クリーニング技術 新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報

プロ洗いの技術「仕分け術」

投稿日:2017-05-05 更新日:

 クリーニングにおいては、洗剤以前に重要になってくるものが衣料の「仕分け」。まず被洗物をドライクリーニングと水洗い(ここでは便宜上水洗いとする)に分け、その水洗いを素材形状等で更に仕分ける。この仕分けに合わせて必要な洗剤を選定していく。

 当方の仕分けは基本的に「素材分け」メインなので、他社から見ても変わっているそうだが、今回裏表なく公開する。

どんな洗剤を使っているのか

 当方では現在、粉末系洗剤5種類、液体系洗剤3種類の計8種類を使って水洗処理を行っている。昔は10種類以上あったのだが、別注等を行って集約化した。強いアルカリ性のものもあれば中性のものもあり、酸性のものもある。これを洗濯の内容(被洗物という)に応じて分けて入れている。その内容を羅列すると

粉末洗剤
・業務用リモネン入りワンショット洗剤(Yシャツ用)
・安定剤入り過炭酸ナトリウム(界面活性剤配合)
・弱アルカリ性ワンショット洗剤
・複合酵素(デンプン・蛋白・油脂)
・油脂酵素(油脂単品)

液体洗剤
・リモネン入り中性洗剤
・弱酸性洗剤
・安定剤入り過酸化水素水

 その他少量資材を他にも使っているが概ねこんなところである。

目次に戻る

被洗物の仕分けの種類

1・Yシャツ系(白物生地。多少の薄い色柄も含む。他、白衣、シーツ等)
2・ポリエステル・アクリル・下着系(ポリエステル含有50%以上(ポリウレタン含有濃色のもの除き)、アクリル含有60%以上のもの(淡色のみ)で基本水洗表示可のもの。不可のものは汚れと服の作りと形状で判断)
3・綿麻淡色(白含む。基本水洗表示可のもの)
4・綿麻アクリル濃色(ポリエステル含有かつポリウレタン含有濃色のもの)
5・ポリ綿布団、アクリル毛布、羽毛布団、ダウンジャケット
6・濃淡ボーダー等の柄物(トラブル回避のため単品洗い)
7・作業服等(綿100%と綿混紡物で洗いが変わる)

 この7種類。洗剤の配合、洗う時間等全て異なる。トラブルを回避しつつ、コストを下げ、かつ高い洗浄力で再洗いの手間をかけない為に、このような仕分けとなっている。5、6、7については家庭洗濯での必要性が比較的薄い(個別事情なら大いにある)ため今回割愛し、1から4までを洗い名をつけて簡単な説明を行なう。

目次に戻る

洗いの種類と方法

目次に戻る

1・Yシャツ洗い

 クリーニングでは伝統的に「ランドリー」と呼ぶ洗い。色が飛ぶ事を考えなくても良いので高温洗濯(80度まで)と強いアルカリ性で洗う。当方の場合、Yシャツ用のアルカリ性粉末ワンショット洗剤に安定剤入りの酸素系液体漂白剤、複合酵素、中性のリモネン洗剤を投入して洗う。洗う時間は25分。温度は45度。

この洗い以降は「ウェットクリーニング」と呼ばれる洗いとなる。

目次に戻る

2・ポリ洗い

 ポリエステルやアクリルは染色堅牢度が強く、アルカリ耐性もあるため、Yシャツ洗い同様アルカリ性粉末ワンショット洗剤と液体漂白剤、リモネン洗剤投入して洗う。時間は10分、温度は40度まで。

目次に戻る

3・綿白洗い

 綿麻の色を飛ばさない為に蛍光増白剤を含まない弱酸性液体洗剤にリモネン洗剤を使う。また洗浄力を上げるため安定剤入りの過炭酸と酸素系液体漂白剤を投入する。洗いは15分、温度は40度まで。

目次に戻る

4・綿黒洗い

 濃色の為、色が出ても良いように同色系を一括洗濯。色へのダメージを減らす為に弱酸性液体洗剤にリモネン洗剤を使う。温度は常温から35度まで。

 Yシャツとポリはアルカリ性、綿洗いは弱酸性で洗っている。アルカリ性の洗いは強力で洗い上がりは白くなり、業界用語で言う「冴える」状態となる。特にポリ洗いでは汚れを取りきることにより光沢が出る。
 一方、綿洗いでは弱酸性液体洗剤を用い、色泣き等服の色の変化を起こさないことを第一にリモネンで油脂を落とす仕組みの洗いを行っている。淡色は汚れが比較的目立つ傾向があり、少量の漂白剤を用いて白化させ、黄ばみ等を減らす洗いとなっている。また服によっては色止め剤(移染防止剤)も一緒に投入するケースもあるが割高である。

目次に戻る

家庭洗濯に向いた仕分け法

 家庭では大量のYシャツを一括して洗える量もなければ、ポリを集めて洗う量もない。よって3と4の綿洗いを主軸として洗いを組み立てれば、合理的な洗いができると考えられる。仕分けも水洗いができる白いものと黒いものに分けるだけで済むので簡単だろう。
 Yシャツとポリを綿白洗いに組み入れれば個人的差はあろうがだいたい白8・黒2程度の仕分けになるのではないかと思う。被洗物を白と黒に分け、家庭で手に入る洗剤を組み合わせて洗うことで、安全にコストを下げつつ洗う事ができる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報
-, , , , , ,

関連記事

クリーニングをこう出せばいいの?と聞かれた話

 クリーニング業者にそれ聞きますか?という話なのですが、よく聞かれるんですよ、実は。いくつかの代表的な質問について、私のなりの正直な意見を書かせていただきます。 Contents1 冬物を片付けたいだ …

家庭用洗濯機の頂点を競え!Joshinwebの企画

 家電販売大手の上新電機が展開するJoshinwebで最新鋭の洗濯機で洗浄力を競う「洗濯機頂上対決」なる面白い企画が最近アップされている。  これは日立のビートウォッシュと、同じく日立の新型ドラム式洗 …

ネコによって片付けられてしまった洗面所

 我が家では二匹のネコがいるが、このネコたちのおかげ?なのか。モノがどんどんなくなってしまっている。洗面所周りもその一つである。 Contents1 消えてしまったモノ2 外出する際の「封鎖」3 ネコ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...