ドライクリーニング略史 最新情報

ドライクリーニングの歴史 2 伏流期

投稿日:

 東京の築地市場の移転問題に絡み、敷地内で「トリクロロエチレン」(トリクレン)が検出されたと報道された。その内容によると築地市場の敷地が戦後米軍に接収され、クリーニング工場として使われたために「トリクロロエチレン」が出たと伝えられたのである。

 しかしこのトリクロロエチレン、クリーニング業者にとって実は殆ど馴染みのないものだったのである。その理由は机上の資料に頼らずに日本のクリーニング史を紐解かなくては判らない。一体どういうことなのか?

戦後期のクリーニング設備

 日本の業務洗濯は欧米並みの本格的な普及がなされる前に戦争に突入してしまった為、ドライクリーニング伝搬以降、欧米との間にあった技術的距離を縮めることが叶わないままに戦後を迎えた。そのため日本に勝利し、進駐してきた米軍のクリーニング需要を日本の業者の力だけで賄うことができなかった。 

 そこで米軍は接収した築地でドライクリーニングのプラントを複数作って、日本の業者が受け止めきれないクリーニング需要を処理したのである。そこで使われたのは日本側から見れば戦時統制で手に入らなかった有機溶剤の「トリクロロエチレン」で、これが検出されたという訳だ。

 ドライクリーニングが洋式洗濯として高級洗濯だった時代、日本では石油系の油を使ってクリーニング処理をするのが一般的だった。ところが欧米のクリーニングは「脱石油」化し、当時の日本にとっては高価な有機溶剤を使ってのクリーニングが主流になっていたのである。つまり有機溶剤を使った洗濯は高級の上を行く最高級の洗濯方法だった。これが欧米では当たり前の話、そこには隔絶されたくらいの大きな差があった。

目次に戻る

「垂れ流し」の意味

 ところで当時の有機溶剤のドライクリーニング処理は今とは大きく異なり、オープン型であったと思われる。この「オープン型」を巡って、識者の間でも「垂れ流し」だと捉えている人が多いが、おそらくその人達がイメージしている「垂れ流し」とは大きく異なる。

オープン機。昔は洗うだけだった

 ここでいう「オープン型」とは、コールドマシンでタンク中の溶剤を組み上げて洗って排水し、タンクに戻すという単純な機構のものである。それに脱水機と濾過装置をつけ、乾燥は別に乾燥機を用いて行う。まずこの乾燥が「垂れ流し」に相当する。また、濾過システムが蒸留器であれば、気化した液を液化させる際、水と溶剤を分ける水分離器を通し、溶剤はタンクに戻し、水は排出する。これも「垂れ流し」である。

 そもそも有機溶剤自体が高額であり、洗ったら捨てていたなどと解釈する人間自体、想像力が欠如しているとしか言いようがない。なぜならドライクリーニングは基本、未だに溶剤を回収しながら使っているのに、それを見ずに過去は違うと解釈している方がおかしいのだ。

目次に戻る

欧米のクリーニングシステムの確立

 戦後、欧米のドライクリーニング事情は大きな変化を遂げる。一つはドライクリーニングに使われる溶剤がテトラクロロエチレン(パーク)という塩素系有機溶剤に変わったこと。もう一つは従来プラント型だったドライクリーニング設備が、タンクと洗浄ドラム、脱水機、溶剤清浄装置、そして乾燥機構が一つの機械となった「パッケージ機」(洗濯乾燥機)となった事である。

オープンワッシャー(洗浄機)

脱水機。昔は洗浄と脱水は別々だった

 トリクロロエチレンより脱脂力(KB値という)が弱く、沸点の高いテトラクロロエチレンに変わったのは、パークの方が扱いやすかったからだと言われている。また、プラント型から、単独機に変わったことで従来のプラント設計を飛ばして、機械を設置しただけでドライクリーニングが行えるようになった。加えて乾燥も一体化させたことにより、作業性が良くなり生産性が大いに高まる。

 またこのパッケージ機には、溶剤の引火性のなさを活かし蒸留装置を備え、更にフィルターといった溶剤清浄装置も組み込まれており、洗浄し、乾燥しながら溶剤の清浄が行えるシステムとなっていた。また乾燥工程ではエアクーラーを通して気化した溶剤を液化して回収する機構を備え、9割近い溶剤回収率でランニングコストを抑えられるようになっていた。

 「パーク」と「パッケージ機」。この2つによって世界レベルで現在至るまで続く「ドライクリーニングシステム」の基礎が確立されたのである。今から70年近く前の話であった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-ドライクリーニング略史, 最新情報
-, , , , ,

関連記事

switle「スイトル」の実機レビュー1

 以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 …

洗い上がったスーツ

汚れすぎているスーツ上下を布団とともに洗う

 仕事で使っているスーツはとにかく汚れる。特に汚れやすいのは毛100%のものではなく、毛とポリエステルの混紡品。静電気を帯びやすいからだろうと思われる。  ただ混紡品は製品的には強くて安価。水洗いにも …

家庭洗濯でアイロンレス仕上げの研究を行う 1

 「アイロンレス」仕上げと言ったら手抜きに聞こえるかもしれない。だがクリーニング業界では長い間「手抜き」ではない「アイロンレス」仕上げの研究が行われている。  例えば仕上げ器具という「仕上治具」を使い …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...