新しい家庭の洗濯についての研究 最新情報

【重要】洗濯三要素と洗剤五成分について

投稿日:2017-06-18 更新日:

 これまで何度か言及してきた洗濯の基本的の話だが、今回は改めて原点に立ち返り「洗濯三要素」と「洗剤五成分」について完結に書いていきたい。

洗濯三要素

 乾式洗濯(ドライクリーニング、溶剤洗濯)と湿式洗濯(いわゆる家庭洗濯を含めた水洗)の共通項として、洗濯三要素というものがある。

「機械、温度、資材」

 この三つが兼ね備わって洗濯が成立している。つまり機械(回転力)力が強ければ強いほど、温度(液温)が高ければ高ければ高いほど、資材(材料、ドライであればソープ、水洗であれば洗剤)が充実していれば充実しているほど、汚れが取れる。

 実は一般の方にとっては意外なことかもしれないが、ドライクリーニングも温度が上がれば洗浄力が上がる。しかし被洗物が毛羽立ったりするため、現在では殆どのドライクリーナー(ドライ機、ドライ洗濯機)では何らかの溶剤冷却装置がついている。

 話は洗濯に戻るが強い洗いは確かに汚れ落ちはいいものの、一方で生地を傷め、風合いを損ねるリスクと背中合わせであり、それを素材や服の形状に合わせて洗いをコントロールすることで、汚れ落としと被洗物のリスク回避を両立させている。

 具体的な例を出せば、家庭向け洗剤メーカーは基本的に「温度をかけること」を推奨していないが、それは温度を外すことで洗いで起こりうるリスクを低減させているといえよう。

参考リンク家庭用洗剤と業務用洗剤、どちらがいいの?

目次に戻る

洗剤5成分

 一般に売られている家庭用粉末洗剤は基本的に5つの成分を柱として作られている。界面活性剤、アルカリ剤、漂白剤、酵素、そして蛍光増白剤である。そして狭義の意味での洗剤とは界面活性剤を指す。

 界面活性剤は主に被洗物の表面張力をなくし、繊維についた汚れにまとわりついて外す役割を担っている。アルカリ剤は被洗物についている油脂とくっついて被洗物から油を取り除く役割を果たしている。

 対して漂白剤(酸素系漂白剤)は繊維を白化させて黄ばみを消す役割を負い、酵素は表面張力の外れた繊維内に入り込んで、俗に言う「汚れを食う」動きして汚れを取る。

 最後に残った蛍光増白剤は一種の塗料で服の表面に付着し、光を反射させて被洗物が白く見えるようにする材料で、汚れ落としには関係ない。しかし家庭洗濯ができる衣料で販売されているものの殆どが蛍光増白剤を使っており、潜在的にその白さがなければきれいになったように見えなくなってしまっている。

 この構成を基本として、分量を変えたりして多くの種類の洗剤が販売されているといった解釈で基本十分だろう。ただ中性洗剤ならばアルカリ剤が使えないので、油落とし用にアルコール系、あるいは柑橘系のリモネン洗剤で代用する。

 また洗剤にかかる費用は酵素、リモネンが高く配合をうたっていても基本少量である点を心しておく必要がある。また粉末漂白剤もそこそこする。一部の例外を除いて一番安いのがアルカリ剤、次いで界面活性剤だと考えても支障はないだろう。

参考リンクプロ洗いの究極の洗濯術「複数使い」

目次に戻る

おわりに

 この二つを念頭に置けば、家庭洗濯に対する考え方も変わってくるかもしれない。従来ならば一括りだった「洗剤」がそうではなく、汚れを落とすならば漂白剤や酵素を多く、デリケートに洗うならばアルカリ剤や漂白剤を外すなどの洗いをすれば、洗浄力を高めつつ被洗物を守る洗いが可能となるからである。

 またハードに洗えるものは温度を、デリケートなものは機械力を弱めるなど、洗濯にも複合的な配慮を行えば必然的に不満もトラブルも起こらなくなっていくだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-新しい家庭の洗濯についての研究, 最新情報
-, , , , , , , , , ,

関連記事

片付ける筈がいつの間にか物が増えるラベリスト

  世の中は矛盾に満ちている。社会を構成している人間そのものが矛盾を体現しているからだろう。片付けを行おうとしている人の中にも、モノを減らすはずが何故かモノを増やしてしまうという人々がいる。俗に言うラ …

二本のブランドパンツで見るドライと水の境界線

 エントリー「ドライが水に、水がドライに。私が目指した洗い」とは一体どういうことなのか?その実例を二本のパンツを例に説明したいと思う。 ルイヴィトンとディースクエアードのパンツ。素材は両方共綿100% …

一軒家のローンを完済されたとの話を聞いて

 長年、お世話になった方の息子さんが家のローンを完済したという。一軒家を購入して十数年でということで、共働きの中、夫婦で協力して達成されたのである。その話を聞いた私は、すぐさま言った。  「次は建て替 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    家を買ったが苦しいので売りに出している人の話  高校時代の友人と話していた時のこと。借金話となり、私の会社の創業以来の借金の金額と返済過程の話をした。無一文で始めたこと、無一文ゆえに運営費用も設備投資も借財からスタートしたこと、一番多いときには月 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家を買ったが苦しいので・・・の続きの話  「家を買ったが苦しいので売りに出している人の話」で、思い切って家の購入に踏み切ったものの身動きできず困っている友人の話を大まかな流れで書いた。  この中で契機となった「リーマン・ショック」を受けての ...

    3度家を買い換えて一軒家を持った家族の先に  「生涯家を三度持つ」とは、家を三度建てないと理想の家にはならないという意味の言葉である。実際問題、建て方や間取りなどといった普段のくらしに常に影響する部分や、屋内屋外の様々な部分のメンテ性を知り抜く ...