blog 最新情報

家を買ったが苦しいので売りに出している人の話

投稿日:2017-08-01 更新日:

 高校時代の友人と話していた時のこと。借金話となり、私の会社の創業以来の借金の金額と返済過程の話をした。無一文で始めたこと、無一文ゆえに運営費用も設備投資も借財からスタートしたこと、一番多いときには月額100万以上の支払いに達したことなどについてである。

 その流れの中で会社優先のため、家の購入を見送った経緯の話をした。内容は会社自体に内部留保が少ないため、万が一の事があった場合、個人に借財があれば全く身動きが取れなくなることから見送っているといった話だった。すると友人は言った。

「身動きが取れなくなるよなぁ」

 聞くところによれば、購入した家を売りに出しているという。買ってから3年目で売りに出したのだが、それから4年経っても買い手がつかないという事であった。生活は苦しいという。どうしてこんなことになってしまったのか。

始まりはリーマンショック

 みなさん覚えておられるだろうか? 2008年(平成20年)アメリカ発の世界的不況で、この影響は日本にも及んだ。そのため政府は萎縮した経済活動を活性化させるため、様々な政策を打ち出す。そのうちの一つが「住宅ローン緩和」だった。

 簡潔に言えば「頭金なし」でローンを組めるようにしたのだ。これによって冷え込んだ住宅購入の機運を再び盛り上げるカンフル剤とし、更に補正予算によって大幅に融資枠を拡大させたのである。

【頭金なしで住宅ローンが組める】

 友人はこの報に乗った。俺にも家が買えるということで、それまで興味すら湧かなかった物件情報を食い入るように見たという。この時の友人にとって「リーマンショック」は福音そのものであった。

 聞けばマンションは最初から眼中になかったのだという。買うなら一軒家、そう決めていたのである。やがて一つの新築物件とめぐりあい、購入を決意する。

目次に戻る

夢のマイホームが足かせに

 ところが購入して間もなく夢は冷めてしまう。まずローン外の支出がバカにならないからである。それまで賃貸マンションに住んでいた友人にとっては「想定外」のことばかりだった。

 それまではローンのお金のことしか眼中になかったが、現実には割高な電気代や通信費、固定資産税など、友人にとっては予定外の出費が相次いだ。当初予想していた生活よりも様々な費用が重く家計にのしかかる現実に気づいたのである。

 しかしだからといって給与が上がるわけでもない。生活を維持するため、残しておいた僅かな蓄えは目減りしていく。これではいかんということでバイトを始めるような有様だったが、何のために働いているのかわからなくなり、嫌気がさすのにさして時間がかからなかった。そして物件は売りに出された。

目次に戻る

しかし物件に買い手がつかない

 しかし今度は物件が売れない。場所と建物が提示した金額に見合わないために買い手がつかないのだ。ところが友人にとってその金額は容易に下げられない。ローンを完済しなければ次の家に移り住めないからだ。そのため、ローンの大半を払える金額でしか売ることができないのである。

 なぜ売れないのか。なんといっても先に挙げているように場所が悪いということ。逆に言えば場所が良ければ売れるのだが、友人の場合、目一杯背伸びをしてもそういう物件が手に入れられなかったとも言えよう。

 本来ならば物件を買う段階で「売れる物件」であるかどうかを考えなければならないのだが、大半の人は買うことしか考えていないのだという話を不動産取引を行っている方から聞いたことがあるが事実なのだろう。少なくとも友人の場合は「考えていなかった」

 かくいう私も事業をするのにここまで変転していくとは夢にも思わなかったわけで、友人の不明をとやかくいうことはできない。ただ局面の打開は一筋縄ではいかない事だけはハッキリしている。

目次に戻る

おわりに

 友人は一通りの話が終わった後、こう言った。

「73だぞ。73までローンがあるんだぞ。これ、どうやって払うんだ?」

 絞り出すように言う友人に対し、「それを借りたの、君だから」などとはとてもではないが言えなかった。

 実は最初に書いた政府の「住宅ローン緩和策」は概ね歓迎されてはいた。しかし一方で当時、一部の専門家から「日本のサブプライム化」を危惧する声が上がっていたのであるが、その一端を私は目の前で見せつけられた気持ちになった。

 政府の施策については常時観察しているが、人に話すことなどほとんどなかった。ゆえに全く無意味なものと化しているのだが、友人の事情を事前に知っていれば、経緯事情を話すことで、少しは流れが変わったかもしれない。

 こうした流れについては「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」でも見受けられ、緩和策や改正、簡略化などといった「改革」なるものが、果たして是と言えるかについては疑問が残る。

 作用には必ず反作用がある。今回の場合、お金を借りやすくするという「規制緩和」によって、それまで家を買うことを諦めていた人々に夢を見させるという点で良いことのように見える反面、こんな暗黒面も存在するのだ。「規制」には人を守るという側面もあるわけである。

 人にとって「身の丈」ほど難しく、わかりづらいものはない。慎重になるばかりでは展望が開けぬし、突っ走れば思わぬ落とし穴が待っている。そうした中で平静均衡を保つためには、いかに自我を保ちつつ周囲の人々の話を聞くことができるかにかかっているのかもしれない。

 今回は大まかな流れを書いたが、この件については別途、補足詳細について書き足すこととする。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報
-

関連記事

家でドライを洗う「だけ」では節約にはならない

 ネット上でよく「お家でカシミアのマフラーを洗って節約しました」とか書かれている事がある。おそらくクリーニング代が「節約できた」という趣旨なのだろうが、洗濯屋から言わせればそれは「節約ではない」。   …

カシミアベストをスイトルで水洗してみる

 switle「スイトル」を使った純毛毛布洗浄に合わせ、汚れているカシミアのベストも合わせて洗浄してみることにした。その一部始終についてレポートしてみる。 Contents1 汚れたカシミヤベスト2 …

解散総選挙へ 焦点は消費増税の行方のみ

 NHKが「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」と題して、解散総選挙の見通しについて報道している。公明党の山口那津男代表と政府高官(=官房副長官)の話として伝えているもので、事実上9月28日の臨時国会開 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...