blog 最新情報

[DIY]家で使う電気ドライバーの選び方

投稿日:

 「家で使う電気ドライバーはどれを買えばいいんですか?」

 ウチで働いている男性従業員から、そう尋ねられた。この男性は他で正社員として働く傍ら、週に一回、当方にアルバイトとして働きに来ていた。

 最近結婚し、こどもが出来たので組立家具を購入することになったのだが、ドライバーで組み立てるのは大変だと思ったので、電動ドライバーを買おうと考えた。ところが実際にホームセンターに見にいくと幾つもの種類のあった。

 コードレスのもの、インパクトドライバーと書かれているもの、見ていくうちにどれを買えばいいのか分からないという。確かに使っていない人にとっては、その差や選び方が分かりにくいかもしれない。

 そこで今回は家で使う電動ドライバーの選び方について書いてみたい。

工具の使用頻度

 普通の家で「ドライバー」を使う機会がどれぐらいあるのだろうか?基本的に「ほとんどない」と言っていいのではないだろうか。おそらく持ち手や網戸などの緩みを直すために締める程度であろう。

 だが使用度合いは住む建物によって異なる。「マンション」と「一軒家」では「一軒家」の方が使う度合いは高くなりがちだ。これは基本1フロアのマンションと違い、2フロアであったり、窓が多かったり、出入り口が複数あったり、定期メンテナンスがあったりする一軒家との違いによる。

 しかしそれでも使う頻度がどれくらいかを考えれば、年に20回いくかどうかというケースが殆どではないだろうか。基本的に家庭ではドライバーを含めた使用回数は少ない。

目次に戻る

家庭で電動ドライバーは必要か? 

 使用回数が少ないからといって「電動ドライバー」が贅沢品かといえば、実はそうでもない。というのも組立家具を組み立てた経験のある人ならわかるだろうが、ドライバーを使って締め込んでいくと次第に握力がなくなってくる。そして手が痛くなってくるのだ。

 その点、電動ドライバーがあれば簡単に締め込め、手を痛めることもない。もちろん長時間電動ドライバーを使えば話は別だが、そういうプロレベルの作業をすることは、通常の家庭ではまず考えられない。

 握力がなくなることを考えれば、男性以上に女性の方がより電動ドライバーを使うようにした方がよいだろう。使い方さえわかれば、素早くしっかり締め込むことができて、作業が楽になるからだ。

目次に戻る

電動ドライバーをどう選ぶか?

 しかし使う頻度が少ないことを考えると、高い費用を出すことにはやはり躊躇するだろう。使う回数が少ないのだからそれは当然の話だ。そこでオススメなどがホームセンターなどで売っている「100V電動ドライバー(AC電源電動ドライバー)」である。

 この電動ドライバーはコードレスではなく、コードに差し込んで使用するタイプの電動ドライバーのため、コードレスに比べて安いのが特徴である。ホームセンターで大体3000円くらいで販売されている。

ホームセンターでよく売られている

 これより小型のAC電動ドライバーもあるが、そちらよりもこの大きさのものの方がよい。というのも一定のトルク(ネジ回しの駆動力)があるため、多少の穴あけ(木工やミリ厚の薄い鉄板)までがこなせるからである。

 価格と能力と汎用性、そしてそれなりの「持ち」を考えて、この大きさの「100V電動ドライバー」をおすすめする。

目次に戻る

どうしてコード付きなのか?

 ただ単に「安さ」だけで「100V電動ドライバー」をオススメしているのではない。使用頻度が少ないホームユースでコードレスの電動ドライバーを持つ意味が少ないことが主要因である。

 確かにコードレスは線がなく、どこにでも持っていくことができるため扱いやすい。特に高所作業などではコードレスの恩恵をフルに受けることができる。しかしそれ以上のデメリットがある。「バッテリー」だ。

コードレス電動ドライバー

 このバッテリーは定期的に使って充電しなければ劣化してくるのである。特にホームユースで売られている電動ドライバーのバッテリーはそれが顕著で、年に数回使うかどうかの用途でコードレスを買うと、殆ど使ってないのに使えなくなってしまった、ということになりかねない。

 その点「100V電動ドライバー」はそういった心配は全く無い。コードの取り回しの問題はあるが、基本的にダメになる部分はモーター部だけなので長く使うことができる。家で使うには安く長く使えるのでうってつけなのである。

 ただ家でウッドデッキを作るとかといった本格的なDIYをやるというのであれば役不足なので、その場合は14.4V、あるいは18Vのコードレス電動ドライバーをおすすめする。

目次に戻る

電動ドライバーの注意点

 「100V電動ドライバー」を使うにあたって幾つかの注意点があるので、この点には留意しなくてはいけない。

目次に戻る

こまめにコードを抜く

 これは節電のためではなく安全のために行うもので、電動ドライバーに限らず電動工具を使う際には、一工程ごとに「コードを抜く」のが基本である。

 電動ドライバーを下に置く度にコードを抜くのは面倒なことだが、何かの拍子に動き出せば大変なことになる場合がある。電動工具には常にリスクがあることを頭に入れて使わなければならない。

目次に戻る

良いビットを選ぶ

 「ビット」とは電動ドライバーに取り付けるドライバービットのことである。安いものやセットものを選ぶのではなく、バラのものを選べばいいだろう。メーカーは「ベッセル」でいい。

 選ぶビットはプラスNo.1とプラスNo.2の二種類で、これがあれば殆どのネジに対応できるだろう。

ネジの大きさの一覧表 No.1か2で事足りる

目次に戻る

プラス穴にあったビットを使う

 一般用途ではプラス穴はNo.0~No.3まである。そのうち家庭では1と2が使われる事が多い。この穴に合わせたビットを選ばなくては、通称「ナメる」というプラス穴を潰してしまうことになる。

 これをやるとネジを外したりするのが大変になるので、事前にビットに当ててプラス穴の大きさを確認しておいてから作業を行うことが大切である。

目次に戻る

その他のものは必要になってから買う

 木工用ドリルや鉄工用ドリル、マイナスビットや六角ビット、ボルト閉めなどのソケットなどは必要になってから都度買うようにする。セットものを買っても使わないケースが殆どだからである。

 また、そうしたものを購入する場合も基本「バラ」で買ったほうがいい。なにぶん使う頻度が少ないのだから。

目次に戻る

使う際にはしっかり押さえる

 電動ドライバーを使う際には、プラス穴にビットを合わせ、体重をかけて体でしっかりと押さえてから回すようにする。これによってビットが穴を潰す「ナメ」を防ぐことができるようになる。

 決して「手」や「腕」の力だけで抑えようとしてはいけない。体という「面」を使って押さえるクセをつけるようにする。

目次に戻る

おわりに

 家庭においては使う頻度が圧倒的に少ないものの、あれば役に立つ「電動ドライバー」。使う頻度が少ないので割り切った買い方、使い方をするのが「吉」であろうと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報
-, ,

関連記事

台所の油汚れをリモネン洗剤のスプレーで取る

j 電磁調理器を使って鶏ガラの出汁を取った。そもそもこの電磁調理器、妻は使いたがらず、例によって「要らない」と言い出して「ポイポイ」される運命だったのを、私が自分の食事の出汁を取るために残させたもので …

漬け込み洗いを過去のものにするハイブリッド洗浄

 毛や絹などを水で洗うため、古くから行われている「漬け込み洗い」。水溶性の汚れは取れるものの、風合いや型崩れを起こしやすく、素材形状によっては元に戻せないものがあるなど、問題点も非常に多い。  これを …

スイトル洗いで洗浄した毛布が大好きなネコ

 先日、毛100%の毛布を実験的に洗浄したが、今回はその後日談である。 switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 1 switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 2    この …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...