ネコくらし 冷風扇 家電・機器 最新情報

冷風扇への誤った理解と真の性能について

投稿日:2017-06-04 更新日:

 今年も夏がやってくる。当たり前の話だが暑い季節がやってくるのだ。私もクリーニングという仕事上、40℃近い灼熱の中で仕事をこなすことになるのだが、そのおかげか暑さ耐性がついてしまって、毎年家の中でクーラーをつける機会は10日程度しかない。

 ところが今年は日中おうちでお留守番をするネコのため、何らかの空調設備を行わなければならないと考えるようになっている。実は去年、こたつが封印されてしまって、これといった暖房機器を使っていない我が家に、ネコの暖を取るため、お店で使っていた石油ファンヒーターが導入された経緯があった。ウチでは人間の為ではなく、ネコのために空調機器が整えられるという、なんともな状況となっていた。

 冬は石油ファンヒーターで乗り切ったが、夏はどうするのかで注目したのが「冷風扇」という機器だった。

どうして冷風扇?

 当方の住んでいるマンションの部屋は分譲貸しで、行なったリフォームが下手で、家の間仕切りもできない中途半端な仕様となっており、部屋を仕切った空調が実質できないようになってしまっている。また分譲貸しのためにリフォームもできない。

 空調と言えば普通はクーラー。一部屋だけをネコの部屋と割り当てているならば、それを仕切ってクーラー設備を行えるが、ネコの動きのために広さを確保すべく、廊下部を含む玄関部や洗面所周りまでをネコエリアとし、キッチン部より奥をラティスで仕切っている状態。

 これでクーラーなどつけようものなら、全部屋ツーカー状態でクーラーはフル回転し、効かない上に電気代ばかりかかるという状態になる。もちろん最近は全部屋冷却という発想もあるが、それをするには最低2馬力のクーラーが必要となり、そこまでやる必要性があるのかという話となる。

 そこで開放スペースで冷却する機器である冷風扇となったのである。

目次に戻る

冷風扇の仕組み

 冷風扇とは水の蒸発するときに出る「気化熱」を使った冷却機器である。よって冷風機(クーラー)とは根本的に構造が異なる。クーラーの構造の話は割愛するが、要は冷えた金属のフィンに室内の風を当てて空気を冷却する構造なのがクーラーで、それゆえ冷やし続けるため密室でなければならない。

 それに対して冷風扇の場合は水の蒸発する力で空気を冷やすので、開放型でないと水が蒸発できず(飽和状態となる)冷却能力を失ってしまう。そのため水が蒸発し続けることができる環境を作るため、常に新しい空気が入ってくる開放型とするか、あるいは湿気の取られた空調がきいた部屋でなければ能力が生かせないのである。

 これを「安いクーラー」のように考えたり、「自然な風の方が冷えなくてよい」と思って購入したため、後でこんなはずではなかった的な意見となってしまうのだ。前者は「冷風」という漢字に眼を奪われ、後者は何が自然なのかが分からなかったという悲劇である。

 特に「自然な風」派は、クーラーの風も冷風扇の風も人工的な風(ファンの風)であるという理解が足りず、かつ空気自体は自然のものという自覚がないという無知からきている発想なので、「自然」とか「人工」といった概念を一旦捨ててから、ゼロベースで考えるべきだろう。

目次に戻る

誤った理解が普及している理由

 ただ、そういった人々の固定概念だけが冷風扇の誤った理解が広がっている理由ではない。端的に言うと理由は二つある。一つはネット情報の発信者の無理解、もう一つは機器の全体的な能力不足である。

目次に戻る

ネット情報発信者の無理解

 ハッキリ名指しして申し訳ないが、例えば冷風扇で検索上位に上がってくるこのサイトなぞは、無理解の極みと言っていいだろう。上で書いたように開放型の環境下で使ってこそ能力が高まる冷風扇を「使うと湿度が上がる機器」だと思いこみ、氷で冷却するものだと勘違いして紹介しているのだ。

 機器の仕組みを理解していないのに、機器を紹介している時点でナンセンスである。検索サイトも情報精度云々というのなら、こういう無理解な情報こそを排除するべきだろう。

目次に戻る

機器の能力不足

 日本の家庭事情が大きな要因だろうが、小型で安価でスタイリッシュ、かつ静音を意識した機器を作らなければならないために、一般向けに販売されている機器の殆どは冷却能力に必要なだけの構造を持ちえない「なんちゃって冷風扇」状態になってしまっていることである。

 それはもちろん各メーカーは分かっている。しかし「一万円以内で、邪魔にならず静かでスタイリッシュな冷風扇」を求める層が大きいため、それを作って販売しているのが実情と言って良いだろう。

 これはメーカーの責任だけではなく、一種の「冷風扇」幻想みたいなものが購入層を覆っていることも原因と見て良い。大体、機器の構造を理解できていないまま、「クーラーではないから一万円以内」などという発想自体が誤りなのだ。本当の冷風扇は一万円以内で出来るようなものではない。

目次に戻る

冷風扇の構造原理

 冷風扇と似た原理で広く使われている機器に「クーリングタワー」という冷却機器がある。これは冷却水を上部からハニカム構造(蜂の巣構造)の樹脂にシャワー状にふりかけて、最上部にあるファンの力で下から上に抜ける風を作って水を冷却するシステムである。

クーリングタワーを使った水の冷却方法

 このシステムで水温は5℃程度程度下がる。かつてタワー冷却を使っていた身としては、この5℃は夏の暑い季節の際には貴重な冷却力となる。また水というのは尖ってはいないが力のある冷却力を持つ液体で、冷却液の切り札とも言えるのだ。

 冷風扇はこのタワーの冷却法と基本的には同じ構造でその冷却原理を用いる。違うのは冷却した「水」を使うのか「空気」を使うのかの違いでしかない。そこで業務用冷風扇の構造を見てみよう。

業務用冷風扇の構造。(静岡製機株式会社のサイトより)

 農機具メーカーの静岡製機が以前より長年出している業務用冷風扇RFSシリーズの概要図。分厚い冷却エレメントに水をシャワー状に流し、強力なファンで風を通すことで水を蒸発させる。

 一番小さなRKF303でファンの大きさは30cm、水の蒸発量は4Lと、一般的に売られている冷風扇なとど比べるまでもない強力なパワーで風を強制冷却させるのだ。このRKF303で市場価格およそ10万円である。

RKF303。36kgある

 これを見ても分かるように、水を保水する分厚いハニカム構造の冷却エレメントと、その水を乾かしきるだけのファンがない冷風扇は「冷風扇ではない」のである。

 一度ホームセンターなどで冷風扇を見られるがいい。とてもではないが「冷却エレメント」などといえる代物などついていないだろう。それは静音を求められるため、エレメントにつく水を乾かし切る風を作るファンの力がないため、そのようなエレメントが最初から付いていない、いや付けられないのである。

目次に戻る

さいごに

 少し辛口に書いてしまった気もするが、やはり冷風扇とその構造に対してキチッとした理解が必要ではないかとの思いから、つい出てしまった。少なくとも構造と原理についてだけでも検索サイト上位に出て、知られるようになって欲しいところである。

 話は戻るが冷風扇に関してだが、業務用に関してはあらゆる意味で「大物」過ぎて、我々一般人には持て余す部分があるので(それでも個人で使われている人がおられる)、一般向け販売からキチンとした冷却エレメントと強いファンを持つ機種を選定することとしようと考えている。

 次回は、冷風扇の構造についてより詳しく迫り、その上での機器選定について書いてみたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-ネコくらし, 冷風扇, 家電・機器, 最新情報
-, , , , , , , , , ,

関連記事

カシミアベストをスイトルで水洗してみる

 switle「スイトル」を使った純毛毛布洗浄に合わせ、汚れているカシミアのベストも合わせて洗浄してみることにした。その一部始終についてレポートしてみる。 Contents1 汚れたカシミヤベスト2 …

洗濯機メーカーの洗剤濃縮洗浄プログラム

 古くはミーレ、ワールプール、エレクトロラックスの外国メーカーが先鞭をつけ、90年代に入ってシャープが拓いた家庭用ドラム式洗濯機市場は今、パナソニックと日立の両雄が立ち、両者しのぎを削っている情勢だ。 …

麻のレディース上下の汗の黄ばみを取る

 夏の時期になると必ずクリーニングに出てくるのが麻製品だ。この麻という素材は厄介で、破れやすく痛みやすく汚れやすい素材である。だが、ある種その「痛み」や「褪せ」の部分までも風合いの要素の一つを構成して …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...