最新情報

家を売った筈なのに、ブーメランで戻ってきた人

投稿日:2017-08-13 更新日:

 世の中には当たり前の話だが色んな人がいる。一人として同じ人がいないからこそ人間社会は成立しているのだが、中には複雑怪奇な行動を取る人がいる。

 今回はそんな中、住んでいる家を売ったはずなのに、紆余曲折を経て舞い戻ってきたという摩訶不思議な人の話を書こうと思う。

分譲マンションを売却

 話はその人物が住んでいたマンション物件を売り払った事から始まる。いわゆる「ニュータウン」の分譲マンションを購入するために、住んでいた物件を売却したのである。

 引っ越した理由は、今まで住んでいたマンションの部屋の1.4倍の広さに惹かれたためで、マンションを売ったお金を頭金にして新たなローンを組んで新しいマンションの購入に踏み切った。

 無事物件を売却し、家を引き払ったその人は新たに購入したマンションに引っ越していった。

目次に戻る

なぜか街に舞い戻る

 10年ぐらい経った頃の話だろうか。その人物が思わぬ形で売り払ったマンションがある街に登場する。舞台は売ったマンションの近くにある古いマンション物件で、そのマンションでは建て替え話が浮上していた。

 分かる人にはわかる話だが、分譲マンションの建て替え話というのは非常にデリケートな問題で、直接住んでいる住民の利害に直結するため、落とし所を慎重に探りながら話し合いを進めていかなければならなかった。

 ところがその話し合いの場に何故かその人物がおり、悪いことに建て替えの対立を誘発させてしまうような行動を取ったことから協議は紛糾。最終的には建て替え話自体が流れてしまったという。

 その人物はいつの間にか古いマンションの住民となっていたのである。

目次に戻る

居住ブーメランの謎 

 マンションを売り払って広いニュータウンの物件を手に入れたのに、その人物はどうして売り払ったマンションの近くにある、狭く古いマンションを購入し、わざわざそこ移り住んでいたのか?

 理由は「ニュータウン」にあった。広い物件に入ったものの、モノを購入するにも限られた店しかなく高額で、どこに出かけるにも「ニュータウン」の特質上、遠出を強いられ、暮らしの不便さに辟易としたその人物は、ローンを精算して物件をはたまた売り払ってしまっていたのだ。

 そしてかつて住んでいたマンションの近くにある古いマンション物件を購入し、再び街に舞い戻ってきたのである。そして「騒動」が起こってしまったということだったのである。

目次に戻る

人生はブーメラン

 しかし「騒動」の一件で住みづらくなってしまった人物は、再び思わぬ行動に出る。なんとかつて売り払った物件のあるマンションの部屋を購入したのだ。十年以上の時を経て、その人物は再び売り払ったマンションの住人になったのである。

 住んでいた部屋は相場よりも安値で売却したというのだから、よほど出たかったのであろう。また出戻りしたマンションの購入価格は売却時の1.4倍だったという。これはそのマンションが分譲された時の額よりも高かったというオチが付いた。

 ここまでくれば一体何のために、何がしたくて売り払ったのか意味不明なのだが、その人物はブーメランのように返ってきたのである。何のために物件を買いまくり、散財したのかもよくわからないが、いずれにせよ元のサヤに戻った形となった。

目次に戻る

おわりに

 もはやコントのような話で、作り話なのかと思われるかもしれないが、全て本当の話である。この人物が売り払った家々に、それぞれ知り合いがいたために、偶然にも全て話が繋がってしまったのである。

 だが、この人物が何がやりたかったのか、私には今もってサッパリわからない。だが、軽挙は我が身の為ならず、妄動は他の人の為にもならずということで、戒めという意味では価値のある話かもしれない。

 またマンションにしろ一軒家にしろ、住居を安易に購入したり売り払ったりして身を動かしたりするものではない点を示しているのだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-最新情報

関連記事

Yシャツのしみ抜き料金は適正か?一業者の意見

 最近、お客様がYシャツを持ち込むと、シミの箇所などに応じて「加算料金」を取るクリーニング店が増えているという。外に掲げてある「基本料金」だと思って持ち込んだら、いつの間にやら地域の中で一番高額な料金 …

「香害110番」を設置へ 2 強臭性柔軟剤とは

 前回「日本消費者連盟が「香害110番」を設置へ 1」において、「香害」の実質的な正体が強力なニオイを発する「強臭性柔軟剤」であることを明らかにした。  差別化が図りにくい柔軟剤に個性をつけるため、強 …

うちのネコが夏バテで「くしゃみ」が止まらない

 「クシュン」「クシュン」  ウチで飼っているネコの一匹、コハクがやたらクシャミをしだした。よく見ると鼻水も出ている。食欲はあるのだが、体がだるいらしく殆ど寝ている状態となってしまった。撫でると体が少 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...