最新情報

ポスト「貯蓄5000万円でも80代で破産」は悪質 ありえない前提だ

投稿日:

 週刊ポストが老後不安を煽っている。今度は「年金75歳受給をシミュレーション 貯蓄5000万円でも80代で破産」と題し、「私達の年金が取り上げられて」論を振りかざして無茶ブリをしている。一体どこがありえないのか?

いきなり年金75歳支給を前提とする

 この記事でまず問題なのは「年金75歳支給」となることが決定していることを前提としているところである。というのも、法改正の手続きや議論さえも行われていないものをいきなり「決定」したかのように振る舞って書くというのはいかがなものかと思う。

 この伏線は「間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事」で書いたように働き方改革の名のもと、それまで65歳だった高齢者の定義を「75歳」と変えるという点にあった。そしてこれを名分として、これまで70歳までだった年金の加入年齢を75歳まで引き上げることをある。

 これは来るべき少子超高齢化社会にそなえ、生涯現役社会の構築を行うための地ならしといった話なのだが、これをポストが年金受給年齢を75歳にする悪だくみと喧伝して「アナタノネンキンガー!」の煽りに使っているのだ。

 大体、法改正の俎上に上がったとき、国民の大反発必定の話を今の国会議員らが尻込みせずに堂々と進めることができるなんて、とてもじゃないが思えない。話が曲折するのは誰が見ても明らかな話なのをさも決まったかのように書くのは情報弱者をだまくらかす意図があるのではないかと勘ぐってしまう。

目次に戻る

月30万円を絶対に使う想定

 次に問題なのが、夫婦で月30万円使うことと考えている点である。破産が分かっているのに暮らし向きを変えない人間なんてこの世に存在しないのに、それをシュミレーションするというのは馬鹿の極み以外何者でもない。

 第一、75歳年金受給を前提としているにも関わらず、それまでに5000万円「も」溜め込んだやり手夫婦が、何ら手も打たずに月30万円を垂れ流し続ける訳がない。

 家計を切り詰めるか、一定の収入源を確保しにかかるに決まっているわけで、またそれができる生活レベルの夫婦をサンプルに持ってくるというのはナンセンスである。

 そこから考えた場合、このシュミレーションでは「5000万円」蓄えている夫婦は、仮に年金受給年齢が繰り上げされたとしても、やりくりして切り抜ける未来しかないとするべきだろう。

目次に戻る

そもそもインフレの可能性を想定していない

 昔、私の祖父が人間不信となり、郵便局から全額をおろし、「家が建つほどの大金だ」と言ってそのお金をバックに入れ、24時間手許に持ち続けていたことがあった。風呂に入る際にはバックを頭に乗せる徹底ぶりだった。

 しかし人間、お金を持って死ぬことはできない。バックを手にすること叶わず天に召されたのであるが、あれほどしがみついたバックの中身は300万円ほどで、とてもではないが家が建つほどの金額ではなかった。時代の変遷で通貨価値が変わったのである。

 四半世紀に及ぶデフレによって、我々日本人の多くは通貨価値について鈍感になってしまっている。永遠に通貨の額面が変わらないと思っているからこのような記事を書いてしまう。

 大体、インフレに振れた場合、5000万円の貯蓄は4000万円、3000万円の価値しか持たなくなるようになる。給与収入などがあれば昇給が見込めるが、そのような収入がなく、貯蓄等によって生活を賄う高齢者にとって、インフレは脅威だ。

 そうしたものを考えないシュミレーションなどハッキリ言って「意味がない」

目次に戻る

おわりに

 毎度のことながら「週間ポスト」の年金関連記事は、政治記事同様、煽りに焦り、中身が薄い。せめて記事を依頼する人間ぐらい考え直してもいいだろう。政治駄文はネタで済むが、年金関連は人の暮らしにかかっているのでシャレにならない。

 そもそも私が如き素人に見透かされるようなレベルの記事を書いて売ろうとする魂胆が間違っている。売るための記事タイトルに煽りがあるのは仕方がないにしても、中身ぐらい少しはまともに書こうという気構えくらい持てと言いたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-最新情報

関連記事

軟水器アクアソフトAQ-S401 設置後の補修

 エントリー「軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー」にて、我が家の風呂場に設置したアクアソフトだが、設置上のトラブルの補修についてのレポである Contents1 シャワー水栓の補修1.1 シャ …

正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う

 「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル …

ポイポイ病に至るまで~私の妻の場合~

これまで何度か取り上げた、無性になんでも捨てたくなるという「ポイポイ病」。今回は私の妻がどうしてこの「ポイポイ病」に至ったのか、その経緯について書いていきたい。 Contents1 雛人形を捨てさせろ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...