blog シンプルライフ ライフスタイル 最新情報

家からウタマロクリーナーが消えた日

投稿日:2017-06-04 更新日:

 風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・

情け容赦なく捨てる

 私の妻は「要らない」と思った瞬間、すぐに捨ててしまう。結婚当初、整理ができない自分にイライラした挙句、「そうだ!捨てれば片付けなくても済む!」と自分の卒業アルバムから捨てたような経緯があり、捨てるのに全く躊躇がない。

 少し前などお金をかけて買ったスマートフォンをいじくって、少しでも操作性に違和感があると思った瞬間「要らない」といって投げつけてしまうくらいなので、洗剤一つを捨てること自体ごく当たり前の話である。ダメと思ったものを我慢して使う事の方が「ムダ」だと感じるのだ。

 が、なぜ悪い噂のない「ウタマロクリーナー」を捨てたのか。普通に考えて、知ってないと買わないだろうこの石鹸を使用途中で捨ててしまったことについて問いただしてみた。

目次に戻る

ネットの評判

 妻が「ウタマロクリーナー」を買った動機は、ネット上での評判の良さからだったという。つまりネット上の口コミが購入動機だったのである。使用感自体も違和感があるものではなく、至って満足だったらしい。

 ネット上の噂の広がりというのは今やメディアの宣伝力を上回っている部分があり、そういう話を妻がキャッチしたのだろう。確かに一般人の使用感のレポートは信憑性が高く、例えばブログの読者であれば「試してみよう」という気にもなるのはわかる。

 私自身、ウタマロ石鹸は取れるとの話は同業から関東の業者から聞いたことがあったので、妻が家で使っていること自体違和感がなかった。ただ私が仕事で棒石鹸(洗濯業で昔から使われている石鹸)を使う趣味がなかったので「取れる」との話を聞くだけで終わりだった。

目次に戻る

捨てるきっかけ

 契機になったのは二つあって、一つはシャワー用軟水器「アクアソフト」の導入だった。軟水によって浴槽に汚れがつきにくくなったのである。これは俗にいう「水アカ」成分が軟水器で除去されたために、そもそもつかないからである。つかないなら要らない、実体験でつかないことを確認したから捨てたという訳だ。

 だが、必要な場合も出てくるのでは?と聞くと「洗濯の洗剤を使うから大丈夫」と返ってきた。この洗剤は当方がカスタムした「弱酸性洗剤」で、洗濯用途以外にも我が家では希釈して台所用洗剤としても使っている。弱酸性でピンと来る人もいるかもしれないが手荒れが起こらず、高いすすぎ力を持っているので妻は気に入って使っている。

これが弱酸性洗剤の原体。

 しかもこの洗剤、濃縮洗剤を越えた濃縮度(スーパーコンク)なので相当濃度を薄めているにも関わらず(150ccに一滴レベル)、強力に油脂を分解するため、売られている台所洗剤を使う気になれないらしい。で、この洗剤を台所で使う濃度より更に落としてスプレーすれば拭き掃除にも直接使えることをアドバイスし、台所用に薄めたものを更に薄めて使ったら、「これでいける」となったそうである。

目次に戻る

洗剤一元化がシンプルライフ

 ものを一つで行えればそれは効率的で無駄がない。台所用洗剤、浴室用洗剤、洗濯用洗剤、住宅用洗剤より性能が「上」であれば、それだけを使うのがベストでものを揃えなくてもいいから、管理しなくて済む、というのが妻の考えだった。

 同時に「上」じゃないと意味がない。あまり使えないものを我慢して使えると言いながら使うのは歪であるというのである。無理なく必要なものを必要に応じた分だけ用意する暮らしがベター。その結果が洗剤の一本化だったということらしい。

 私は洗剤に関してはどちらかと言うと用途に合わせた専門資材を使い分けたい方だが、妻の方はそもそも強い汚れを取らなければならないほどの強い洗剤を使わないよう、日頃から環境を作ることのほうが大切で、オールマイティーな洗剤で事足りる暮らしをするべきだと力説して話が終わった。

 人にはそれぞれ考え方があるが、それが妻の考えだった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, シンプルライフ, ライフスタイル, 最新情報
-, , , , ,

関連記事

ドライクリーニングの歴史 5 雌伏期

 様々な葛藤や対立を内包しつつも高度経済成長の風を受け、急成長を続けるクリーニング業。しかし海外から突然「待った」の声がかかった。「オイルショック」である。 Contents1 業界の停滞2 明暗3 …

スーツに付着した接着剤を綿棒を使って取る

 洗った後のスーツのポケットに何やら白っぽいものが・・・  実はこれ、接着剤なのである。接着剤が付いた状態でドライクリーニングをすると、接着剤の表面部のみを溶かして白っぽく見えるのだ。  接着剤を取る …

本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非

 クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...