blog クリーニング技術 ライフスタイル 最新情報

ウォッシュレスクリーニングという発想

投稿日:2017-06-17 更新日:

 近年、P&Gの出すファブリーズや花王のリセッシュなど、「クリーニング級」を謳う消臭剤の需要が伸びている。またP&Gは昨年にはアメリカで「衣服再生消臭機「SWASH」」の販売を始めており、「洗わないクリーニング」という考えが半ば公然と表に出てきたと言える。今回はこの「ウォッシュレスクリーニング」について考えていきたい。

家庭洗濯の中で処理するために

 家庭には洗濯機では洗いにくい、または洗えない品物が多い。最近は洗濯機の大型化や家庭洗濯を前提とした衣服やカーテンや寝具類などが増えたため、以前に比べると格段に洗えるようになったが、それでもあらえないものが多いのが現状だ。

 そうしたものはクリーニングを始めとするサービス業者が洗いを担ってきたが、近年になって様々な業界や企業がそれを未開拓の市場と捉え参入してきた。

 具体的はドライマークが洗える洗剤として伸縮防止剤入り中性洗剤を販売している洗剤メーカー、洗濯機などに除菌消臭機能をつけて販売する電機メーカー、そして今回の「消臭剤」などを販売する各メーカーである。

 これらは共に従来、家では洗えないものを「処理する」という発想でアプローチしてきたものである。

目次に戻る

「洗い」が求められない時代

 こうした形で続々と参入してくるメーカー側に対し、受けて立つ側のサービス業者側は「洗う」という考えであった。しかしメーカー側の唱える「処理する」が市場を伸ばす形となっており、業者側の思いとは裏腹に「処理する」が広く社会に受け入れつつあるのが現状と言えよう。

 クリーニング業界内でも危機感を募らせた一部業者などがクリーニングの技術的な告知を行ったりする啓蒙活動といった取り組みがなされているようであるが、発信力の弱さからか、それが広く社会の中で浸透しているとは言えない。

 同時に、そもそもその「洗い」自体が利用者側から本当に求められているかどうかさえ疑問符がつく部分がある。消臭剤の「クリーニング級」で十分と思う人がいれば、その人は消臭剤が「クリーニング」であると解釈するのだから。

目次に戻る

ウォッシュレスクリーニング

 いっそのこと「洗わない洗浄」の方に路線を傾けていいのではないか、と最近思うのである。歴史を紐解けばヨーロッパの香水文化など風呂に入らない習慣によって体臭予防の為に発達したわけで、そもそも「体を洗う」習慣がなかったからこそ必要に求められて香水が作られたのである。

 であるならば、例えばスーツなど洗わなくても良いという発想であってもおかしくない。「洗い」という観点からみればおかしいだけであって、消臭剤を吹き付けるものが「クリーニング」だという通念が広まれば、例え「洗い」側の主張が正しかったとしても、その考えは通らなくなるのが社会の道理というもの。

 ならば「洗わない」発想で、そうしたメーカー側の「処理」を越えるものを提供していくと考えていく方が合理的ではないかと思う。むしろその方が実践経験のない相手側に対して戦える可能性が高い。つまりクリーニング業界側も発想の転換が求められる。

おわりに

 こうした話は「利用する側」である消費者にとっては判りにくい話であるかもしれない。しかし経営者の高齢化と後継者不足から9割廃業が視野に入るクリーニング業界の現状の中、将来的に「洗い屋」=「一定の設備を持つクリーニング屋」自体が希少種となる訳で、それは「洗わない時代」の到来を意味することになる。

 そうしたことから現在当サイトで研究している「スイトル洗い」同様、この「ウォッシュレスクリーニング」も、現在の流れを見れば求められる時代になって行くのではないかと思う。

 幸い当方では偶然にも独自の消臭剤などを使った処理方法を実践してきており、その経験が世の中の役に立つのかもしれないと感じるようになってきた。

 今後、スイトル洗いと共にこの「ウォッシュレスクリーニング」について、これまでの研究成果についての記事を書きたいと思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, クリーニング技術, ライフスタイル, 最新情報

関連記事

週刊ポストの「死ぬまで働け」という記事の意味

も 週刊ポストでは、これより前に年金記事を書いており、当サイトでも「間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事」を書いて、記事詳細の問題点を指摘したが、今回の記事「安倍政権の提唱する“生涯現役社会”の意味 …

両親の間でいきなり「クーラー論争」が勃発した

 「ムートンカーペットのスイトル洗い」の検証の為、実家に滞在していたら、いきなり両親が口論が始まりビックリした。発端は父親がクーラーを消したことで、暑いのに何故消す、と母親が食って掛かったのだ。  こ …

家を買おうと思っていたが、できなかった人の話

 世の中というもの、なかなか自分の思い通りにいかないもので、家を購入したいと思っていたのにも関わらず、購入できずに60代を迎えてしまったという人がいる。今回はそういう方の話である。  この世代が社会に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    知られざる「タイムズクラブカード」の使い方  タイムズ(Times)と言えば駐車場サービスの大手であり、街のあちこちに時間貸し駐車場が展開している。最近では路上の駐車場に留まらず、店舗の駐車場スペースなどの管理も請け負って「タイムズ駐車場」とす ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    本当にいいのか?日立ビックドラムの「ナイアガラすすぎ」の是非  クリーニング業界で「ナイアガラ」と言えば、東京洗染機械製作所の「ナイアガラドライ」を真っ先に思い出す人も多いだろう。大流量の溶剤を一気に流して洗うのを「ナイアガラの滝」に例えたネーミングだが、今回は ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    正直、アイロンにスムーザーは「要らない」と思う  「スムーザー」とは、花王が販売するアイロン用シワとり剤の名称であり、正式には「キーピング スムーザー」と言って、その名の通り糊剤に位置付けられる製品である。  で、いきなり「要らない」なんてタイトル ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    軟水とは何か?洗いのための軟水  エントリー「「すすぎ」問題を解決する方法」で洗濯に向いた水(軟水)を用いいることで洗剤量を減らすことができる点を書いたが、クリーニング業者がその軟水を用いることは、実は容易なことなのである。  それ ...