ドライクリーニング略史 最新情報

ドライクリーニングの歴史 6 開花期

投稿日:2017-07-06 更新日:

 レーヨンを始めとするデリケートで多様な新繊維に対応するため、日本ではパークの研究やゾールを使うなどといった方法を用いたが、石油系溶剤の使えない欧米では全く別のアプローチで対応しようとした。

新しい洗浄溶剤の登場

 1970年代、欧米ではパークとは違う特性を持つ2つの溶剤の実用化に成功し、相次いでドライクリーニングに導入された。一つはCFCー113。フッ素、フロンとも呼ばれ、無味無臭でパークのように臭いがきつくなく、ゾールのような引火性がない有機溶剤だった。

 もう一つは111ートリクロロエタン。かつてクリーニング溶剤としても使われたことのあるトリクロロエチレンが使用禁止となり、その代替溶剤として使われていたものをクリーニング溶剤に転用され、エタンと呼ばれた。こちらはフッ素と比べ臭いはあったが、フッ素と同じく引火性のない有機溶剤である。

 フッ素もエタンも引火性がないため、パークと同じように蒸留ができ、両方の溶剤ともパークやゾールに比べて沸点が低く、従来の溶剤より揮発性が高かった。これはパークより蒸気の熱量を少なくして洗うことができ、乾燥時間が短くなることを意味していた。またパークより沸点が低い(エタン87℃、フッ素47℃)ため、ドライ洗浄後の臭いの原因物質「脂肪酸」の多くがパーク以上に蒸留器に残るという強みを持っていた。

 ただ液の特性は全く逆でフッ素はゾールより低い油脂洗浄力しかないのに対し、エタンはパークを越える油脂洗浄力があり、洗い上がりはフッ素の方は光沢感が、エタンは白化作用が強くシャープな洗いだった。両溶剤とも熱心なファンがつき、業界内は活気づいたが、やはり注目されたのは沸点の低いフッ素溶剤だった。

目次に戻る

夢の溶剤フロン

 フッ素は洗浄力こそゾールに劣るものの、沸点の低さによって素早く乾き、素早く蒸留できるので同じ大きさのパーク機の1.5倍から2倍の生産性を誇った。また洗浄力の弱さと沸点が低いことによる液の蒸発を抑えるため、冷凍機を導入して溶剤を冷却していたおかげでマイルドにかつデリケートに洗うことができた。そのためゾールと同等の洗いができたのである。

 いいことづくめに見えるフッ素だが、幾つかの問題があった。まずは洗浄力、ゾールより劣っているため、前処理は必須とされた。次に設備の重量化。沸点が低いため、蒸発を防ぐために大型の冷却装置が必要で場所を取った。そして設備費用が高額であったことと、溶剤コストがパークの3倍、ゾールの4倍したことなどである。

 しかしそのデメリットを乗り越えられるだけの魅力がフッ素にはあった。パークの補助機としてフッ素の小型機を導入する例や、同じ場所での倍の生産性に惹かれて導入する集中工場、フッ素の小型機一本で営業する狭小ユニット店なども現れ、フッ素を導入する業者の数は年々増えていく。

目次に戻る

エタン溶剤

 フッ素ほどの勢いはなかったものの、パークを超える洗浄力のあるエタンは熱心なユーザーを獲得していた。特に熱心だったのは三洋電機と旭化成で三洋は機械を、旭化成は「タフクリン」という名で溶剤を販売していた。

 ただ強い洗浄力の反面、金属への腐食が強く、エタン機の周りの機械や金属が錆びやすくなるという頭のいたい問題を抱えていた。ただ白い綿のジャケットやトレンチコートなどを洗った際の洗浄力は、ドライ史上右に出るものはないほどのシャープな上がりで、一度体験すると他の溶剤では洗った気になれないほどのものだった。

 また強い油溶性と高い揮発性からドライ溶剤としてだけでなく、シミ抜き機のドライガンの溶剤として広く使用された。

目次に戻る

ゾール溶剤の研究

 対して日本のクリーニング業界でそれでも最大の機械導入数を誇るゾールの方も負けじと独自の動きを続けていた。各石油会社は様々な添加剤を研究し、配合したものを次々と販売していった。臭いはキツイが洗浄力を高めたものや、逆に洗浄力は落ちるものの臭いを抑えよりマイルドに洗える溶剤である。

 これは有機溶剤と違って複合成分によって成り立っている石油系溶剤の強みを活かした研究開発方法だった。また、溶剤自体がそういう成り立ちのものだったので、クリーニング業者や販売業者が高いものや安いものという複数のゾールを混ぜて調合したりする例もあった。

 また、色泣きや毛羽立ちを抑えるためにパーク同様、夏場の溶剤冷却の必要性が知られるようになりだすと、各社より溶剤冷却装置(チラー)が販売されるようになり、やがて標準装備された。また、ソープを定量投入することによって引火性の問題を低減することができるようになる事が分かると、ソープの自動投入機が装備される。

 溶剤管理の分野でも別置きのカーボンタンクが販売されるようになり、溶剤管理に熱心な業者を中心に普及が進んで、蒸留ができない部分を補う方法の研究や様々な取り組みが行われた。世界で使われないゾールは日本国内で独自の進化を遂げていった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-ドライクリーニング略史, 最新情報
-, , , ,

関連記事

「香害110番」を設置へ 2 強臭性柔軟剤とは

 前回「日本消費者連盟が「香害110番」を設置へ 1」において、「香害」の実質的な正体が強力なニオイを発する「強臭性柔軟剤」であることを明らかにした。  差別化が図りにくい柔軟剤に個性をつけるため、強 …

ブラウスについたファンデーションを普通に洗って取る

 ファンデーションがやたらついたブラウスが出たので、従業員が取れますかと聞いてきた。 襟にファンデーションがべったりついている    「普通に取れるよ」と伝えてYシャツ洗いにそのまま入れるよ …

純毛の毛布が家庭で水洗できるという意味

 switle「スイトル」にウェットクリーニング用途の水性の洗浄液を組み合わせ、毛100%の毛布を実験的に洗浄したが、私が当初予想した以上に成果があった。 switle「スイトル」で純毛100%毛布を …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...