家庭用洗濯機 家電・機器 最新情報

家庭用洗濯機の頂点を競え!Joshinwebの企画

投稿日:2017-06-15 更新日:

 家電販売大手の上新電機が展開するJoshinwebで最新鋭の洗濯機で洗浄力を競う「洗濯機頂上対決」なる面白い企画が最近アップされている。

 これは日立のビートウォッシュと、同じく日立の新型ドラム式洗濯機BD-NX120AL、そしてパナソニックの新型ドラム式洗濯機NA-VX9700Lの3台で同じ洗剤を使って汚れ落ちの性能を競うという、なかなか野心的なもので、実質的に日立とパナソニック両者のドラム式のガチンコ対決となっている。

パナソニックのNA-VX9700L

日立のBD-NX120AL

頂上対決の結果

 パナソニックのNA-VX9700Lは11キロ機、日立のBD-NX120ALは12キロ機と、両機もはや家庭洗濯機の域を超えた大きさとドラム径を有し、ともに温水洗浄機能を持つ最新鋭機である。どちらもヒーターで水温を上げるため、電気代はかかるものの、温水洗浄の力は家庭洗濯においては圧倒的な力を持つだろう。

 また大口径のドラムは乾燥機としての機能を果たす際にも大きな力を持つ。このレベルの大きさならばコインランドリーの小型機と同レベルの大きさであり、この点からも家庭用の域を越えていると言っていいだろう。

 さて注目の頂上対決の結果はというと、パナソニックのNA-VX9700Lに軍配が上がっている。汚れ落ちで日立のBD-NX120ALに勝ったのである。違いはどこにあったのかを推測してみると、おおよそ2つの点に絞られる。

目次に戻る

何が勝敗を分けたのか

 あくまで個人的な推測だが、早速2つの点を列挙する。

目次に戻る

ドラムの回転力

 洗浄力を上げるには洗濯三要素(熱、洗剤、機械力)が必須だが、今回のケース熱と洗剤に関しては全く同じ条件であり、そうなると必然的に機械力=ドラムの回転力ということになるからである。

 特にパナソニックは洗濯機の全機種に凹凸のあるスパイラルドラムを採用したりしているため、モーター回転数を日立より上げて洗浄力を高めている可能性が高い。

 このモーター回転数は上がれば上がるほど洗浄力は上がるが、被洗物へのダメージが大きくなる。この按配を決めるのが「洗浄プログラム」で、おそらく日立のほうが機械力に対し抑制的なのだろう。

目次に戻る

泡洗浄方式

 パナソニックは全機種に洗剤を素早く泡立てる機構を採用している。これは洗剤に高圧の水を当てて泡立て、それを被洗物につけて洗うことで汚れの分解促進を狙ったものである。泡になれば繊維に洗剤が触れる面積が大きくなり、界面活性剤が効率よく汚れに反応するという仕組みだ。

 これが業務用水洗機となれば話は別だ。強力な機械力のみで泡立てるのである。一方、家庭用洗濯機は様々な制約の中で創意工夫を凝らしているのである。少々話は脱線するが、下の写真の洗剤量は家庭用粉末洗剤のスプーン2杯である。信じられないかもしれないが本当の話である。

泡立つドラム内

 話を戻すが日立は洗剤の撹拌機能のみなので、この点パナソニックに遅れを取った形となっている。

目次に戻る

まとめ

 上記二点が大きな違いであり、差がついた部分はそこではないかと思う。ただそれは洗剤の使い方でどうとでもなるような差でしかなく(酸素系液体漂白剤の投入で済む話)、実は勝敗自体は大きな話ではない。

 しかし弛みない研究と努力の結果、数々のアイディアを盛り込んだ両社素晴らしい機械をよく送り出したという点を高く評価したい。

目次に戻る

おわりに

 現段階でパナソニックのNA-VX9700Lと日立のBD-NX120ALではBD-NX120ALの方が約3万円ほど安くなっている。私がどちらの機種をお薦めするかという決め手はこの「価格」にある。

 両社の機械は機械的に既に高めているもので、それほど差異があるようには思えない。ここに差があるのなら話は別だがそうではないので、BD-NX120ALを導入して、後は運用で使いこなす方が合理的なように見える。

 ただNA-VX9700Lには数々の素晴らしいアイディアを盛り込んだプログラムや研究成果が盛り込まれているので、その点大いに惹かれるところではある。

 この両機の分析は、また日をあらためて行なってみたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-家庭用洗濯機, 家電・機器, 最新情報
-, , , , , , , , , , , , , ,

関連記事

片付けタイプ 「探すタイプ」とされた人々のお話 1

 「本棚整理から見る片付けタイプ4選」より、捨てる本を探すタイプ、略して「探すタイプ」とされた人々についてのあれこれについて著していきたい。  この「探すタイプ」の人々は元々整理術家気質で、他のタイプ …

ナカトミ冷風扇 BCF-30L レビュー

 冷風扇のことについて度々書いてきたが、このたびナカトミが販売するBCF-30Lを注文し、品物がやってきたので早速レビューを書くことにした。  なお、まだ暑くはないので水は入れず「涼風(すずかぜじゃな …

日本消費者連盟が「香害110番」を設置へ 1

 日本消費者連盟は期間限定で「香害110番」なるものを設置するというニュースが流れている。 参考リンク においでの体調不良を相談、「香害110番」を設置(日本経済新聞) においの悩みに…「 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...