blog webサービス シンプルライフ 最新情報

「なんでもできる」は「何にもできない」

投稿日:2017-06-18 更新日:

 この数日、当ブログの改変のため、ネットで調べながらブログwebアプリであるwordpressに手を入れて整備を行っている。そもそもそういったwebアプリをあまりいじったわけではないのにも関わらず、素早く高速だということで「STINGER8」というテーマとした事情から、ツール上で設定できる内容が少なく、直接ソースを書き込むという形となった。

 ただ、昔に比べたら平易で環境自体は整備されているので、そういった点は進歩していると言え情報の蓄積もあるため、根気よく取り組めばある程度まではなんとかなった。ところが肝心要の調べるという点で問題が起こっていた。

見たい情報がなかなか見えない

 ネットでwordpressやSTINGER8の改変やエラー、トラブルについて調べるが、なかなか思ったような情報にたどり着けない。調べ方が悪い、たしかにそういう部分もあるだろうが、それだけでなくネタが複数人でグルグルと回っているような感じで、似たような内容が多いのだ。

 もちろん書いている側の人たちに全く悪気はないのだが、流石に20件、30件ともなってくると、これはどうなのかと思ってしまう。そして、それ以上に頭を痛めたのが、「サーバーの反応が遅い」といういこと。

 見たいページがなかなか表示されないのだ。これはサーバーの問題以上にwordpressというwebアプリに大量のプラグインやらデザイナリッシュなページにするため、多くのリソースを使っているため、動作が鈍くなってしまっているのである。

 見てもらうために加工しているはずのページが、加工の為に表示が遅いなどという笑うに笑えない話が現実に起こっているのである。しかも高速化ツールとか、ソース改造やらを載せているサイトが、である。

 wordpressは自由度が高く、世界的なアプリで多くのユーザーがいるため、多くのプラグインやテーマがある。にも関わらず、閲覧する際には表示速度が遅く、見る者にとって不自由であるというこの矛盾。

 まさしく「なんでもできる」は「何にもできない」という好例だろう。

目次に戻る

厳しい芸の世界

 宝塚歌劇団という女性だけで構成される歌劇団がある。この宝塚にはスターシステムという独特の育成プログラムがあり、これはと見込んだ者を公演期間中に新人公演という若手だけの公演でトップスターと同じ役に抜擢したりして、未来のトップスターを育成する。

 今から四半世紀ほど前の話、当時の雪組では後にトップスターとなる香寿たつきが新人公演の主役に抜擢された。香寿は音楽家の家に生まれ、幼少の頃からバレエに打ち込むなど、芸に対する素養があった。入団後には早くから頭角を現し、歌、ダンス、芝居をソツなくこなす期待の若手として注目されていた。

 この時のトップスターは杜けやき。芝居達者と知られた杜の役を香寿は演ずることとなったのだが、その香寿に対して杜はこう評した。

 「何でもできるということは、怖いこと」

 すなわちソツのなさが仇となる、と言ったのだ。おそらく若き日の香寿は期待に応えるため必死に練習していたはずである。トップである杜は当然そういうことを知っていただろう。だが、それでも敢えて言ったのである。

 これは妻によると「なんでもできるは、何にもできない」と言っており、言われた側は意味が分かっても、どうしたらいいのかわからない状態だっただろう。とのことだった。

 努力して歌も踊りも芝居も水準以上に高めても、それではダメだというのならどうすればいいのか。ソツなくできる者に設定された高いハードルは容易に越えられるものではなかった。

目次に戻る

おわりに

 走攻守が揃った万能選手は確かに素晴らしい。だが一方で「帯に短し襷に長し」という言葉があるように、中途半端で器用貧乏となりかねない。

 人にも物にもシステムにも短所と長所があるわけで、それをどう見極め、どう活かしていくかがその人の技倆ではないかと思う。そういうことを心に深く留めておく必要があるだろう。

話題の洗濯・掃除blogランキングはこちら

話題のシンプルライフblogランキングはこちら

目次に戻る

-blog, webサービス, シンプルライフ, 最新情報
-, , , ,

関連記事

家庭でできる「よい洗い」を考え抜く 4

 これまで「洗剤」「温度」「機械力」という洗濯の三要素から、業務用洗濯の考えで家庭での「洗濯」「すすぎ」について考えてきたが、今回は脱水うぃ中心に考えていきたい。 Contents1 何のために脱水す …

漬け込み洗いを過去のものにするハイブリッド洗浄

 毛や絹などを水で洗うため、古くから行われている「漬け込み洗い」。水溶性の汚れは取れるものの、風合いや型崩れを起こしやすく、素材形状によっては元に戻せないものがあるなど、問題点も非常に多い。  これを …

一泊二日でベッタリついたマジックインクを取る

 いきなりだが、こんな作業服が出てきた。  マジックインキがベッタリついた作業服。何らかの事情で太字のマジックペンが折れてドバッと出たのであろう。慌てて洗うも取れるわけもなく、とりあえず洗濯屋に出して …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Vivente
現役クリーニング事業者。妻と二匹のネコと暮らしながら、整理術やくらし術、生活家電や機器、、著名人のなどの研究を行っている。プロフィールはこちら

    家からウタマロクリーナーが消えた日  風呂場にあった「ウタマロクリーナー」のスプレー容器が消えていた。妻に「どこにやったの?」と聞いたら、「要らないから捨てた」という。まだ残っていたはずだったのにどうして捨ててしまったのか・・・・・ C ...

    switle「スイトル」の実機レビュー1  以前より注文していた湿式掃除アタッチメント、switle「スイトル」がようやく届いたので早速、開封することとした。 Contents1 重くない箱2 スイトル本体を付属品と繋げる3 給水タンクの構造 ...

    漬け込み洗いを過去のものにするハイブリッド洗浄  毛や絹などを水で洗うため、古くから行われている「漬け込み洗い」。水溶性の汚れは取れるものの、風合いや型崩れを起こしやすく、素材形状によっては元に戻せないものがあるなど、問題点も非常に多い。  これを ...

    捨てたくなる衝動!ポイポイ病の恐怖  先日より「家からウタマロクリーナーが消えた日」とか「捨てるということは、増やすということ」で妻の衝動である「ポイポイ病」の一部始終について書いた。だがこの病「ポイポイ病」は「捨てることが整理術」とい ...

    洗浄液プロトタイプ switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 1  シリウス社が出している湿式掃除機アタッチメント「switleスイトル」を入手し、これまで2回に分けてレビューを行ってきた。 switle「スイトル」の実機レビュー1 switle「スイトル」の実機レ ...

    家庭用湿式掃除機switle「スイトル」の実力  湿式掃除機とは聞き慣れない言葉だろうが、水で床面等を洗いながら吸う掃除機である。ノズルから水を噴射したりしながらその水をバキュームで吸うことによって、カーペットなどに付着なっtした液体系の汚れを取る ...

    家庭用軟水器 アクアソフト AQ-S401 概要  これまで洗濯と軟水の関係についてしばしば取り上げてきたが、あくまで業務用軟水器を使った話だった。では家庭用軟水器があるかといえば、実はなかなかというのが現状である。というのも日本は元々軟水の国で、浄 ...

    switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 2  「switle「スイトル」で純毛100%毛布を洗う 1」で準備した洗浄液を使って、早速純毛の毛布を試し洗いする。 Contents1 スイトルの準備2 実際の洗浄3 洗浄後の状態4 検証の結果 スイ ...

    ポイポイ病に至るまで~私の妻の場合~ これまで何度か取り上げた、無性になんでも捨てたくなるという「ポイポイ病」。今回は私の妻がどうしてこの「ポイポイ病」に至ったのか、その経緯について書いていきたい。 Contents1 雛人形を捨てさせろ ...

    嘘だらけのネット情報。真のアクリル毛布の洗い方  家庭で使われる毛布の中でアクリルの毛布の割合はかなりのものになると思う。クリーニングの需要は年々減りつつも出てくる毛布の殆どはアクリル毛布。家やコインランドリーでも相当程度洗われているのではないかと ...