クリーニング実践編 クリーニング技術 最新情報

家で洗ったシャツワンピースがクシャクシャで

投稿日:

 妻が洗ったシャツワンピースがクシャクシャだから仕上げて欲しいと持ってきた。あれ?麻の帽子の時に作った仕上溶液を使わなかったのかと聞いたら、「そういう発想がなかった」とのことで、正直「はぁ?」という感じとなった。

 これまで家で洗って、上がりが納得がいかないのなら、どうして使わない、と思うが本人的に麻の帽子と今回のそれが繋がらなかったのだから仕方がない。作業場で仕上げることとした。

仕上溶液を作る

 まず水溶性樹脂剤と綿麻仕上剤を1:1の割合で混ぜ、これにクエン酸を混ぜた水で倍希釈する。その後、助剤を幾つか入れて仕上溶液が完成する。

 この仕上げ溶液を10ml入れ、を加工し、一分間脱水する。

 その結果がこれで、この時点では何も変わってはいない。生地的にクチャ付き易い番手の糸を使っている事も一因だろう。立体成型仕上機で濡れがけ乾燥を行う。

 しっかり伸びた。これが柔軟剤だと小ジワが残る。綿麻仕上剤と成形仕上機の相性が凄くいいことがわかる写真だ。一般的にはなんでも直ぐに柔軟剤を入れたがる傾向があるが、正直綿麻とはイマイチ相性が良くない。

 特に麻製品とは相性が悪く、麻がヨレッとしてしまい、麻の質感が殺された感じになってしまうので、柔軟剤の使用は避けたほうがいいだろう。

目次に戻る

アイロンで手直し

 成形仕上機で濡れがけ乾燥を行なったシャツワンピースは、相当伸びている。

 しかし内ポケットや前立、背中タックや両袖など、仕上げなければならない部分が結構多い。家庭洗濯でどのように考えているのかは分からないが、業者側から見れば手直し対象である。

 内ポケットなどは単独で伸ばさないといけない。

 前立や背中タックを取るだけでも仕上がった感じとなる。この際も蒸気を出すよりコテで固定する方に力点を置いたほうがいい。というのもこの生地の番手(糸の太さ)の特性で、一度シワをつけると取れにくいからだ。それゆえ要所だけ仕上げて終わりにしたほうがいいのである。

仕上った後の状態を見た妻は「買ったときより新調感が出ている」と大層喜んだ。そもそもこのシャツワンピース、無印良品のものだそうだがコストを抑えるため加工資材を始末したのだろう。それゆえ「買ったときより~」状態になる。

 こうしてシワになったシャツワンピースはキレイになった。

目次に戻る

エピローグ

 ある日、家に帰ると妻が開口一番こう言ってきた。

 「あの加工、シワ付かないの?」

  ??? 何のことかと思ったらシャツワンピースの事だった。確かに樹脂剤と仕上剤の成分によって防シワ性は高まっている。加工とまで言わないのは両方の投入量が少ないからである。ハリとコシとヨレ防止が結果としてシワ付きを少なくしているのである。

 「一日着てこれだったらまだ着られる」

 そう言って喜ぶ妻だった。が、実はこのシワ、スチームがあれば殆ど伸びる。スチームを全体にかけた後、服を振って蒸気を逃し、その状態で置くと大体のシワがなくなる。

 これは仕上溶液の「熱可塑性」によるもので、熱をかけた状態では柔らかくなるが、冷めると固くなるという特性から来るものだ。つまりそういうことを全て折り込めば、自ずと仕上溶液しか使わなくなるだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング実践編, クリーニング技術, 最新情報
-, , ,

関連記事

片付ける筈がいつの間にか物が増えるラベリスト

  世の中は矛盾に満ちている。社会を構成している人間そのものが矛盾を体現しているからだろう。片付けを行おうとしている人の中にも、モノを減らすはずが何故かモノを増やしてしまうという人々がいる。俗に言うラ …

クリーニング屋が考えた家での衣料の立体収納

 今から15年以上前の話になるのだが、私の両親が家をリフォームした。実家は分譲マンション。その際、押入を改装してクローゼット化する話となり、その収納法を私が考えることになった。  クリーニングにおいて …

冷風扇BCF-30Lのメンテナンスについて

 以前「ナカトミ冷風扇 BCF-30Lのメンテナンス」を書いたのだが、使っているうちに新たなことが明らかになったので、改めて冷風扇に関するメンテナンスを中心に書いていきたい。 Contents1 こび …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...