クリーニング技術 最新情報

「効く」以上に大切な事。衣料用消臭剤の選び方

投稿日:2017-07-09 更新日:

 P&Gの「ファブリーズ」や花王の「リセッシュ」が牽引力となって、消臭剤の用途、市場は急速に拡大している。それとともにインターネットを中心として数多くの種類の「消臭剤」が販売され、どれを選べばよいのか迷われている人も多いのではないかと思う。

 実は当方も、広い意味で「販売業者」であり、クリーニング業務用途で調合した消臭剤を取引先に卸している身である。その手前「これが効く消臭剤5選」などといった特定の商品について論評をする身分ではなく、とやかく言える立場ではない。

 だが「衣料・繊維用途」の消臭剤について、本当の意味で何が大事なのか、何が大切なのかについては実際に現場で多くの衣料を扱ってきたので書くことができる。そこで今回はその経験を踏まえてしっかりと書いていきたい。

「中性」は外せない

 「衣料用」「洋服用」である以上、その成分より、まずは液性(PH)が第一である。これは絶対に中性でなければならない。アルカリ性や酸性は衣料用途では避けなければならない。

 ここまで厳しく書いているのにはそれだけの理由がある。直接、消臭剤絡みの話でないものもあるが、「液性」という点において大切な話なので書ける範囲で実例を書くこととする。

目次に戻る

一晩で生地が溶ける

 これは昔の話。黄変取りに極薄の過酸化水素水のスプレーがあった。それが弱くなっていたのだろう、容器の下の方から微量の液がにじみ出て、滴り落ちた。それが伝って毛ポリエステル混紡のスーツに染み込んだ。

 結果、スーツの生地が溶け、弁償となったのである。この極薄の過酸化水素水は「酸性」である。ごく少量であっても滴り続けると、服を溶かすのだ。業者として恥ずかしい経験談だが、液性の大切さを理解してもらえるには十分な話だと思う。

目次に戻る

ドライ溶液の液性がアルカリ性に

 今から10年くらい前の話だろうか、クリーニング業界に「帆立貝焼成カルシウム」が持ち込まれた事があった。この帆立貝焼成カルシウムを使ってドライクリーニングの溶液を清浄化する用途だった。

 ドライ溶液は繰り返し使うことによって、汗の成分の一つである「脂肪酸」が蓄積しやすい問題があり、これを帆立貝焼成カルシウムを使って吸着させようというものだった。

 ところがこの帆立貝焼成カルシウム、強いアルカリ性でドライ溶液の液性がアルカリになってしまったために、脂肪酸が除去されているのかを調べる簡易測定液が全く使えなくなってしまい、脂肪酸が取れているのか取れていないのか判らなくなるという結果となってしまった。

 これでは使えないとのことで、結局あまり広がらなかった。良いか悪いか以前に「液性」を動かすという点が問題になったのである。

目次に戻る

濃度が上がって色が飛ぶ

 次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩、ジアともいう)は「ハイター」(花王)や「ブリーチ」(ライオン)の名で一般家庭向けでも広く販売されている。強い殺菌力を持つことで知られる次亜塩だが、液性は通常アルカリ性である。

 この次亜塩。液性を酸性に振るとより強力な殺菌力を持つことができるようになり結果、アルカリ性の次亜塩に比べ極薄(50~100分の1)の濃度の溶液で同等の殺菌力と消臭力が保持できる。この特性を利用して、衣料用途の消臭剤として販売された。

 ところが、程なく「色が抜けた」とのトラブルが発生する。これはニオイのキツイ衣料にスプレーするものの、ニオイが飛びきらないため何度もスプレーした結果、溶液の濃度が上がってしまいニオイの前に服の色が飛んでしまったのである。

 安価で低濃度のため安全でよく効く「はず」だったものが、ちょっとした環境の変化と使い方次第で大きなリスクを抱え込むことになる例である。

目次に戻る

誰が何をどう言おうと「中性」の鉄則は変わらない

 これまで書いた実例を見れば分かるように、衣料にとって液性は衣料にとって非常に重要なものである。しかし洗いについてご存知の方は、洗いの際にはアルカリ性になっているのに、と思われる人もいるだろう。しかしそれは濯ぐなりして「中和」を行なうことによって、中性化させている。

 よって、洗濯工程「のみ」がアルカリ性で、濯ぎ工程では中性なために問題が起こりにくいのである。対して消臭剤の場合、スプレー噴霧などで付着させたりすることで工程が終わってしまうので、液性が酸性やアルカリ性であれば、強弱を別として必ず「中和作用」が発生する。

 この中和作用を使って「臭い物質」や臭いを発する「雑菌」を消している部分があるので、その消臭剤の「効き」に直結している。しかし、中和作用はそうした「物質」だけに作用するという都合の良い話などあるわけもなく、衣料やソファーやカーテン、カーペットといった繊維にも必ず同じ作用が起こる。

 また消臭剤は基本的に成分が残留しなければ効き続けられないわけで、液性が偏っている消臭剤の場合、吹き付けた時点で中和などしてしまえば、正直噴霧した意味がなくなってしまうのでそれはできない。つまり液性が偏っている限り、衣料繊維の変色や破れのリスクを抱え続けることになるのだ。

目次に戻る

おわりに

 この液性の部分は「営業的文句」でいかに取り繕うとも覆い隠せないことは判っていただけたと思う。ここで注意してもらいたいのは、液性が偏っていると衣料や繊維に悪影響を及ぼす点であって、その消臭剤の性能や効力の話とは別ということである。

 実は消臭剤として「酸性」や「アルカリ性」は「中和作用」が使えるので、「中性」に比べ強いアドバンテージを持っている。しかし、衣料用途ではそのアドバンテージ自体が仇となりうるわけで、この部分が非常に重要な意味を持ってくる。

 消臭剤の求められる用途は数多くあり、衣料用途というのはあくまで一ジャンルでしか無い。そして、その用途において「酸性」や「アルカリ性」の消臭剤が衣料用途として不適であるということを認識すれば、選ぶものは自ずと「中性」一択という形になるはずだ。

 まずは衣料に安全かどうか。そこから効きであったり、身体的に安全であったり、香りであったり、価格であったりという話になってくる。少なくとも「衣料用消臭剤」とはそういうものだという認識を持っていただければ幸いである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

-クリーニング技術, 最新情報
-, , , ,

関連記事

日本消費者連盟が「香害110番」を設置へ 1

 日本消費者連盟は期間限定で「香害110番」なるものを設置するというニュースが流れている。 参考リンク においでの体調不良を相談、「香害110番」を設置(日本経済新聞) においの悩みに…「 …

ハイブリッド洗浄とスイトル洗いの違いと比較

 これまで実機を使っていくつかの検証を行ってきた「スイトル洗い」。そのスイトルの異母兄弟ともいえる業務クリーニング用の「ハイブリッドウェットクリーナー」とは、同じ洗浄理論であるはずにも関わらず、実際の …

クリーニングをこう出せばいいの?と聞かれた話

 クリーニング業者にそれ聞きますか?という話なのですが、よく聞かれるんですよ、実は。いくつかの代表的な質問について、私のなりの正直な意見を書かせていただきます。 Contents1 冬物を片付けたいだ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    軟水器アクアソフトAQ-S401 レビュー  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」や「アクアソフトAQ-S401、ネットの片隅で起こった異変!」で度々取り上げてきたヤマダ電機子会社の住宅機器メーカー「ハウステック」が出 ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー2  エントリー「 switle「スイトル」の実機レビュー1」では書ききれなかったスイトルの内部構造について、早速実機の写真を交えて見ていきたい。 Contents1 アクアサイクロン方式2 清水噴出部3 ...

    間違いだらけ!週刊ポストの「年金」記事  私が「年金受給が40代は70、30代は75を視野に?」を書きつつ、危惧していたことが現実となった。 怒りの徹底追及 年金は75歳までもらえなくなる 「働き方改革」に便乗した年金大改悪が年内にも閣議決 ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...

    家庭用軟水器三選! 3つの軟水器を徹底比較!  エントリー「家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要」でも書いたように、家電大手ヤマダ電機系列のテックハウスが昨年12月に家庭用軟水器を発売したことによって、ニッチな市場である家庭用軟水器周 ...

    東芝新型洗濯機「ウルトラファインバブル洗浄」とは何か  東芝ライフスタイルが新技術「ウルトラファインバブル」発生装置を組み込み洗浄力を向上させた新型縦型洗濯機「ZABOON(ザブーン)」を近日投入する。「ウルトラファインバブル」とは、ナノレベルの極小の「 ...

    アクアソフト AQ-S401 軟水器アクアソフトAQ-S401 イオン交換樹脂の再生  ヤマダ電機系列ハウステック社が販売する家庭向けシャワー用軟水器「アクアソフト AQ-S401」設置から四日目。早くもイオン交換樹脂の再生作業が必要となった。ということで、早速作業に取り掛かることとし ...