シンプルライフ 最新情報

それは本当にナチュラルなのですか?

投稿日:2017-06-17 更新日:

 最近「ナチュラル素材」で云々という話があちこちで聞かれるようになった。ナチュラルとは天然、だから良い、という考えからのようだ。曰く、石油由来の合成物と違って天然物は自然のものだから安心だという。

 だが、ちょっとまって欲しい。その視点は明らかにおかしい。

高純度の天然モノ?

 例えば天然モノの代表格みたいな話で「重曹(炭酸水素ナトリウム)」がある。だが限りなく100%という純度の高い重曹が自然界で存在する訳もなく、露天で掘られたものを「天然重曹」とありがたがるのはどうかと思う。

 何でもそうだがモノには限度というものがあって、量を多く使えば毒になるものであっても、少なければ薬になるのである。だから「天然モノだから安心」「人工モノだから危険」という発想はあまりにも短絡的だろう。

 もし天然モノが安全というのなら、火山でよく発生する硫化水素は「天然モノだから安心」だとでもいうのだろうか? そうした発想はあまりにも浅はかではないのか。

目次に戻る

モノの基本「濃度」である

 よく廃棄物処理で「何が何ppm以上だから流せない」「何ppm以下だから処分できる」という話がある。つまりゼロではないのだ。ゼロには出来ない、だからゼロに近づけて処分という考えなのである。

 これは洗濯における「すすぎ」においても同じでソープ濃度を落とすための工程であって、粉石鹸だろうと洗剤だろうとソープ濃度がすすぎで落ちなければならない。これは湿式洗濯の不変の真理だ。

 そして今現在、すすぎの速さは石鹸よりも洗剤の方が上回っているのが現状で、いくら一部業者が「天然」石鹸とうたおうとも、すすぎの速さにおいて洗剤に劣るという点においては変わらないのである。

 仮に「天然」石鹸だから自然の負荷が少ない、という主張が「真」であったとしても、水量が洗剤よりも多いという点においては自然に「負荷」をかけていることになる。というのも、その水は人間が浄水設備を使って作った「人工水」であり、作れば作るほど資源を使って負荷をかけていることになるからだ。

 一つの事象だけを見ず、多様な視点、広い視野をもって物事を考えた上で是非を考えるのが、本来の人間のあるべき姿ではないかと思う。

目次に戻る

だから「濃度」を落とす

 もちろん、だからといって石鹸の有用性を否定するものではない。分解するといった視点では洗剤を上回るからである。ではどうすればよいのか、という点で私が出した解は「使用量を減らす」。すなわち濃度を落とすことである。

 つまり使用量を減らしながら、同等の効果を得られる研究を行い、広く行われるようにすることこそが自然なこと、つまり「ナチュラル」ではないかと思うのである。

 「減量」という発想に立てば、何々使えばよい、これを使えば安心などという言葉は文字通り「戯言」に過ぎない。量を減らすという視点に立たない限り、Aという「毒」からBという「毒」に移ったに過ぎないのだから。

 しかし量を減らせば、「毒」を「薬」と出来るという知恵は古来からあるもので、これを活かすことこそが素材を見直す以前に大切なことなのではないだろうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-シンプルライフ, 最新情報
-,

関連記事

整理したことにする術 片付けを挫折しない為に

 一念発起して片付けを始めたものの、プランが崩れ始めるとモチベーションが下がりだし、頓挫してしまうというケースは「よくある話」。  しかし何らかの形で続けていないといつまで経っても片付かないのも事実。 …

今後の日本におけるドライクリーニングの展望 1

 エントリー「当方のドライと水洗の比率の推移」で述べたように、少なくとも日本国内では急速に「ドライクリーニング需要」が喪失していることは、クリーニング業者誰しも異論がないだろう。  高齢化に伴う着用動 …

ドライクリーニング史を無理矢理でも書いている意味

 私の妻が「ドライクリーニングの歴史」は重すぎると言い出した。  確かに「歴史」自体が重いのに、クリーニング、それもドライクリーニングという一般の人にはどうにも理解できない、業界人さえ興味を持たないよ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...