blog 最新情報

一軒家のローンを完済されたとの話を聞いて

投稿日:2017-07-27 更新日:

 長年、お世話になった方の息子さんが家のローンを完済したという。一軒家を購入して十数年でということで、共働きの中、夫婦で協力して達成されたのである。その話を聞いた私は、すぐさま言った。

 「次は建て替えか、改装か、それとも売却ですね」

 一体どういうことなのか?

建売住宅

 私が小さい頃、父親に何にもない原野みたいな土地に連れて行かれた事がある。そこが私の父親の仕事場だった。

 『丘陵地』

 木を伐採し、山を開き、削って地面を均して区画を整備する。その監督業務が父親の仕事だった。やがてその土地には家が林立し、新興住宅地となり、私が小さい頃見た風景はどこにもなかった。

 父親の話によると整地され区画が整備された後、砂利がザァー-と運ばれ、そこにミキサー車がやってきてモルタルを流してから、建物が建てられたという。いわゆる「ベタ基礎」と呼ばれる方法だった。これを見た父親は建て売りは要らないと思い、買う気が失せたらしい。

目次に戻る

建物の価値

 父親によると建物は基礎が大事で、しっかりした土台の上に立ってこその「建物」なのだという。それが砂利を敷いただけでは「しっかりした」とまでは言えないらしい。

 本来ならば地面を掘り、水はけを良くする地盤の改良を行い、その上で基礎部分を構築しなければ建物は長く持たないそうである。しかしそんな工事をすればお金がかかる上、建物に比べて見てもらえず、あまり評価してもらえないとのことで、建て売りの場合、お金をかけない傾向があるそうなのだ。

 確かに家を買う人の見るところは、駐車スペースや間取り、部屋の広さ、庭、建物の見栄えといったものが過半で、基礎にまで目が行く余裕はなかなかないのが実情だろう。

 ということならば建売購入のケースであれば、修繕等が回ってくるサイクルは「早い」と見るべきで、その判断の目安は大体20年から25年と考えたほうがよいだろう。今回の方のケースであれば20年未満での完済で、まだ働き盛りの40代。比較的フリーにこの問題を考えることができる。

目次に戻る

どうして売却が視野に入るのか?

 普通ならば比較的費用がかからず法の制約の少ない「改修」や「改装」を考えるのだろうが、私は「建て替え」か「売却」をオススメしたい。

 というのも次に家の大きさを考えるとき、リタイヤした際の広さを第一に描くべきだからだ。具体的な大きさを言えば50㎡~60㎡程度が管理面、維持費用面でベストではないか?

 具体的に言えば日々のメンテナンス(掃除などの手入れ)が楽で、保険や固定資産税が少なく、修繕費用がかからない、あるいは少ない家である。リタイアした後にそうしたものを払い続けるのは、例えお金を持っていても精神的な負担が大きいのである。

 となれば、建て替えるのであれば平屋を目指すか、家を売ってマンションを買う手の方がトータル的に「楽」ではないのか、というのが私の考えだ。

目次に戻る

今後の社会の問題

 どうして「売却」話をメインに語っているかというと、これから先、日本のインフラは急速に悪くなっていくと見ているからである。具体的にいうと2020年以降、地方部や郊外部から維持できなくなっていき、やがて都市部にもその波がやってくるだろう。

 というのも水道や下水道ならば経年劣化とその維持費用が捻出できないところが出てくる可能性が高かったり、利用客減で主にバス交通網が廃線続出になったりすると考えられる。いずれも急速な高齢化が足かせ要因で、我々の国は日増しに老いているのだ。

 ゆえに今後は「鉄道網」が近くにあり、水道を始めとするインフラが維持できる体力のある自治体に住み、病院やスーパーが徒歩で利用できる場所に「住む」ことが、ローコストで暮らしを守っていく必須条件となっていくだろう。

 そのためにはフットワークが軽く身軽にしておくか、そういうことを視野に入れて長いスパンでモノを考えていくしかない。それが不動産であれば「売却」を視野に入れる考えに繋がっていく。従来のような「資産」ではなく、場合によっては「負の資産」となりかねないからだ。

 日本が「先進国」と呼ばれる時代が終焉に向かっていることを自覚した生活設計が求められているのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, 最新情報

関連記事

「クーラー」論争の果てに 冷風扇で分かった事

終わりだ 「両親の間でいきなり「クーラー論争」が勃発した」「続・両親の間でいきなり「クーラー論争」が勃発した」によって、実家に導入されることになったナカトミの冷風扇「BCF-30L」。  これによって …

家を売った筈なのに、ブーメランで戻ってきた人

 世の中には当たり前の話だが色んな人がいる。一人として同じ人がいないからこそ人間社会は成立しているのだが、中には複雑怪奇な行動を取る人がいる。  今回はそんな中、住んでいる家を売ったはずなのに、紆余曲 …

ピンクの綿のニットの移染した色を取る

 作業終了間近、ピンクの綿ニットを仕上げしていたらなにかおかしい。まだらに薄く青い色がついていたのである。 まだらに青色が薄っすらついている  これは・・・・・ このピンクの綿ニットは水洗で「黒物」と …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...