blog クリーニング業界談 最新情報 業者が教える洗濯事情

クリーニングをこう出せばいいの?と聞かれた話

投稿日:2017-05-19 更新日:

 クリーニング業者にそれ聞きますか?という話なのですが、よく聞かれるんですよ、実は。いくつかの代表的な質問について、私のなりの正直な意見を書かせていただきます。

冬物を片付けたいだけど・・・

 厚手の冬物を出すのは何月がいいのか、と聞かれました。これは地域によって寒暖差があるんで何月とは言えません。ですが時期は言えます。その服を着る1ヶ月前です。なぜなのか? 一番暇だからです。本州の太平洋側であれば9月下旬。ここが一番ヒマ、かつ湿度が下がってくる時期。

 実は服にとって一番の敵は「湿気」。ドライ溶剤(石油系限定)の液のコンディションも悪くなる。大気中の、あるいは被洗物が吸った湿気が溶剤に入って水の数値が上がる。そうするとシワが増えたり洗い上がりが悪くなったりする。水溶性の洗浄力は上がるんですけどね。

 ですんで、湿気が落ちつきだす時期に出すのが一番ベターな選択。ただ、それまでの保管に注意をしなければいけません。陰干し、防虫剤等で対処してください。

目次に戻る

土日より平日に出したほうが丁寧?

 最近、年中無休やら即日仕上げをやっている業者が増えていることから、忙しい土日より、落ち着いている平日に出したほうが丁寧じゃないのかという話なのだが、四半世紀前に土日即日をやっていた業者から言わせると、「そんなの関係ありません」。

 土日で出たものを平日にどう分散させて仕上げ、次の土日に仕上げるかが当方の長年の課題でした。年間350日即日体制を維持する為には、零細企業の身としては全て出勤し、率先対処する以外に方法はありませんでした。それを20年以上やり続けて、店舗撤退とともにそれも終わったんです。

 仕事内容に関しては丁寧な所はどこまでも丁寧、雑なところは雑なんです。これは経営者の方針、作業場の責任者の技量が全てです。特に経営者と責任者が同じであった場合、それは顕著に出ます。あとお客様と業者の相性。出すのならまずは波長が合う業者選びをするべきです。本当に相性が大きい。

目次に戻る

お急ぎ品指定をしないほうが品質が上がる?

 率直に言いますと「ノー」です。しなければ、せいぜい再洗を自主的にやる時間が増えて手をかけるかもといった感じ。というのも特別に手をかけてもかけなくても料金が同じだからです。昔であればお客様を手放さないため、信用を得るために熱心にしていたのでしょうが、基本、右肩下がりの状況下で、そのようなモチベーションがあるとは思えません。

 作業をしている人が「急ぎだから」「急ぎでないから」と考えてプレスはしません。それを考えるのは仕分ける人、洗う人、整理する人、受付する人です。ですんでその点、品質は変わりません。

目次に戻る

納期をとれば丁寧にやってもらえる?

 これも違います。早かろうと遅かろうと、洗って仕上げて終わりです。どのタイミングで洗い、どのタイミングで仕上げるか、ただそれだけです。納期が長ければ再洗ができる程度で、基本流します。そうでなければ整理等がスムーズにできず生産性に支障が出るからです。

 ですので冷たいようですが自分が思う「丁寧な仕事」をやってもらえる業者を探すしかありません。というのも「丁寧な仕事」の基準は誰しも違うからです。私の仕事を「丁寧」と褒めてくれるありがたい人もいれば、「雑!それでもプロか!」と罵る人もいる訳で、結局のところ、手工業の宿命で「相性」です。

目次に戻る

大きいところではなく小さいところの方がいい?

 断定できません。大きい所は仕事の眼が行き届かず、小さい所は細かい所まで気がつく、と一般には思われていますが、実際には違うケースも多々あります。

 大きい所が素晴らしく、小さい所が劣っているという代表的なケースは「設備」。大きい所は小さい所と違って、資金的に余力があり、設備に力を入れることが多く、反面小さい所は規模の問題で数百万の機械を設備する資金が不足がち。それでも気合を入れて設備する人もいますが、それは少数です。

 例えば設備の面で差がつくのはドライ機。小さいところが周辺設備をせずにドライ機を使っている傾向があるのに対し、大きい所はフィルターを増設し、清浄力をアップさせたりと品質という点で上に立つケースもある。もちろん小さいところでも増設フィルターに蒸留器までつけて取り組む熱心な業者もいるので、規模で優劣を図るのは難しい。

目次に戻る

まとめ

 営業抜き、建前抜き、技術論抜き、損得抜きで考えるとこんなところではないかと思う。過半のクリーニング業者の肌感覚もだいたいこんな感じだろう。

 もっとも利用者側から考えれば、益々「判りにくい」のかもしれない。よく消費者側に立つとされる、何某「アドバイザー」なんかとは全く違う事を言っているんだから余計判りにくい。一つ言っておけば彼等「アドバイザー」も商売だから興味関心を持ってもらわないと仕事がないのが実情。真実にウソを混ぜるのも仕方がない。

 一方で、これほどクリーニング内容がバラバラになるのは、品質を売りにするのも価格を売りにするのも、クリーニングに関しては「同じ」だからだと考えられる。相対基準が多く、絶対基準が少ない事が原因で、ゆえに利用客には見えづらく判りにくいという結果をもたらしている。

 ただやっている側(事業者側)は至って真剣で「こう訴えれば品質が分かってもらえるのではないか」「結局は値段しか見てないから安くするしか無い」「売上が減った分はセールで少しでも穴埋め」というのを思ってやっているので、利用者と事業者の思惑のズレがどうしても激しくなってしまうのである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, クリーニング業界談, 最新情報, 業者が教える洗濯事情
-,

関連記事

スイトル洗いで洗浄した毛布が大好きなネコ

 先日、毛100%の毛布を実験的に洗浄したが、今回はその後日談である。 switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 1 switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 2    この …

簡単にわかるタッパーウェア(Tupperware)の話

 私の実家では長らくタッパーウェア(Tupperware、以下タッパー)を使っている。聞けば父の実家からの紹介だったといい、タッパーウェアが日本に入ってきて以来、使い続けているという計算になる。  「 …

クエン酸をベースとして一発洗いを行う方法

 「クエン酸」 レモンなどに多く含まれるこの物質は最近、あちこちで名前をみる機会が増えている。食べ物はもちろんのこと、掃除資材などとして広く使われている。 クエン酸。クリーニングでも使われている。 C …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...