blog 最新情報

上がるか、維持か、下がるのか。消費増税の行方

投稿日:

 暮らしの中で常日頃から支払っている税金「消費税」。もっとも身近で、もっとも厄介なこの消費税について、最近様々な憶測が出ている。

 2019年10月に10%に引き上げられる予定の消費増税が再び延期されるのではないか、あるいは「引き下げ」が検討されるのではないかという話が一部で出回っているのだ。

 これに対し内閣改造を終えテレビ番組に出演した安倍晋三首相は、これまで2度延期されている消費税率10%への引き上げについて「予定通り行っていく考えだ」と明言した。

 首相、消費税10%引き上げ明言(共同通信)

 今から2年後に引き上げられる予定の消費税の話がどうして今頃出ているかというと、自民党の若手議員有志が党本部を訪ね、消費税の引き下げを含む経済政策の「提言書」を二階俊博幹事長に手渡すなど、消費税に関連する動きが活発化していることによる。

 消費税10%は凍結を 自民若手が財政提言(産経新聞)

 また提言書には「経済のパイを大きくすべし」という内容が盛り込まれ、それが以前永田町でばら撒かれた「二階ペーパー」と酷似していること、この一週間前に行われた二階派の研修会で二階が消費増税による経済の低迷について触れ「私もその通りだと思っている」などと言及したことから、「消費税」についての憶測が飛び交うことになったのだ。

 自民・二階幹事長「10兆円補正予算編成を」(毎日新聞)

 二階幹事長は先の提言書を持ってきた若手議員有志に対し、「こういう提言を積極的にしてほしい」とこのような動きを歓迎するかのような発言をしたことも憶測に拍車をかけたのである。

 極めて政治的で煩わしい話だが、みんなが気になる消費増税の行方について、その経緯を見ながらどうなっていくのかを考えていきたい。

消費増税のキーマン

 今回の消費税に関する憶測の震源地は、前出の二階俊博自民党幹事長であることは間違いない。だが「自民党幹事長」という要職がそれをさせているのではなく、二階という本人のパーソナリティーが重要な要素を占めている。

 というのもこの二階という人物、いまから5年前の民主党・野田政権下で決まった消費増税の与野党合意以前から度々登場してくるからである。

目次に戻る

「消費増税に賛成」

 まだ野田政権が出来たばかりで10%の消費増税に関する提案を出していない段階にあって、消費増税の話を出してくれば「党に持ち帰った上で賛成する」といち早く明言。

 そして実際に消費増税の提案が行われた際にはインフラ投資を行うとする「景気条項」を押し込んで、「税と社会保障の一体改革」という理念を台無しにする。これによって民主党側に「止められない時限爆弾」を渡した形となる。

 この合意によって消費税を1回目8%、2回目10%の二段階で引き上げるという取り決めが行われた。

目次に戻る

「国際公約」

 政権を奪還した自民党では、三党合意によって決められた消費増税を実行するかどうかで意見の対立が起こっていた。この際、衆院予算委員長となっていた二階は「消費増税は国際公約」と訴える。そして結局は消費税に関する閣議決定が行われ、2014年(平成26年)4月からの8%の引き上げが決まった。

目次に戻る

「解散風が吹いている」

 自民党総務会長となった二階は自民党役員会でいきなり解散の話に言及、「解散風が吹いている」「この風はなかなか吹きやまない」などと言い放ち、総理不在の中、一気に解散モードとさせた。

 その後、安倍首相は10%の消費増税の延期と衆議院の解散を表明、自民党は大勝する。

目次に戻る

「ねじ伏せますから」

 2015年(平成27年)12月、迫り来る10%の消費増税に対し、連立を組む公明党がかねてより訴えていた「低減税率」(食品など生活必需品の一部の消費税を引き上げない制度)の実現を自民党に迫った。

 これに対し谷垣幹事長らは難色を示し、話が進まないと思われたが公明党幹部が二階に相談をかけると「ねじ伏せますから」と発して、最終的には公明案にそった内容となった。

目次に戻る

「合わせ技一本」

 2016年(平成28年)5月、二階は官邸に衆議院議員・二階俊博名義の提言書を持参。「不況と震災の合わせ技一本」だとして翌年4月に迫った消費増税の延期を申し入れた。

 また7月に行われる参院選に合わせて衆議院を解散させる同日選の見送りや、憲法改正の争点化の回避に言及。それが履行された暁には「総裁任期延長」があり得ると発言した。そして結局は全てその通りとなった。

目次に戻る

現政権の権力構造

 これまで首相である安倍が決断しているように見える消費増税だが、実際には二階が流れを作って安倍が決めるといった形で進んでおり、この二階の動きによって、ある程度見通すことができるということでもある。二階とは言わば「自民党のシナリオライター」だ。

 そのライターがどうして今、消費増税の話を持ち出したのかを考えると、政権支持率の低下と内需の低迷という要素にぶち当たる。つまり消費増税延期、あるいは引き下げを名分にしての「解散総選挙」への伏線作りなのではないかということである。

 言ってみれば政権支持率が不安定であればあるほど、内需(国内の購買力)が下がれば下がるほど、消費増税への道が遠のく可能性が高まっていくということを示しており、皮肉なことに低い支持率が政権にとって必ずしもマイナスばかりであるとは限らないのだ。

目次に戻る

消費増税の今後の動き

 前回の増税延期表明は引き上げ時期の7ヶ月前、前々回は引き上げ時期の11ヶ月前での決断だった。次の消費税引き上げの時期は2019年10月。つまり引き上げ一年前の来年の10月あたりでの判断が十分ありうる環境が存在する。

 来年は9月に自民党総裁選、12月に衆議院議員の任期切れとなり、度のタイミングで解散総選挙に踏み切るか、行うかが大きなポイントとなる。「消費増税の判断」についてもこのポイントに沿った形で行われる可能性が高いということになる。

 「消費税引き下げ」という話が囁かれているのは、「消費税の据え置き」や「消費増税の延期」では訴える力が低いだろうと見られているからである。過去二回延期したことにより、再延期しただけでは「またか」という反応で終わりとなってしまう可能性が高いのではないかという判断だ。

 もし「消費税引き下げ」が実行されれば、内需動向に大きなインパクトを与えることは間違いなく、支持率も大きく浮揚する可能性が高いことは誰の目にも明らかである。

目次に戻る

おわりに

 しかし「三度目の正直」という言葉もある。安倍首相は三度目の今度こそ「引き上げ」を実行するかもしれない。というのも据え置き判断ばかりでは狼少年のごとく、誰からも信用されなくなってしまいかねないからだ。

 また消費増税の実行は「約束」であり、それを反故とするような「消費税引き下げ」の判断を下すとなれば、国債などの格付けが落ち、国債金利の上昇を引き起こしかねない。そうなれば借入を起こしている人の金利も上昇していくことになる。

 このように「引き上げ」か「据え置き」か「引き下げ」ついて、決定的な判断を行える要素は現段階では当然ながら何もない。だが、この動きについては注視をしておいても損のない話だ。

 しかし問題もあって、メディアに状況を取材し、分析できる能力を持つ人材が少ないことである。まともな情報、フラットな視点がなければ、まともな分析ができるわけがない訳で、いい加減そういった方向に向かなければ国民にとっても不幸である。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報
-

関連記事

片付けタイプ 「探すタイプ」とされた人々のお話 1

 「本棚整理から見る片付けタイプ4選」より、捨てる本を探すタイプ、略して「探すタイプ」とされた人々についてのあれこれについて著していきたい。  この「探すタイプ」の人々は元々整理術家気質で、他のタイプ …

no image

実家の家財の何が欲しいと聞かれて「要らない」と答えたワケ

 実家に行くと両親が家の中で何か欲しいものがないか?と聞いてきた。ワケを聞くと、将来天に召されたあとに欲しいものがあれば残しておくというのである。私は即座に言った。  「何もいらない」  実家の家財が …

業者の儲けの為に「住宅ローン」を組んでいる

 週刊現代で「「賃貸は家賃を捨てるだけ、持家は将来資産になる」はフェイクだった ~タワマンは“砂上の楼閣”なので…」という記事が上がっていたので読んでみたら、以前エントリーした記事「タワーマンションが …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...