シンプルライフ 最新情報 片付け術分析

ポイポイ病に至るまで~私の妻の場合~

投稿日:2017-06-16 更新日:

これまで何度か取り上げた、無性になんでも捨てたくなるという「ポイポイ病」。今回は私の妻がどうしてこの「ポイポイ病」に至ったのか、その経緯について書いていきたい。

雛人形を捨てさせろ!

10年前に実家からやってきたのにも関わらず、一回しか飾らなかった雛人形をポイポイすることを宣言してきた。この雛人形、亡き祖母から買ってもらったという「形見」のようなもので、結婚後に妻の実家から届けられた。

しかし妻はなぜかこれを飾りたがらない。いや、そもそも飾るという発想自体がないのだ。生活に彩りをなどという発想自体、欠片もないのである。

長年「処分する」と言い続けてきたのだが、これまで私は「形見」であることを理由に阻止してきた。が、遂に「供養する」事を名分に処分すると言い放ってきた訳で、こうなると止めるのはむずかしい。

常人では理解しがたい「捨てることへの執念」。まさしくポイポイ病ここにありである。

目次に戻る

買ったモノが私を苦しめる

そんな妻もかつてはモノに囲まれた生活をしていた。ただ忙しい日々の中で、ポンポンと何気なく購入したモノに包囲されるような感覚に襲われ、一体どうすればいいのか判らなかったという。

モノを買ったはいいが、どこに何があるかわからなくなってくる。自分が用意したものに押し潰されるという意識の中、悶々と暮らしていたのである。

本人的になんとかしたいが、なんともならないモヤモヤした気分で生活を送っていたそんなある日、妻の中で一つの線が切れた。「このモノが悪いんだ」と。

目次に戻る

モノを捨てれば解決する

そこから、妻のモノを捨てる作業が始まる。着ない服はもちろんのこと、ブランド品のバッグやかつて追っかけていたアーティストのグッズ、音楽CD、そして家から持ってきたアルバムまで、片っ端から処分していった。

自身のものが一段落すると、生活用品にターゲットを移した。針が曲がっているからとミシンを捨てた。見るものが無くなったとテレビとレコーダーも処分。冬でも使わなくても暮らしていけると電気カーペットを放り出した。

そしてその「ポイポイ病」の圧力は、容赦なく私のところにもやってきた。私はポイポイ病ではないので、分類しながら徐々に処分しているが、そのスピード感のなさにはイマイチ納得が行かないようである。

そして妻は新たなるモノをターゲットとした。

目次に戻る

収納用品が元凶だ!

妻はカラーボックスや食器棚、ケース類を処分すると言い出した。

「置くところがあるからモノが増える。これがあるからいけないんだ。なくなればモノは増えない」

そう言い放って、全てを処分するとのたまわった。これは一旦会社で引き取り、人に譲ったり社内で使ったりして再活用されたが、そうでなければ全て粗大ゴミ行きだっただろう。買うのもお金がいるが捨てるのもお金がかかるのだから。

モノがなくなってネコがくつろいだ

この頃になると、まるで禁断症状のように捨てるものを日々考え、「暮らし」と「捨てる」が密着しているような生活を送るようになっていった。前にも書いたがネットでモノを買ったら、購入したものは横に置き、まずは梱包材を分別し、捨てるものを選別する。そういう暮らしである。

まさしく「暮らしとは捨てること」となっていった。

目次に戻る

おわりに

徐々に収束しつつも、未だに収まらない妻の「ポイポイ病」。現在進行形で進むこの話の続きはまた別の機会に書いていきたい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-シンプルライフ, 最新情報, 片付け術分析

関連記事

家で洗ったシャツワンピースがクシャクシャで

 妻が洗ったシャツワンピースがクシャクシャだから仕上げて欲しいと持ってきた。あれ?麻の帽子の時に作った仕上溶液を使わなかったのかと聞いたら、「そういう発想がなかった」とのことで、正直「はぁ?」という感 …

汚れきったポリのカーテンをYシャツ洗いで洗う

 非常に汚れたポリエステルのカーテンが出た。カーテンが汚れているのは当たり前だが、長年吊っていたのだろう、帯電してしまい、擦れた部分を中心に黒ずんでしまっている。  当たり前だがこのままでは返せないの …

no image

皮革製品が普通に洗えるハイブリッド洗浄

、 皮革製品の洗浄もハイブリッドクリーナーは余裕でこなせる。ある種、究極の「水洗皮革洗浄機」なのだ。それは洗浄液を噴射した直後に液を吸い込むシステムに秘密があり、それによって皮革が長時間水に晒されるこ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...