クリーニング資材 シンプルライフ 最新情報

台所の油汚れをリモネン洗剤のスプレーで取る

投稿日:

j 電磁調理器を使って鶏ガラの出汁を取った。そもそもこの電磁調理器、妻は使いたがらず、例によって「要らない」と言い出して「ポイポイ」される運命だったのを、私が自分の食事の出汁を取るために残させたものである。

 というのも、長時間一定火力で煮なければならない「鶏ガラ出汁」の作業は、ガスコンロより電磁調理器の方が安全で確実、かつタイマーをセットしておけば、その場に立ち続けてなくても良いので合理的な方法だと思う。

 このように「使えないもの」を使えるように活用するのも「整理術」であり「片付け術」でもあるが、妻にとってはやはり「ポイポイ」の方が考えなくても済むという点で、そちらの方に思考が向くようだ。

 話は脱線したが、その出汁を電磁調理器で取ったのはよいが、当然ながら出汁を取るために周囲は油が飛び散ったようになる。またダシを取った鍋もベタベタだ。そこで「ハッ」とした。あれを使えばいいじゃないか!と。

出汁を取った後の電磁調理器。油まみれである

リモネン洗剤のスプレー

 実はスイトル洗いの研究で、事前処理に使うリモネン洗剤の濃度の研究で作ったスプレーがあった。この時作ったのは20倍希釈のもので、それが余っていたのを思い出したのである。

 私の家では既に当方で洗濯に使っている弱酸性液体洗剤を水で希釈して台所洗剤として使っている。これでも大概の油汚れは取れるのだが、リモネン洗剤の方がより強力に油汚れを取る。そこで出汁取りで油にまみれた電磁調理器にリモネン希釈溶液をスプレーして、油汚れをとってみようと考えたのだ。

 方法はキッチンペーパーを電磁調理器の上に敷き、その上からスプレーする。本当は新聞紙で十分なのだが、新聞を取ってないのでないため、勿体無いがキッチンペーパーで対処した。

キッチンペーパー上からスプレーする

目次に戻る

鍋にもスプレー

 電磁調理器は放置して、鍋にもスプレーをする。中も外もスプレーする。結果は吹き付けたそばから油が分解されていくのが分かるレベルで、この程度の油汚れは余裕のようだ。

 今度はスプレーした鍋は放置して、電磁調理器のキッチンペーパーを外して、そのキッチンペーパーで電磁調理器を拭き、その後で水で濡らしたキッチンペーパーで拭いた。これで洗剤は抜けたので電磁調理器の掃除は終わった。

拭いた後の電磁調理器。油汚れは抜けた

 続いて鍋の洗浄だが、こちらはスポンジで全体を軽くこすって終了した。スプレーで油汚れが全部分解されていたため、力をかける必要がなかったからである。こちらの方は水で軽くすすいだ。

 このリモネン洗剤は洗濯でも濃厚な融解力を持ちながら、軽快にすすげて残らないのだが濃度が低かったこともあり、台所の場でも同様な効力を発揮した。

目次に戻る

洗濯と台所の境界線はなし

 このように当方で使っている洗剤は洗濯に留まらず、台所でも十分以上の活躍ができることが改めて実感できた。配合した時点では洗濯のことしか考えていなかったのだが、実際に使い出すと家庭内全てのシーンで使える。

 普通「台所用」「風呂用」「生活用」などに分けられている洗剤が「洗濯用洗剤」に集約できるなどと言われても「何言ってるの?」状態だろうが、圧倒的洗浄力と安全性を両立させていれば、何も違和感なく使えるのである。

 それに作った人間が言うのも変だが、このような「素手で使って問題なく」「簡単、かつ強力に油汚れを取る洗剤」は現在市場で出回っていないのではないのではないか?と思う。

 それに水拭き回数が少ない点も珍しいのではないかと思う。これは「すすぎ性」に拘ったことから始まったものなのだが、掃除という分野では思わぬ形で効力を発揮している。

 リモネンパワーは多くの人が知っていることだが「真のリモネンパワー」を知るものは、販売側を含めまだまだ少ないのではないかと思う。第一、プラスチック容器の蓋を融解させるレベルの濃厚なリモネンなど販売されていませんから。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング資材, シンプルライフ, 最新情報
-, , , , , , ,

関連記事

冷風扇BCF-30Lのメンテナンスについて

 以前「ナカトミ冷風扇 BCF-30Lのメンテナンス」を書いたのだが、使っているうちに新たなことが明らかになったので、改めて冷風扇に関するメンテナンスを中心に書いていきたい。 Contents1 こび …

純毛の毛布が家庭で水洗できるという意味

 switle「スイトル」にウェットクリーニング用途の水性の洗浄液を組み合わせ、毛100%の毛布を実験的に洗浄したが、私が当初予想した以上に成果があった。 switle「スイトル」で純毛100%毛布を …

ナカトミ冷風扇 BCF-30L レビュー

 冷風扇のことについて度々書いてきたが、このたびナカトミが販売するBCF-30Lを注文し、品物がやってきたので早速レビューを書くことにした。  なお、まだ暑くはないので水は入れず「涼風(すずかぜじゃな …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...