blog シンプルライフ ライフスタイル 最新情報

安いから買わない。必要だから買う

投稿日:2017-06-08 更新日:

 妻が買ってきたスライサーが気に食わないとボヤいていた。なんでも以前使っていたものがダメになったので、同じメーカーの同じような型が値引きされていて安かったので買ったそうである。ところが買ったスライサーはマイナーチェンジしており、スライスした先から詰まるらしい。

 「ダメだったかなぁ」

 スライサーの出来の悪さに買ったことを後悔していた。税抜1580円。それが高いか安いかは知らないが「安いから」が妻の判断力を鈍らせたのだろう。特に意識せず買い物カゴに入れたのが仇となったわけである。使えないからと、ウタマロクリーナーの一件同様、もう処分することしか考えていないのであった。

「必要だから買う」ということ

 今回のスライサーの件、必要だったから購入した。ところが購入動機が「従来よりちょっと安かった」というのがマズかったのかもしれない。

 「安い」というのは買うのに強力な動機である。この際買おうという気にさせる。更についでだから買っておこう思わせることさえできる。商売をする側(私も含めて)にとって「安さ」は売上を上げる手っ取り早い武器だ。

 逆に買う側の方に立てば、普段閉めている筈の蓋が開けられてしまう可能性のある「魔力」であるともいえる。普段なら某かのカンが働いて躊躇するところ、安さで封印されてやられたというわけである。

 必要だから買うということの難しさを考えさせられる一件だった。

目次に戻る

安さで心動かさず

 普段、気をつけている人間でさえこんな有様なのだから、そうでない人はついついやってしまうことが多いのではないかと思われる。自制してちょうどいいと思うくらいでないといけないということだ。世の中は誘惑で溢れている。

 安ければついついモノを買ってしまう。かくいう私も仕事の資材を安いということで、一括購入していた時代があった。多い資材で半年以上の在庫分を買ったこともある。ところがその資材、会社から見れば「お金」でもあり、モノを大量に買うことは結局はお金が寝るということになるため、あるときから安さに目を瞑って買わないことにした。

 結論から言うと「良かった」。資材の場所を確保せずにすみ、在庫確認の手間がなく、最低限必要な金額しかお金は出ない。一見、安くまとめて買ってコストを落とすことが経費削減策のように思えるが、売上減・コスト増の時代にそれは有効打となりえなかった。

 なぜなら収入が減っているのに、減った分以上の資材を購入した形になってしまい、長期間事業資金が寝てしまうからである。そういうとき本当にすべきことは、お金のサイクル(入ってくるお金と出て行くお金のつりあい)を小さくすることだった。

目次に戻る

安さが節約とならない

 「安さが節約とならない」ことを知れば、必要なものについて自ずと考えるようにならざる得ない。これは月間どれぐらい使うのか、あれは年間どれくらい要るのかなど、具体的に考える契機となるわけだ。当方では円単位の資材まで(紙テープなる10巻300円程度のものまで)締日を念頭に置きつつ、注文を行っている。

 このような視点から考えたとき「安さ」は二番目になるはずだ。常に「必要なもの」が一番だったなら、「安さ」はその次の話になるわけで、値段に目移りしなくなる。値段は重要だが、それ以上に今「それが必要か」の方がもっと重要で、その意識があればチラシもセールも気にもならなくなるだろう。

 「必要なもの」の基準は千差万別で曖昧模糊としている。しかし重要なのは基準ではなく、手が止まる、足が止まることであり、一歩引いてモノを考え、立ち止まるという心の余白こそが「必要なもの」なのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, シンプルライフ, ライフスタイル, 最新情報
-, , ,

関連記事

スーツに付着した接着剤を綿棒を使って取る

 洗った後のスーツのポケットに何やら白っぽいものが・・・  実はこれ、接着剤なのである。接着剤が付いた状態でドライクリーニングをすると、接着剤の表面部のみを溶かして白っぽく見えるのだ。  接着剤を取る …

パナソニックのドラム式洗濯機のプログラム分析

 先日、、「家庭用洗濯機の頂点を競え!Joshinwebの企画」においてパナソニックの最新機種NA-VX9700Lに軍配が上がったが、パナソニックのドラム式洗濯機に搭載されている「泡洗浄W」「40℃つ …

家庭洗濯でアイロンレス仕上げの研究を行う 1

 「アイロンレス」仕上げと言ったら手抜きに聞こえるかもしれない。だがクリーニング業界では長い間「手抜き」ではない「アイロンレス」仕上げの研究が行われている。  例えば仕上げ器具という「仕上治具」を使い …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...