switle「スイトル」 家庭でスーツが洗える「スイトル洗い」 家電・機器 最新情報

家庭用湿式掃除機switle「スイトル」の実力

投稿日:2017-05-17 更新日:

 湿式掃除機とは聞き慣れない言葉だろうが、水で床面等を洗いながら吸う掃除機である。ノズルから水を噴射したりしながらその水をバキュームで吸うことによって、カーペットなどに付着なっtした液体系の汚れを取るのである。

 洗浄力はあるのだが、吹付け部と吸引部があるため機構が大型し、手入れも一般の掃除機に比べ面倒なため、日本では一般には普及してこなかった。だが、これをシリウスという日本企業が従来の掃除機に接続するアタッチメント方式を採用して家庭用機器として開発販売することになったのである。

 その機器の名はswitle「スイトル」

開発した二人の鬼才

 この湿式掃除機のアイディアを提供したのは川本栄一氏という広島県の発明家である。この川本氏は長らく家庭用湿式掃除機のアイディアを温めていたが、このアタッチメントを開発したシリウスの亀井隆平氏との出会いによって具現化した。

 このシリウスの亀井氏は元三洋電機の社員で、三洋時代には伝説の米粉パン機「GOPAN」の開発指揮をとった人物である。後に三洋を退社し、ベンチャー企業「シリウス」を立ち上げ、今回この「スイトル」を世に送り出すことになった。

目次に戻る

スイトルの前身

 実はこの「スイトル」。今回始めて世に出た商品ではない。実は以前、川本氏の特許を使い、トヨタがシートの洗浄機として開発していた。だが、工業用であり、一般に出回ることもなく、機器がある程度行き渡ってしまうとそこで頭打ちになったという。

 この当時の機器は扇型の特徴的なノズル部の枝先の吸引部分の中に噴射部が仕込まれており、その噴射部から水が高圧で噴射され、ノズルのバキュームで水ごと汚れを吸う仕組みだった。なぜ私が知っているかというと、その商品の存在をかなり前から知っていたからである。

 この機器は確かによく取れるが機構的に高額であり、家庭ではとても手に届くような代物ではない。そこで川本氏は自身が発明した湿式掃除機の理論を更に深化させ、掃除機の負圧を使った水の吹き出しという機構に辿り着く。水の吹き出しを動力を使わず自立させたのである。

目次に戻る

湿式掃除機の実力 

 このスイトルには使った水を吸い込み、掃除機の負圧で回るサイクロン方式のファンを使って汚れた水と空気を分離させる機構を取り入れたり、と先鋭的な川本氏のアイディアが数多く詰め込まれている。

 それを具現化したのがシリウスの亀井氏とかつて三洋電機の掃除を開発したチームだった。その結果、スイトルは洗練された機構を持つ単独での動力機構用いない家庭用掃除「機器」となった。

 一風変わったこの商品。カーペット洗浄などを想定している。食べ物や飲み物を落としたり、ペットの尿など液体系汚れへの対処である。だが、開発側もまだこの機器の実力を測りかねているところがあり、そういう点で発展途上の機器である。

 どういった部分が「実力を測りかねている」のか。この機器の詳細については改めて書きたい。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-switle「スイトル」, 家庭でスーツが洗える「スイトル洗い」, 家電・機器, 最新情報
-, , ,

関連記事

冷風扇BCF-30Lのメンテナンスについて

 以前「ナカトミ冷風扇 BCF-30Lのメンテナンス」を書いたのだが、使っているうちに新たなことが明らかになったので、改めて冷風扇に関するメンテナンスを中心に書いていきたい。 Contents1 こび …

家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!

 エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 …

水洗で取れない汚れをドライクリーニングで取る

 家の洗濯でなかなか取れない汚れの中に「油汚れ」がある。特に黒い服についた油は取れにくい。これは黒い服の特性に原因がある。  黒い綿の服を洗うのには基本、中性洗剤を用いる。これはアルカリによる脱色を防 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...