blog 最新情報

今年の夏はクーラーを一度もつけずに終わりそうだ

投稿日:

 8月も半ば、高校野球も始まり、盆休みに入る。ここが日本の暑さの折り返し地点である。6月後半から8月半ば、そして8月半ばから10月始め、これが近年の「夏」である。

 この時期、仕事場ではクリーニングという職業上、蒸気を扱うため非常に湿気が多く、かつ熱源が多いので非常に蒸し暑い環境下に置かれる。特にクーラーが壊れた状態なので、場所によっては40℃近い温度になっている。

 ただ今年はナカトミの冷風扇「BCF-30L」を2台導入したことや、昨年よりは気温が低いこともあって、作業場の方は暑さの山場を乗り越えられそうな状態。

 また家の方でも作業場と同様にナカトミの冷風扇「BCF-30L」を導入したことにより、クーラーをつけることなく夏場を終えそうだ。どうしてクーラーがあるのにつけないのか。

暑さ耐性がつき過ぎて

 クーラーがあるのにつけないのは、電気代をケチるためでもなければ何らかのポリシーがあるわけでもなく、ただ単にクーラーをつければ体調がおかしくなるから、という理由による。

 クーラーをつけると、どういう訳かクシャミが止まらないのだ。理由は2つ考えられる。一つ目はクーラー内部のフィンがカビなどで汚れていて、それに鼻が反応している。もう一つは暑さに慣れてしまい、急に涼しい所に入った場合、体がついていけない。

 どちらなのか、どちらもなのか、どちらでもないのかはわからない。しかしいつの間にやらクーラーに弱い体質になってしまったようである。一方、妻の方はといえば、夏場でも部屋を締め切らなければ寝られないという、変わった性質。

 こういう理由によって、我が家ではクーラーがついていない。

目次に戻る

街の空調が効きすぎて

 私は日頃、車で家と仕事場の間をルート配送を兼ねて往復する日々を送っている。それゆえ電車に乗ったり、バスに乗ったりすることが殆どなく、それゆえどこかに出かけるという機会も皆無である。

 が最近になって、会合に呼ばれたり、イベントに参加したりと、いわゆる「繁華街」に出かけることが度々あった。その際に思ったのが「クーラーが効きすぎている」点だった。

 まず建物ごと冷しているので、冷房がきつい。その上、部屋を冷房するものだから、更に冷える。確かに汗はかかない。かかないが、そのかわり体の節々が痛くなる。そして気だるさは一日続き、体調が戻るには2日寝なければならない。

 私の体は全くクーラーを受け付けなくなってしまったようだ。

目次に戻る

クーラーを使う環境

 このような理由で我が家ではクーラーがついていない。設備したのに勿体無いようにも思えるが、来客があった場合などに使う機会があるかもしれないので、使うべき時に使えばよいだろう。

 しかし私のような「暑さ耐性」のつく環境にいる人とは違う人。例えばオフィスビルなどに勤めている人であれば、家でクーラーをつけないと暑さで体がおかしくなる可能性が高いのではないかと思う。

 というのも自分の体験からだが、人間というものは急激な環境の変化にはついていけないのではないかと考えるからである。しっかり冷房が効いている環境下で慣れてしまうと、例えそれが寒いと感じたとしても、家でクーラーなしの生活はできないのではないだろうか。

 つまりクーラーのない環境に慣れている人間は相対的にクーラーに弱く、クーラーのある環境に慣れている人は逆にクーラーのない環境には弱い。なんでもそうだが人の「慣れ」というのは恐ろしいものである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報

関連記事

ピンクの綿のニットの移染した色を取る

 作業終了間近、ピンクの綿ニットを仕上げしていたらなにかおかしい。まだらに薄く青い色がついていたのである。 まだらに青色が薄っすらついている  これは・・・・・ このピンクの綿ニットは水洗で「黒物」と …

パンツに付いている色をYシャツ洗いで取る

 「これ何か色がついてますよ」。渡されたホワイトパンツにはところどころピンクがかった赤い色がついていた。「ついていますよ」とだけ言われたってどうしようもないのだが、振られた以上は取るための対処法を行わ …

汚れた麻のワンピースを水洗処理して仕上げる

 品質表示のない衣料が時々出る。今回のオフホワイトの麻のワンピースもそうだった。 大変汚れた麻のワンピース  麻は綿よりも着ていくうちに繊維が弱くなる傾向にある。紫外線の「焼け」に弱いのだ。番手の細い …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...