クリーニング技術 新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報

プロ洗いの究極の洗濯術「複数使い」

投稿日:2017-05-05 更新日:

 「家庭用洗剤と業務用洗剤、どちらがいいの?」で書いたように家庭用よりも「良くない」洗剤を使っている業務用洗濯であるが、家庭洗濯ではあまり使われない方法を使って洗濯する事によって強力な洗浄力を得ている。それは洗剤の「複数使い」である。

 一回の洗浄で作用の違う二種類以上の洗剤を投入し、家庭用粉末洗剤の力を越える洗浄力を作り出す訳であるが、この複数使いの方法、量であるとか投入タイミングは業者によって全く異なり、それ自体がノウハウとなっている。

 一部業者では「秘伝」企業秘密として扱っているところもある。この「洗剤の複数使い」を理解し、家庭洗濯で応用すれば強力な洗浄力やコストダウン、または衣料や人体への安全性を高める「洗い」が家でも実現できるのだ。そのためにはまず家庭用粉末洗剤の中に含まれる成分の役割を知る必要がある。

洗剤の中の成分について

 家庭用粉末洗剤の中に入っている主な成分ついて羅列してみる。

・界面活性剤
・アルカリ剤
・漂白剤
・蛍光増白剤
・酵素

 他に水軟化剤、キレート剤(金属封鎖剤)、逆汚染防止剤(分散剤、再付着防止剤)、安定化剤、各調整剤(PH調整剤や泡調整剤等)などが入っているが、ここでは割愛する。
 上に上げた5つの成分(資材)が主要な役割を果たしており、量は一番上の界面活性剤が一番多く配合されている。一方、単価は一番下の酵素が高く、昇順で単価が下がる。この配合でその商品の洗浄力とコストが決まる。つまり安い洗剤には界面活性剤やアルカリ剤の分量が多く、高い商品には漂白剤や酵素の配合比が高いのが一般的である。
 もちろんこの配合こそが洗剤メーカーにとっては重要な「企業秘密」であり、コストと宣伝販売のキモとなるため、その詳細をどこも出したがらないのは言うまでもない。情報公開しているように見せて、核心部分はモヤにかけなければ他社に出し抜かれること必定だからである。

目次に戻る

それぞれの材料の役割

 上に挙げた5つの材料についての詳細を書けば膨大な分量となる(専門的な意味で)なるため、ここでは割愛し、その役割について最小限の説明を行なう。。

目次に戻る

界面活性剤

 本来混ざらないもの(例えば水と油)が混ざるようにする材料で、繊維に水が浸透しやすいようにする役割を担っている。

目次に戻る

アルカリ剤

 洗浄液(水)をアリカリ性にする材料。水のアルカリ化を行なうことによって繊維を覆う油分を溶かし、油性の汚れの除去と繊維への水の浸透を促進させる。

目次に戻る

漂白剤

 粉末洗剤に配合されているのは酸素系の粉末漂白剤「過炭酸ナトリウム」。アルカリ性であり油分も溶かす能力もあるがアルカリ剤よりコスト高いため、その量より少なく配合されている。水に溶ける際に出る活性酸素が汚れを除去し、繊維を白化させる。基本遅効性である。

目次に戻る

蛍光増白剤

 他の成分と違い、紫外線を吸収して白く見せるという材料。染料の一種。一部で安全性やらを問う声があるものの、商品の見栄えを良くするため過半の衣料等で使われており、見た目の白さに慣れた人にとって、蛍光増白剤なしには洗濯できない。

目次に戻る

酵素

 生命体の中で作られる、活動を促進させるための「タンパク質」。その数は数千種類あると言われている。洗濯ではでんぷん質、タンパク質、油脂等の汚れの成分の分解促進の為に複数の酵素が少量配合されている。基本遅効性である。

目次に戻る

5つの力を一つに合わせる洗剤

 この5つの成分で洗濯のシナリオを書けば、まずアルカリ剤で衣料の表面を覆う油膜を溶かし、界面活性剤で繊維の中に水を浸透させ、水に溶けた酵素が汚れを分解を促進させて、漂白剤が活性酸素の力で汚れを分解、繊維を白化させて、蛍光増白剤が光の反射できれいに見せる。このようなストーリーが描かれる。

 このように家庭用粉末洗剤は多くの材料を配合し、一つの洗剤で様々な汚れに対し高度な洗濯が行えるように作られている。これを「ワンショット洗剤」という。実はこの二十年の間に、業務用でも同じように複数の材料をメーカー側が配合して販売している「ワンショット洗剤」を使った洗濯が主流になっており、業界内ではそうした洗浄法を「一発洗い」などと呼び、複数資材を投入する「複数使い」をやめた例も多い。これは業界内の売上の減少や人材不足の中、手間やコストの観点から「一発洗い」に変えたのである。
 だが、洗浄「だけ」で汚れを取りきったり、洗浄コストをコントロールしたりするにはどんなにワンショット洗剤の性能が上がろうが、資材の「複数使い」にはかなわない。それぞれの材料の特質(どの役割、どの汚れ、コスト)を知った上で繊維と汚れを見て個別に配合を対応するのだから、大掴みな一発洗いが勝てるわけがない。

目次に戻る

「複数使い」から見るワンショット洗剤

 そもそもクリーニング業界では古い時代より粉石鹸(界面活性剤)、メタケイ(アルカリ剤)、過炭酸(漂白剤)、酵素、蛍光増白剤を別々に仕入れていた。粉石鹸やメタケイ、過炭酸は25キロ入りの紙袋に入ったものを使い、水洗機の横に置いて、洗う度に尺ですくって槽内に放り込んだものである。目分量で量が多い時には多く、少ない時には少なく、また汚れがキツイ時には過炭酸を多く入れたり、色柄物は粉石鹸のみとか、経験に基づいて組み合わせ(レシピ)を行っていたのである。
 こうした感覚的な方法は洗浄力を上げ、コストを下げるものだが、手間がかかる上に分かりにくいため、家庭どころか業界でも敬遠されがちとなった。しかし結局のところ汚れを落とし、コストコントロールするには複数資材を上手に使っていく(配分を考える)以外には方法がない。汚れが多様でコストの多寡がある以上、洗剤に万能選手は存在しないのだ。
 だが家庭において、イチイチ種類別用途で洗剤など置いておけない。まして汚れを見てとか、服の形状を見てとか、繊維別などで洗いを分別し、それぞれの洗剤を都度配合する(レシピ)などといった手間などはかけられる筈もない訳で、総和的なワンショット洗剤を使うのが合理的洗濯となる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報
-, , , , , , , , , ,

関連記事

何でもモノをついで買い、ストッカーの実態

 中々来ることがないからと、必要なものを余分に購入したことはないだろうか? いわゆる「ついで買い」なのだが、何でもついでに買うものだから、買ったものを管理しきれず、どこに行ったか分からずにまた購入する …

汚れきったポリのカーテンをYシャツ洗いで洗う

 非常に汚れたポリエステルのカーテンが出た。カーテンが汚れているのは当たり前だが、長年吊っていたのだろう、帯電してしまい、擦れた部分を中心に黒ずんでしまっている。  当たり前だがこのままでは返せないの …

軟水器アクアソフトAQ-S401 設置後の補修

 エントリー「軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー」にて、我が家の風呂場に設置したアクアソフトだが、設置上のトラブルの補修についてのレポである Contents1 シャワー水栓の補修1.1 シャ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...