてしまえば、その言葉の意味も半減してしまう。

 また最近出来た企業型や個人型の確定拠出型年金(日本版401k)も、老後を60歳以上と規定して設計されており、そもそも70歳など想定すらされていない。

 第一、企業が未だに60歳を基本的な区切りとしている状態で70歳となってしまっては、退職金やら貯金や私的な年金等々だけで70歳まで「籠城」するのは、多くの人の場合、正直しんどいのではないかと思う。

目次に戻る

年金引き上げの防衛策

 そのため、年金引き上げの唯一の対応策は「働くこと」である。70歳、できれば75歳まで何らかの形で働き、収入を得続けることが重要である。

 またその場合、厚生年金が維持されるならば払い続けたほうがいい。厚生年金は企業と個人の折半であり、自分で払った倍の金額が支払われていることになる。年金をやめたところで企業が個人にその額を払うことはほとんどない。

 ならば払っておいたほうが、企業から年金負担分を支給してもらったことになるのである。また年金は現段階で70歳まで支払うことができるようになっている。

 働いていれば、貯金が目減りするだけの退却戦から解放されるわけで、60歳を越えても働き続けられる場の確保こそが、なによりも重要になってくるわけだ。

目次に戻る

おわりに

 「この上にまだ働くのか!」

 年金話をすれば必ず怒られるのだが、年金受給者の方で貯金を取り崩さず、お金を使わないようにするため、家に篭って何もされないという生活をされる方を何人も見てきた者としては、だったら働いた方がマシだと思うのである。

 実際にそれを口に出したこともある。すると決まって言われるのだ。

 「全くその通りだ」と。

 しかし、その時には「働く」ことを想定していなかったために「働かなかった」だけなのであるこの人達は最初から「働く」オプションがあれば、働いていた可能性が高いのである。

 もちろん貯金は大切である。しかし貯金「だけ」が主力になった場合、多くの人は長く持たないのではないかと思う。ならばそこで気を病むぐらいであれば「働く」といことを最初から視野に持っていると全然変わってくる。

 第一、それで気をもんでいたら病気になってしまう。「健康」と「働く」を中心に据え、その周辺に「貯金」や「資産」、「運用」をおいた生活を行うのが健全ではないかと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報
-

関連記事

ここがダメダメ、役に立たない洗剤評価ランキング

 ネットという所は昔からそうだが、何でもとにかくランキングをつけたがる。それ以外にも「なんちゃら十選」とか「ほにゃらら五つ」なんてものもよく書かれる。そして洗剤もそのような形で評価されているが、自前で …

クリーニング屋が本当に家庭で服を洗ってみる

 私の妻が服の洗い方を教えても、一向にその方法で洗おうとしないので、シビレを切らし、遂に自身の手で洗い方を見せることにした。一度も家で洗濯をしたことがない私が洗った、その模様をレポートする。 Cont …

ドライが水に、水がドライに。私が目指した洗い

 ドライクリーニングで使われているドライ溶剤の上がり(業界用語でいう洗ったあとの質感感触)、水洗での上がりは本来全く違うものである。純毛(毛100%)のスーツを洗えばすぐわかる。「ああ、これは水」「こ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    家を買ったが苦しいので売りに出している人の話  高校時代の友人と話していた時のこと。借金話となり、私の会社の創業以来の借金の金額と返済過程の話をした。無一文で始めたこと、無一文ゆえに運営費用も設備投資も借財からスタートしたこと、一番多いときには月 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家を買ったが苦しいので・・・の続きの話  「家を買ったが苦しいので売りに出している人の話」で、思い切って家の購入に踏み切ったものの身動きできず困っている友人の話を大まかな流れで書いた。  この中で契機となった「リーマン・ショック」を受けての ...

    3度家を買い換えて一軒家を持った家族の先に  「生涯家を三度持つ」とは、家を三度建てないと理想の家にはならないという意味の言葉である。実際問題、建て方や間取りなどといった普段のくらしに常に影響する部分や、屋内屋外の様々な部分のメンテ性を知り抜く ...