新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報

家庭でできる「よい洗い」を考え抜く 2

投稿日:2017-05-07 更新日:

 エントリー「家庭でできる「よい洗い」を考え抜く 1」で温水と軟水を使って粉末洗剤の使用量を落とす洗いについて説明したが、減った粉末洗剤の能力を補填するための助剤(ビルダー)について考える。

少ない洗剤でアルカリ性を維持する

 粉末洗剤を3分の1にすることで生じる第一の問題はアルカリ剤の減少である。それを補うには別のアルカリ剤を入れれば良い。ズバリ漂白剤の過炭酸である。製品名を言えば花王の粉末ワイドハイターである。直ぐに手に入れられ、値段も安定しているからだ。

 どれ位入れればよいのかといえば50Lの水に3g程度でよい。極めて少量なのでわざわざネットで高額な過炭酸を買わなくとも近くで手頃な量と値段の粉末ワイドハイターで充分なのだ。量が少ないと思っている人は基本、洗剤入れ過ぎなのである。

目次に戻る

液体洗剤を考える

 これまで粉末洗剤のみについて考えてきたが、液体洗剤に目を向けてみる。家庭用の液体洗剤は家庭洗濯で粉末石鹸の使用によって残りがちな石鹸カス(単に撹拌できていないだけなのだが)が出ない点を売りにしたものが多く、洗浄力という点では値段は高いが粉末と同程度という製品が多い。

 当方では酸素系液体漂白剤(過酸化水素水)と弱酸性洗剤、あと中性のリモネン洗剤を持っている。洗剤で一番高額なのはこのリモネン洗剤だ。原体が15キロ5万するので仕方がない。

 酸素系粉末漂白剤を入れたドラムに酸素系液体漂白剤を入れる洗濯法はクリーニング業界では比較的行われている方法だ。それは過酸化水素水が安い部類の材料だからだが、入れるのは温度が40度まで上がってから投入する。比較的早く効果が切れる(即効性)ため、効果的に反応する温度以上で投入すれば少ない量で無駄なく反応させることができるからだ。

 このようにいかに材料を減らしてながら洗浄力を上げるのかを考えて洗っているのである。家庭であれば液体ワイドハイターで代用できる。粉末ワイドハイターの投入分の倍数ccでよい。温度は35度以上が適当である。

目次に戻る

業務用リモネン洗剤とは

 dーリモネンと呼ばれる柑橘系の皮から抽出した物質で、油の一種。原体は燃えるので石油系溶剤の扱いを受けている。発泡スチロール等のプラスチックをよく溶かすので、クリーニング業界では界面活性剤を混ぜた洗剤が販売されている。

 物質自体は以前からあったが、業界で広まったのは今世紀に入ってからで、生活スタイルの変化によって水洗いが増加し、水洗で使える中性の油性落とし洗剤が求められるようになったからである。

 それまでの業界での中性の油性落とし洗剤は石油系とアルコール系が用いられていたが、プラスチックを溶かすほどの油の溶解力を持つリモネンは積極的に用いられるようになった。問題は価格で他の油性落とし洗剤にくらべ倍から三倍するため、躊躇する業者も少なからずいる。活性剤が入っているので洗剤として充分使えるのだが、当方では水洗の油性落とし助剤として投入している。

 こういう洗剤としては高額資材なために、一般的な家庭用洗剤では入れられてはいるものの、本格的な量とまではいえない。だが、それでも一定の洗浄能力があるためリモネン入り洗剤は評判が良いようである。

 私の妻が「ガスコンロ周りの油汚れを落としたい」というので、普段使っているリモネン洗剤を十倍希釈し、キッチンペーパーをコンロの上に敷き詰めてスプレーして放置するように伝えたところ、何もしなくてもベトつきが飛んで大喜びするというくらいの溶解力を持つ。中性のため手袋等を着用する必要はなく、泡切れもよいため水拭き一回でよい。強力なのに手荒れの起こりにくい洗剤である。

 この洗剤が一般向けどころか業界向けレベルでこのクラスのものが大々的に流通できない(高いから)のは残念である。もし、当方が持っているリモネンを入れるのであれば5ccも投入すれば十分だろうと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報
-, , , , ,

関連記事

簡単にわかるタッパーウェア(Tupperware)の話

 私の実家では長らくタッパーウェア(Tupperware、以下タッパー)を使っている。聞けば父の実家からの紹介だったといい、タッパーウェアが日本に入ってきて以来、使い続けているという計算になる。  「 …

家でドライを洗う「だけ」では節約にはならない

 ネット上でよく「お家でカシミアのマフラーを洗って節約しました」とか書かれている事がある。おそらくクリーニング代が「節約できた」という趣旨なのだろうが、洗濯屋から言わせればそれは「節約ではない」。   …

クリーニングの現場から見たユニクロ製品の変遷

 先日、「これからのユニクロはベビー服と靴で勝負らしい」を書いて改めて思ったことだが、ユニクロの製品の中身、例えば「生地」などについて、実際どうなのかについては殆ど知られていないのではないかと感じる。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...