blog クリーニング技術 ライフスタイル 新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報 業者が教える洗濯事情

ここがダメダメ、役に立たない洗剤評価ランキング

投稿日:2017-06-04 更新日:

 ネットという所は昔からそうだが、何でもとにかくランキングをつけたがる。それ以外にも「なんちゃら十選」とか「ほにゃらら五つ」なんてものもよく書かれる。そして洗剤もそのような形で評価されているが、自前で洗剤をカスタムしている洗濯屋から見れば正直「それはないだろ」のオンパレードなので、この場を借りてその評価法を含め誤りを正しておきたい。

そんな汚れの、付け方はしない

 まず洗剤評価で、布(汚染布)に色々な汚れを付けているが、そんな付け方やつき方、普通はしない。しない付け方の汚れの取れ具合を見て評価している訳である。そんな実地を無視した評価、実際の洗濯の場で役に立つはずがないだろう。

 第一、汚れがついた時点でそのまま洗う人間がいるのか考えて欲しい。多くの場合濡れタオルやティッシュで拭いたりするはずだ。中には擦って取ろうとしたり、すすいで落とそうとしたりするケースもあるだろう。

 大体、最初から服に汚れをベッタリとつける訳がないのに、そんな実地を無視し、同一環境、同一量、同一温度で評価したみたいなものは全て評価を公平に見せるアリバイ工作でしかない。

目次に戻る

取れる洗剤がよい洗剤とは限らない

 洗剤にとって汚れを取るのは第一命題だ。だが洗剤に求められるものはそれだけではない。極端なことを言えば「汚れを取らない」洗剤も重要な要素なのである。どういうことなのか?

 例えば濃色のTシャツやジーンズなどは色が取れれば困る。実は「色」も考えようによっては繊維についた汚れという解釈になりうるのである。「移染」などはそうだ。この場合、色が出ない洗いを行なわなければならず、洗浄力の弱い洗剤の出番となるのだ。

 こういった用途をスコアつけしないような評価に何の意味があるのか問いただしたいところである。

 また一方で汚れを取る資材がよいとは限らない。例えばジア(次亜塩素酸ナトリウム)など、使えば確実に繊維を細めてしまう。もちろん除菌であるとか消臭パワーの大きさなどのメリットが有るのは事実だが、洗浄におけるデメリットに目をやらない分析に価値があるとは思えない。

目次に戻る

多面的要素

 そもそも洗濯屋から言わせれば、温度かけて軟水で洗えば洗剤能力自体はほぼ「平準化」される。つまり激安洗剤だろうと高級洗剤だろうと能力差が縮まるということである。

 それでも差が付く部分がある。まず液相、アルカリ性と中性では洗浄力こそアルカリ性が高いが、洗いの守備範囲は中性に劣る。これは洗剤の特性なので変えられない。

 あと酵素。洗剤で一番高いのがこの酵素で、安い洗剤と高い洗剤の境目を作っていると言ってもいい。が、高級洗剤であっても酵素の配合量は当方の十分の一程度にしか過ぎず、その視点から言えば「大勢に影響なし」とも言える。

 汚れ落としの決め手は洗剤本体(ソープ)ではなく漂白剤、酵素、油脂落としであり、トドメを刺すのが蛍光増白剤ということで、究極的に汚れを落とす洗剤を家庭で作ろうと思えば、激安洗剤でソープと蛍光剤を確保しつつ、漂白剤(具体的には粉末ワイドハイター)で漂白剤と酵素を加え、液体アルコール洗剤で酵素と油脂落としを補充する構図になる。

 このことから考えても安い洗剤が決して悪いとはいえないのだ。問題なのは運用法、つまり使い方なのである。

目次に戻る

どうしても取れない臭いが・・・

 最後に洗剤評価の難しさについて、実際に当方であった出来事を紹介したい。ある機械メーカー(上場企業)の防寒着が出た。この防寒着、機械油が混ざったようななんとも言えない臭気を放っており、この臭いを取るのに苦心した。

 「取れません」と返しても良かったのだろうが、そういう訳にもいかないと色々やってみたが臭いが取れない。油の臭いなので、油性を落とせば取れるはずと、アルカリ、アルコール系、リモネンと試すが臭いは変わらず、ドライクリーニングで洗うもそれでも落ちず、切り札として高い消臭能力がある抗菌剤を入れるも刃が立たなかった。

 諦めかけたそのとき、あるものが閃き「それ」を入れると臭いが取れたのである。その資材単独ではメーカーへ出荷さえされていないものなので名前は控えさせてもらうが、要は機械油に混ざって練り込まれていた人間の皮脂汚れが放っていた臭いだったのである。こんなのは洗いの現場に立ち続けないと絶対に分からない。

 そういう経験のないものが分析してランキング付けしたところで、全く意味のない評価だということがわかるだろう。

目次に戻る

おわりに

 では何を考えて洗剤を買えばいいのか?といえば、自分が何を求めているかにかかっている。一度にトラブルなく洗いたいのであれば、洗浄力の弱い洗剤を、トラブルになるリスクを負っても汚れを落としたいのであればキツイ洗剤を選べば良いのである。

 どっちもいやだ!というのであれば、そのときこそ「仕分け術」を身につけ、濃色と淡色と白物に分け、それぞれ洗剤と温度を変えて洗えば、全ての願いを叶えることができる。何か思いを成就させるためにはやはり手間かお金をかけなきゃいけないのが人間の社会なのだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-blog, クリーニング技術, ライフスタイル, 新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報, 業者が教える洗濯事情
-, , , , , , , , ,

関連記事

キレート剤と蛍光増白剤。洗剤に入っているもの

 売られている粉末洗剤の多くには「キレート剤」と「蛍光増白剤」が入っている。クリーニング用のワンショット洗剤にも当然ながら入っており、洗剤を構成する助剤としての役割を背負っている。今回はこの知られざる …

動画で見るクリーニング屋の考えたネコ洗い

 我が家にはネコが二匹いる。今回は「クリーニング屋の考えたネコ洗い」と題して、当方が使用している洗濯資材を使ってネコ洗いの模様をご覧いただこうと思います。 クリーニング屋的なネコ洗いとは  私は過去ネ …

これからのユニクロはベビー服と靴で勝負らしい

 NHKオンラインのビジネス特集で「ユニクロ」を展開しているファーストリテイリングの柳井正社長への取材を行なった記事がアップされていた。  「岐路に立つユニクロ 次の一手は?」  この記事では飽和気味 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...