クリーニング技術 最新情報

ドライが水に、水がドライに。私が目指した洗い

投稿日:2017-05-13 更新日:

 ドライクリーニングで使われているドライ溶剤の上がり(業界用語でいう洗ったあとの質感感触)、水洗での上がりは本来全く違うものである。純毛(毛100%)のスーツを洗えばすぐわかる。「ああ、これは水」「こっちはドライ」だと。これは一般の人でもわかる。 だがその境界線を突き詰めると、その質感も感触も全く差異の状態になることは知られていない。つまり「ドライ」だと思ったものが「水」の質感に、逆に「水」の感触だと思っていたものが「ドライ」で洗われていたものになる。
 摩訶不思議だが本当にそうなるのだから仕方がない。私はこれで洗いに関してドライや水といった溶媒(洗いに使う液体)の種類にこだわりがなくなった。

二つのドライ溶剤に一種類の助剤

 当方ではかつて有機系と石油系という二種類のドライ溶剤を使っていた。有機系は石油系よりも洗浄力は強力だが、洗えないものが少なからずあり、石油系は洗浄力は弱いものの殆どの種類の服を洗うことが出来た。
 ドライ溶剤というものは洗いやすすぎの度に排水する水と違って排出しない。というかしてはならない。内部循環で使わなければならないのがドライ溶剤である。それゆえ洗いに関して、水とは全く違う知識が必要である。
 ドライ溶剤には水を溶剤に可溶化させることで、水によるトラブル回避と水溶性汚れの洗浄力の補強を行なう役割や帯電防止といった静電気対策などを担っているが、これに様々な助剤を加えることで触りや仕上がり、光沢感などを出すことができる。
 私のところではその助剤を当時9種類使っていたのだが、幾つかの種類は二種類のドライ溶剤双方に使えるものだったのに対し、幾つかの種類は有機用、石油用それぞれがある助剤だった。何故なのか? 販売元に正した。するとこのような返答が返ってきた。

 「希釈する溶剤が違う」

 曰く、助剤成分のバインダーが違う。つまり助剤成分と溶剤を繋ぎ合わせる材料が違うからだというのである。一方で共用できるものがあるが何故かと問うと、成分が溶けずに溶剤に混ざるため、バインダーの必要がないからということであった。ここで一つ思いついたのである。
 「ドライ助剤をバインダーで水に結びつけて水洗いに使えないのか?」

目次に戻る

水とドライの境界線

 ドライ助剤を水に使う。水と油という無謀な発想ように見えるが、そもそも界面活性剤で混ぜているわけで、理屈上無理な話ではない。試行錯誤はあったが一部でそれが可能になった。これによってドライで使われている仕上剤と一部とはいえ同じ成分の仕上剤が水で使えるようになった。
 これは洗った後の風合いに劇的な変化をもたらした。入っている材料がドライと水双方で変わらないので、触りが変わらない、ハリも変わらない、そういうレベルでの洗いが可能になったのである。洗うにはドライと水双方で工夫が必要という条件付きだが、これは画期的なことだった。
 見た目も触りも変わらないとなれば、後は汚れ落としと仕上げ手間だけとなり、当然仕上げの生産性が高い方法=ドライにシフトしていく。他の人がこれからは水洗いだと走っているとき、私の方は水からドライ化にシフトしていったのである。

目次に戻る

洗いの究極体

 汚れが取れて、風合いと質感がよく、仕上げが楽で、縮みや型崩れがなければ、どんな洗いでもいいじゃないか、というのが最近の境地である。洗いのポイントは汚れを洗い処理でしっかり取れるように手筈し、助剤=加工=仕上剤が少量でも効くようにしておくことで、目先のシミ云々にこだわるのは実は全く重要ではないのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 最新情報
-, ,

関連記事

ウォッシュレスクリーニングという発想

 近年、P&Gの出すファブリーズや花王のリセッシュなど、「クリーニング級」を謳う消臭剤の需要が伸びている。またP&Gは昨年にはアメリカで「衣服再生消臭機「SWASH」」の販売を始めており、「洗わないク …

switle「スイトル」の実機レビュー1

 以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 …

究極の生醤油 角長・濁り醤 3年熟成 「匠」

 和歌山県中部にある湯浅町は、醤油発祥の地として知られている。この地で最も古い醸造所である「角長」では「濁り醤」という知る人ぞ知る生醤油を販売している。 角長の生醤油「濁り醤」  (プレミア和歌山) …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...